FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

先日、「飲み会に出かける友人に『楽しんでね!』とは言わない」というような話題で、Twitterが盛り上がっていて、私も一連のツイートを、興味深く、楽しく拝見していました。

元になっているのは、こちら ↓ の「最近、衝撃的だったこと」という記事。
ブログ主は、長年アメリカに居住されている方で、楽しい興味深い記事をいくつも書いておられます。
https://ameblo.jp/holeyflower/entry-12455000589.html

かいつまんで言うと、「英語ではそんな風に表現するが、日本語ではそうは言わないよね」という内容です。

確かに、私も「楽しんでね」は使わないかな...と思います(この辺は、もしかしたら年代差もあるのかもしれません)。同じ状況でしたら、「いいな~」「いってらっしゃい」「気をつけてね」あたりで送り出すかなと。「楽しんでね」は、個人的には、何というか...強すぎる。

けれど、同時に「元の英語にそこまで強いニュアンスはないのかもしれない」とも思いました。「楽しんでね」に対応する英語は、「Have fun」や「Enjoy」あたりでしょうか。これらの言葉を、アメリカの方々は、軽い気持ちで(さまざまな状況で)使うんじゃないかというのが、私の印象です(私の滞米歴など知れていますので、長期滞在のブログ主さんとは、もしかしたらまた少し感じ方が異なるかもしれませんが)。つまり、送り出す側の気持ちという点では、日米話者にそれほどの違いはないのではないかと思うのです。元の英語を最初に「楽しんで」と英文和訳で覚えてしまうために、「日本語ではそんな風に言わないよね」と話題になってしまう、ということもあるのではないかと。
皆さんが仰っていた「いってらっしゃい」「気をつけて」あたりが、心情まで汲み取っての、「Have fun」や「Enjoy」の真の訳語と言えるのではないかとふと思ったのでした。もちろん、状況(文脈)によりけりですが。
翻訳は、本当に難しく面白いですね。


(蛇足)

「つまらないものですが」は、また話が違うような...と思って、ちょっと調べてみました。

検索すると、新渡戸稲造がの「武士道」の中にこの言葉に関する記述があるようで、もともとは「精一杯選んだが、立派なあなたの前にはつまらないものに見えてしまう」という意味らしい。「つまらないものですが」には、へりくだると同時に相手を立てるという超高度な分かりにくい奥ゆかしい技(笑)が込められているようなのですね(実際どのように記載されているのか、一次資料(「武士道」)は確認できていません。興味のある方は「つまらないものですが」「新渡戸稲造」あたりでG検索してみてください)。

「へりくだる」部分は日本人的かなと思いますが、「相手を持ち上げる(褒める)」部分は日米共通かなという気もしますので、部分的に「気持ちは同じ」と言えるのではないかと(...て、「思いつき考察」なので、深く突っ込まないでやってください)。

とはいえ、「つまらないものですが」の部分のみが形式的な表現として残ったようでして、特に現代では、「つまらないもの贈ってどうするよ」と、やはりこの言葉には違和感が拭えません。今は「喜んでいただけるといいのですが」や「気持ちばかりですが」などと言うことが多くなっているようです。
関連記事
2019.04.28 00:11 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

「英語の発想」(安西徹雄、ちくま学芸文庫、第一刷2000年)

一昨年後半当たりからこのテの書籍がマイブームでして(今は、最後の五十か条だけ読んで積んでいた「悪文」をちまちま読んでます)。
「今まで読んでなかったんかい」て話ですが、スイマセン、読んでませんでした。

英語がモノ指向であるのに対し日本語はことを取り出して述べる傾向があり、このため関係代名詞が発達しなかったとか、日本語は動作主への働きかけを中心に概念化するのに対し英語は動作主中心にものごとを捉える(したがって無生物主語が多用される)とか、ウチソトの意識とか、受動態の訳し方(どう考えどのように日本語にするのが「日本語らしい」か)とか、興味深い話題が満載でした。

個人的にとてもtimelyだったのが、時制(視線)の移動。
例として川端康成の「山の音」(本書ではSeidenstickerの英訳と合わせて分析されています)が挙げられているのですが、(日本語の)文章中の過去形と現在形の混在を、安西さんは、「そのとき話の視点はどこにあるか」という点から、語り手の時制(過去形)と物語の主人公の時制(現在形)に分類されていました。

私はその少し前に、過去形と現在形が混在する訳文を作る機会がありまして(原文はすべて過去形)、訳しながら「その方がしっくりくる」という理由で過去形と現在形を混在させたのですが、本書を読んだあとで見直してみましたら、確かに「ナカの人視点になっている」と思える箇所を現在形で訳していました(過去形と現在形の混在が、必ずこの法則で説明される訳ではないと思いますが)。

大げさに言えば、自分の中で「何となく(結果として)適切にやった」ことが「裏づけをもって適切にやっている」に変わった瞬間でした(いや、だから、大げさでスイマセン)。「何となく適切にやっている」と「裏づけをもって適切にやっている」は、結果(生成される訳文)は同じでも、実はかなり違うのではないかという気がします。「何となく」の場合は、基本法則に則っていないので、応用や切り分け(「この場合もそれでよいのか」的な)ができず、どこかで壁に突き当たってしまうのではないかと、そんな風に思えます。

「英語の発想」のような書籍は、私にとっては、そのような「裏づけ的法則」に気づかせてくれる類いの本です。1冊読んで、新たな気づきがあるかもしれないし、ないかもしれない。でも、ともかく「あの人も別の言い方で同じことを言っていた」(だから大切なことなのだ)とピンとくる箇所はある。
さまざまな「なぜ」、「だからこうなる」が気になりだしたここ2、3年が、(自分の)こうした書籍の「読みどき」ではないかと思って努めて読むようにしているのですが、この「読みどき」は人によって違うと思っています(私は「読みどき」が遅く理解にも時間がかかった方かなと)。「読みどき」は、あえて言えば、こうした書籍を「読まなきゃ」ではなく「読んでみたい」と思ったとき、「裏づけ」が気になりだしたとき、読んでいて付箋を貼らずにいられないとき、でしょうか。「読みどき」を誤らなければ、得るものの多い、そんな1冊だと思います。他には、個人的には「翻訳の秘密」(小川高義)、「文芸翻訳入門」(藤井光)、「創造する翻訳」(中村保男)、「日本人のための日本語文法入門」(原沢伊都夫)などが、「読みどき」に読んだと思えた書籍でした。

たいして内容紹介になっていなくてすいません。m(_ _)m
関連記事
2019.04.26 01:10 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

Max Tegmark
Life 3.0: Being Human in the Age of Artificial Intelligence(2017年)

著者は物理学者。
本書は、物理学者の視点から「人工知能の未来」を語ったもの。

かなり前に音読了していたのですが、読書感想文に載せずに闇に葬ろうかどうか、ずっと迷っていました。
英語はそう難解ではないものの、内容が難しい(特に、後半、宇宙的スケールでAIやAIに意識が存在するのか否かを論じた部分)。
付箋はいくつか貼りましたが、日本語の書籍と違って、「なぜその部分に付箋を貼ったんだっけ」もしばらく考えないと思い出せない始末(「年のせい」説あり)。

そうやって数ヵ月が経った先日、久しぶりにAmazonさんを訪ねたら、カスタマーレビューに素晴らしい要約が!(2018年12月7日付けのものです)

ということで、うろ覚えの記憶を辿って記事にしたいと思います。
全体の要旨は、↑ のアマゾンレビューをご参照ください。

ちなみに、Gizmodoに、軍事技術へのAIの応用について述べた部分(第3章の一部)の翻訳があります(こういう内容は、やはり読者の興味を惹きやすいのかも)。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/life30-by-max-tegmark.html

上でも書いたとおり、英語自体はそう難解ではありません、専門家でなくても十分理解できる語彙で書かれていると思います。また、各章の末尾にまとめがあり、「読み返して大意確認」がしやすいつくりになっています。
けれど、知性、生命、意識とAIの関わりなど、一読しただけでは、正直どう解釈すればよいか途方に暮れてしまう部分が多く、そういう意味で、今の私には少し難しすぎる本でした。とはいえ、ここまで長いスパンでAI(と人類)の未来を見据え、「AIに意識は存在し得るか」「AIは生命体たり得るか」まで論じた書籍はあまりないような気がします(単に私が知らないだけ、という可能性は高いですが)。少し前に出版された「Superintelligence: Paths, Dangers, Strategies」(Nick Bostrom、邦訳「スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の命運」)が、近い視野からAIを見ているのかなと思います(未読)。

レビューでは割愛されたPreludeとEpilogue。
PreludeはThe Tale of the Omega Team、EpilogueはThe Tale of the FLI Teamとタイトルも対になっています。
Preludeは、Omega Teamという架空のプロジェクトチームが作り上げたPrometheusというAIが、どんどん自己発展していき、ついには...という仮想シナリオ。掴みとしても秀逸だと思います(←捕まれたヒト)
Epilogueは、著者がさまざまな分野の研究者に呼びかけて立ち上げた、AIのリスク(AIと共存するについての安全性)を研究する組織について。その設立過程、第1回会議、そこでコンセンサスが得られた項目などが語られます。上記のNick Bostromもこの会議にも参加していますし、Tesraの Elon Muskがぽんと研究資金を出すなど、世界の研究者たちは、AIの安全性という面に着目し始めているようです。

そして、私は、素人なりに、このEpilogueも重要な部分ではないかと思うのです。
もちろん本邦でも、研究者の方々の間では、こうした部分が話題に上っているには違いないのですが、ニュース等で目にする話題は「AIに何ができるか」が多く、「なぜそれをやらせるのか」(目的)と「それは本当に安全で人類の発展に寄与するのか」に関するものはないような気がします(「おまえが積極的に探しに行ってないだけだろ」説もあり)。もちろん「あんなことも、こんなこともできる」が技術の発展につながるのだとは思いますが、「何のために」「どんなリスクが」をしっかり押えずに進んでいくのは危険なことのように思えてしまうのです。そんなことを考えさせられた「Life 3.0」、たぶん、いつもどおり私の感想は少しズレていると思いますので、本当にご参考程度に。


原著にはAmazonで294件のレビューがあり(4月23日現在)、平均4.3 starsです。まあ、多けりゃ、高けりゃいいってもんでもありませんが、それだけ話題になった書籍なのは確かです。もしかしたら、今現在、どこかでどなたかが翻訳作業をされている最中かもしれません。
関連記事
2019.04.23 17:31 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
翻訳フォーラム・レッスンシリーズ「カンマとコロンとセミコロン~パンクチュエーションのひみつ~」を聴講してきました。

ルールに則って、適切な記号を正しく使う――日英翻訳でこれができている(OR やろうと努力している)方は多いと思うのですよね。

では、英日翻訳ではどうだろう。
たとえば、「,」「;」「:」の違いを正しく理解し、「( )」「— —」「カンマで挟む」をきちんと訳文に反映できている方はどれくらいいるだろう。
かくいう私も、つい1年前までは、特に後者の3種を、そのときどきでどう訳すのが最適かというところまで、意識が向いていませんでした。

記号の大切さに気づき始めたタイミングで、パンクチュエーションに特化したフォーラムのレッスンが開催されるという。これはもう、下心全開で聴講しにいかねばなりますまい。
イベント情報:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nbxg1024ek4.html

講師のF井さんは、「翻訳するとはどういうことか」を説明する際によく使用される「双眼鏡(=読解力)で遠くにいる動物を認識する」図を用いて、詳細情報をきちんと入手するためには、記号の理解も欠かせないというところから説明に入ります。
この「記号」については、(私もそうだったんですけれど)中高できちんと自分のものにしておられない方も多いかもしれません。けれど、2022年度からは、句読法(コンマ、コロン、セミコロン、ダッシュ)が外国語指導要領に組み込まれるということで、翻訳者も、いつまでも「いい加減にしか知らない」では済まされないようです。
(4月7日23:30 2020年度→2022年度に修正)

最初に、
● 参考書籍
● 句読点の使い方の流派(The Chicago Manual of Styleがpopularだが、ひとつではない)
● 何のためにパンクチュエーションがあるのか
について簡単な説明があったあと、いよいよ各論に入ります。

● 文末にくる記号-「.」「!」「?」
● つなぐ記号-「,」「;」「:」 
 音楽の休止符にたとえての説明が分かりやすかったです。
 ここで説明された「Oxford comma」問題、commaの有無が訴訟の結果を左右したということもあったとか。興味深いお話でした(興味の湧いた方は「Oxford」「カンマ」等で検索してみてください)。
● 脇に置く記号-「( )」「— —」「カンマで挟む」
● 日本語の全角ダーシと2倍ダーシ、英語のハイフン・nダッシュ・mダッシュの違い
● 引用符
(いずれも「明日から絶対役に立つ」情報が満載でしたが、オトナの事情で各論の詳細は割愛します。)

休憩後の後半は、当日配布資料を使用しての演習でした。
こちらもオトナの事情で詳細な説明は控えますが、パンクチュエーションだけが異なる2つの文の何がどう違うのかを問うものです。
いずれも(見た目は)簡単な単文なのですが、間違ったものや迷ったものがあり、「こんなに難しいのか」というのが正直な感想でした。
単文ですから、いずれも、前後の文脈が与えられれば、おそらく迷うことなくきちんと回答できたに違いありません。でも、それは、普段文脈に頼って細部をおろそかにしていることの裏返しでもあるのではないでしょうか。文脈がなければ正しく解釈できない――すくなくとも、違いをきちんと識別できないということは、やはり問題とすべきことではないかと思います。

翻訳では、「なぜそこにその単語が用いられているのかを考えることが大切」という言葉をよく耳にします。これは、記号にも当てはまることなのではないでしょうか。何らかの意味をもって、「あるべき位置にあるべき記号が置かれている」はずなのです。記号に対する「なぜ」をないがしろにしては正しい「絵」は描けないということを、演習を通じて痛感しました。

最後に、英語を書く際に気をつけることと、間違いをしない/見つけるための対策について言及があり、セミナーは終了しました。

(和訳では)「記号についての理解は大雑把だが、英語の記号なのだからそんなに気をつけていなくてもよい」あるいは、そもそも気にかけていないという方もそれなりにいらっしゃるかもしれません(白状しますと、数年前までは私も(特に「脇に置く記号」の使い方が)そんな感じでした)。けれど、全然そんなことはないし、そんな風に考えることで損をしていることも多いのではないかと考えさせられるセミナーでした。

私の知るかぎり、特に英和訳の視点からパンクチュエーションを体系的に説明してくださるセミナーは今までなかったような気がします。
一人でも多くの方に(昨日の私のように)「実は思っているほど分かっていない」ことを実感してほしいと思い、大阪での再演をお願いして東京をあとにしました(下心全開って言いましたやん)。

* フォーラムの皆さんはそれぞれお忙しい身でいらっしゃいますので、すぐに実現することは難しいかもしれません。気長にお待ち頂けると嬉しいです。
関連記事
2019.04.07 18:01 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |

たまには本業の記事です(そうなんです、本業は医療機器の翻訳なんです)。


3月末に、循環器学会が(他の関係する学会と合同で)発行する循環器病ガイドラインに新規や改訂新版の追加がありました。
http://www.j-circ.or.jp/guideline/

それ以前は不明ですが、ここ2年ほどは、毎年3月末に開催される学術集会に合わせて発行されているようです。
(昨年、大阪開催の学術集会に潜入しました。今年は横浜で開催。来年は京都で開催されるようです)

こちらのガイドラインは、誰でもDLすることができます。
(ただし――当たり前といえば当たり前ですが――ガイドライン中の図表を転載する場合などは、事前の許可が必要です。取扱いには各人十分ご注意ください)

私も、いくつかDLしていまして、特に
「不整脈非薬物治療ガイドライン」
「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」
には、頻繁にお世話になっています。

というわけで、今回「不整脈非薬物治療ガイドライン」が改訂されたと知って、小躍りしてしまいました。
で、先ほどDLしてざっと中身を見てみましたが、ずいぶんカラフルで分かりやすくなっとる-。目次の次に用語集までついとるやないですかー。
さらに、ページ数も半端なく増えています。(もちろんそれだけが理由ではないでしょうが)新たにカテーテルアブレーションが章立てされていることから、かつては独立していたアブレーションに関するガイドライン(の一部?)がマージされたのではないかと想像します(きちんと確認したわけであはりません<念のため)。ワタクシ的には地味に嬉しい改訂です。


また、ご存じの方も多いと思いますが、循環器学会の「循環器学用語集」も、循環器系の翻訳をされる方にはとても役立ちます。

「2008年3月31日発行「循環器学用語集」(第3版)〔日本循環器学会用語委員会・循環器学用語合同委員会編〕の内容に基づいて公開しています」とあるため、内容的には多少古いのかなと思いつつ、手持ちの医学辞書と併せて使用していたのですが、改訂履歴を確認すると、最終更新が「2017年2月」となっていますので、その後もきちんとメンテされているようです。

また、「日本医学会医学用語辞典英和(第3版)、他の関連学会の既成の用語集、米国国立医学図書館が編纂するUnified Medical Language System(UMLS)との統一を図った」、和訳は「はなるべく一語にするように努めたが、広く使用されているものや異なる2つ以上の意味を有する単語においては、複数の語を採用した」と明記されていますので(いずれも凡例から)、私は信頼できる用語集だと思っています。
ちなみに「日本医学会医学用語辞典英和」は、現在、(登録が必要ですが)日本医学会のウェブページで検索することができ、複数訳語があって迷う場合、私はこの辞典を参照します(こちらも定期的にメンテされています)。
蛇足ですが、医学系の辞書(南山堂とかライフサイエンス辞書とか)は別として、この他に「知識整理のための ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D・ILRブック 」(メジカルビュー社)があれば、心臓植込み系の機器の翻訳には、とりあえず立ち向かえるのではないかと思います(あくまで個人の感想です)。


というわけで、何でしたっけ、そうそう、ガイドラインのお話でしたね。
興味のある方は、循環器学会さんのサイトを訪ねてみてください。
関連記事
2019.04.04 23:29 | お世話になった(なっている)ウエブサイト | トラックバック(-) | コメント(0) |