FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』(ローレンス・レビー、井口耕二訳、文響社)


 昨夏、本書の訳者の方と話をする機会があった。翻訳者数名のこぢんまりした飲み会で、ひたすら翻訳について語り合う贅沢な時間だった(私は幹事特権で末席に滑り込んだ)。
 その中で、訳者の方が今(つまり、その当時ということだが)翻訳に取り組んでおられる本の話になった。会話部分の訳し方についての話で、人間関係によって訳し分けるのはもちろんだが、同一人物との会話でも、関係が変化するにつれて口調が変わっていくのは当然で、微妙な変化をどう出していくか悩んでいる、というような話だったと思う。私は、すべてを吸収すべく全身を耳にして話に聞き入った。そうしながら、「訳書が出たら絶対買おう」と決心した。
 そして、今年の2月だったか、訳者のブログで『PIXAR』の訳者あとがきが先行公開され、私は「これがその本に違いない」と確信し、その足で(?)Amazonに予約に飛んだ。もともと買おうと決めていたから迷いはなかったが、そうでなくても読みたいと思わせるような、なかなか「そそられる」訳者あとがきだった。
 蛇足だが、私は、本はあとがきから読むタイプ。書店であとがきを立ち読みして購入を決めることもある。最近ではHONZなどで、解説やあとがきが公開されることも多く重宝している。ディオバンの臨床試験疑惑を扱った「偽りの薬」も、解説を読んで購入を決めた(そしてまだ階段に積ん読しているのはここだけの話)。

 閑話休題。
 『PIXAR』は「エッセー・随筆」や「映画ノンフィクション」に分類されているようだが、私の中では「ビジネス書」扱いだ。こうした書籍を自分から手に取ることは、まずない。PIXARは社名くらいしか知らなかったし、同社が製作した「トイストーリー」も未見である。それでも、本書のストーリーに引きつけられて、短期間で読破した。
 本書は、スティーブ・ジョブズが自腹を切って支えていた小さな映像製作会社が、「トイストーリー」というメガヒットを飛ばし、株式公開も実現して有名になっていく過程を描いた、いわばサクセスストーリーだ(実のところ、成功するか否かは本当に紙一重のところだったようだが)。ジョブズに請われて同社に入社し、立て直しを図った最高財務責任者(CFO)の視点でその過程が描かれている点が、これまでのPIXAR関連書とは一線を画している(らしい)。CFO視点と聞くと、地味で退屈な財務関連の話を想像しがちだが、どうしてどうして。「トイストーリー」の封切りとIPOに至る経緯を詳細に語りつつ、その2大クライマックスまで、徐々に加速しながら飽きさせず引っ張っていくストーリー展開と筆力はさすがだと思った。契約、株式公開に関する一般的な話、投資銀行の説明なども分かりやすい。著者の力量はもちろん、訳者の力量に負うところも大だと思う(決して面識のある方だから褒めているということはない<念のため)。昨夏の飲み会で話題になった内容を、「ここがそうかな」「もしかしてここもそうかな」などと考えながら読んでいくのも楽しかった。
 エンドロールの「種あかし」も心温まるものだった(その裏ではギリギリの攻防戦が繰り広げられたようだが)。著者は「ここを見るたび、私は涙ぐんでしまう」と書いており、訳者もあとがきを「そのエンドロールを見たら、私も、涙ぐんでしまうかもしれない」と結んでいる。
 今夏、「トイストーリー4」が公開される予定だそうだ。映画館にも足を運んだ本書の読者の何人かは、やはり「涙ぐんで」しまうのではないだろうか。私は――おそらく涙ぐむことはないだろうが、きっと思わずほほえんでしまうと思う(もともと映画館ではエンドロールまで見るタイプだ)。

 著者は、ジョブズと協調し、ときには宥め、そのわがまま(?)に付き合いながら、PIXARを成功に導いた。だからこそ、彼が、車でジョブズの家の前を通り過ぎながら、その家にジョブズがいて、もう一度「やあ、ローレンス、散歩に行くかい?」と声をかけてくれたならと願うラストシーンは、とても余韻の残るものになっていて、うるっとしてしまったのだった。


 翻訳の勉強にいいと言う声をよく耳にする「読み比べ」を私もやっている。『Stoner』(John Williams)と『ストーナー』(ジョン・ウィリアムス、東江一紀訳)を読み比べていて、いつ読み終えることができるか分からないくらい遅々として進んでいないのだが、この『PIXAR』の読み比べもやってみたくなった。『ストーナー』はまず英文を読み、対応する日本語訳を読むのだけれど、『PIXAR』は逆向き、つまり「どの英文がこの日本語になったのだろう」と考えながら日→英の順に読んでみたいと思っている。いつになるか分からないけれど。
関連記事
2019.05.20 01:27 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 昨日、第12回勉強会を終了しました。

 課題は、引き続きSaul Bellowの『Graven Images』。今回は指定段落2段落の翻訳回です。
 病癒えた魔王…もとい管理人さんが帰還し、課題の難しさも相まって、とても密度の濃い訳文検討会となりました。

 この『Graven Images』は、前回のAnn Porterに比べれば、一読して何となく全体の意味や流れは掴みやすい(とりあえず分かった気にはなる)、けれどいざ訳出するとなると簡単な単語の訳語の選択に四苦八苦するという、なかなかに性悪なシロモノです。その原文を、私は、「ずいぶん皮肉っぽい文章だな(でも自分も皮肉の対象にしているところは嫌いじゃないわ♪)」と思いながら読んだのですが、管理人さんがTwitterでぽろっと漏らされた「重厚な」という言葉がずっと意識の片隅に引っ掛かっていました。このエッセイのどこがどんな風に重厚なのか、私には分からなかったからです。

 そこで、細かい検討に移る前に、まずその意味を尋ねたのです。そして、このエッセイが、いくつもの単語やフレーズが呼応し合った、話の流れ以外にも、単語の選択ひとつをとっても計算し尽くされた無駄のない文章であるという説明を受けました。だから、キーワードに拘りすぎると全体を見失うのだとも。そういう言葉やフレーズが互いに関係し合い重なり合ってエッセイを形作っているそのことを、管理人さんは「重厚」という言葉で表現されたのでした(というのは不肖Sayoの理解です<念のため)。

 最初にその話があったせいか、冒頭で書いたとおり、その日の訳文検討は、とても密度の濃いものになりました。

 個々の検討の中で、その日、私が「おおっ」と思ってホワイトボードに赤色で書いた内容(の一部)は、「(単語の選択レベルに始まり)読み手を裏切らない訳文をつくることが大事」「簡単な単語の訳語もその段落の中だけで決めず、全体との兼合いを考えながら決める」「そのまま訳しては分かりにくい単語は品詞転換を試してみる」などなど。いずれも、それだけ読んでも「そのとおり」と思うことばかりなのですが、実際に訳出に苦労した訳文と原文を手元に置いた状態でそういう話をすると、記憶への定着度が違います。そういうところも、勉強会を行うことの意義ではないかと思います。

 最後に、エッセイの中に散りばめられたいくつかの単語を基に、前回皆を悩ませた「(my) Old World」が見事に読み解かれ、「重厚」の意味するところを、身をもって体験することができました。

 「全体をみる」とき、また個々の単語について「なぜその単語なのか」を考えるとき、「関連性を考える」という発想は、これまであまり自分の中になかったような気がします(今回の自分の訳出過程を思い返してみると、(一部は)前後を行き来しながら実は関連を考えていたフシがないでもないですが、ともかく自分の中にそうした意識はありませんでした)。「きちんと意味を伝える上手い訳文をつくりたい」は、もちろん常に目標としてありますが、今は、こんな風に考え方の幅が広がっていくのが、毎回とても楽しみです。


 最後に、実はこれはその日の勉強会の冒頭で確認し合ったことなのですが、「仕事と直結しない(難解な)課題に取り組むことに意味はあるのか? あるとすればどんな?」
 もちろん、皆「ある」と思うから、時間を捻出して毎月課題に取り組むわけなのですが、その日、私たちが辿り着いた結論は「自分たちがやっていること(原文を書いた著者が頭に思い浮かべた『絵』と読者が訳文を読んだときに頭に思い浮かべる『絵』が同じになるよう、さまざまな点に気を配りながら訳すこと)は、種類を問わずすべての翻訳の基本である(だから意味がある)」というものでした。
 ふだん(意識的であれ無意識であれ)頭の中で「絵を描く」という行為をやっているつもりでも、慣れた案件では「分かったつもり」で絵を描かずに訳している自分に気づくことがあります。単語も、そこだけを見て「この訳語はこう」とかなり機械的に置きかえている。慣れとは怖いもので、そうした訳文でも、それなりのできにはなっているのです。そんなことが続いたあとでは、課題や難解案件で「絵を描き全体に気を配る」ことが常より難しく感じます。
 そうした「あまり考えなくてもそれなりのできになる」案件は、今後順次機械翻訳に置き換えられていくでしょう。その是非如何は置くとして、そういう流れができつつあるように思います。「もっときちんと原文の内容を伝えられる訳文をつくりたい」というのが、私が勉強を続ける一番のモチベーションですが、実際問題として、今の流れの中で翻訳者として切り捨てられないためにも、きちんと絵(それも一連の絵コンテの中の一枚一枚の絵)を描く訓練は必要だと思っています。
関連記事
2019.05.11 19:16 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

挿入や情報追加のために用いられる、いわゆるem dash(—)ですが、普段の英日の仕事でコイツに遭遇することはまずありません。勉強会の課題を別とすれば、数年前に受講した通信講座の課題くらいでしょうか。その頃、私は、ダッシュを含めたパンクチュエーションに対してかなり無頓着でした。参考書を片手にダッシュやセミコロンなどの使われ方を確認するくらいのことはしましたが、ダッシュは、訳文ではそのまま2倍ダーシにしていることが多かったような気がします。

勉強会を始めたばかりの頃、ダーシ使い(笑)の私は、管理人さんから散々突っ込まれました。ダーシのあとに句点を打った部分(「――、」)などは「そもそも見映えが悪い」と酷評されたものです。けれど、そのうち、管理人さんは「なぜそこでダッシュが使われているのか、どういう訳文ならそれを一番よく表現できるか、機械的にダーシを使う前に、まずそれを考えよう」と仰っているのだということが分かってきます(そして、蛇足ですが、特に縦書きでは、確かに「――、」や行頭行末のダーシが、思っていた以上に目立ってしまうことが多いように感じます)。

というわけで、思い立って、英語の参考書ではダッシュ(em dash)がどのように説明されているか確認してみました。

まず、取っつきやすい日本語の参考書から。

●「英語ライティングルールブック 第2版」(デイヴィッド・セイン著、2011年第2版第1刷、DHC)

「文中で補足的な説明を挿入したり、具体例を列挙したものを挿入したりする場合」(p219)や「前の文に対して、要点を述べたり補足説明をする場合、また言いかえたり訂正したりする場合」(p220)にダッシュを使用すると書かれています。さらに、「省略符号のように、ためらいを示すときなど文末にダッシュをおいて文の終わりを濁すように省略することがある(中略)ビジネスなどの正式な文書では使われない」(p220)

次は、翻訳フォーラムのレッスンでも紹介された参考書。

● 「Easy Learning Grammar & Pundtuation」(2015、Collins)

挿入や補足説明などの意味で使用されるダッシュが次のように説明されています(p311)。

- At the beginning and end of a comment that interrupts the flow of a sentence
- To separate off extra information
上が文中、下が文末で用いられる場合。個人的には少し言葉が足りないように感じます。
ちなみに、本書では、em dashとen dashをひとまとめにして説明していて(上の説明はem dashのもの)、em dashは「スペース+en dash +スペース」と記されていますが、こういう表記の方法も間違いではないようです。

では、私の好物のESL学習者対象の参考書の記述はどうなっているのか。

● 「The Ready Reference Handbook」(Jack Dodds、1997、Allyn and Bacon、絶版) pp250-251

1. Indicating an emphatic change in thought or feeling
2. Setting off parenthetical material—Use a pair of dashes to set off and emphasize parenthetical material.
3. Displaying lists—Use a dash to introduce a list or to connect a list to the main part of the sentence.
(このあとの説明は、やや詳細にすぎるきらいがあり、挿入や補足説明の意味で用いられているものに絞って記載しました。)

最後はThe Puncuation Guideというウェブサイト。今回em dashについて調べていてたまたま発見したのですが、その名のとおり、全編、いや全ページ、パンクチュエーションの説明。
em dashの説明:https://www.thepunctuationguide.com/em-dash.html

About meを見るかぎり、作成者は著明な研究者という訳ではなさそうなのですが、参考書籍・論文の数がハンパなく、この方の説明は十分参考にできるのではないかと思っています。
参考文献:https://www.thepunctuationguide.com/about-this-guide.html

説明は上記のページを見て頂くとして…このサイトの説明が他と大きく異なるのは、「カンマとの違い」「括弧との違い」という形でダッシュが説明されていること。若干物足りない感もありますが、和訳に際しては、この違いの説明も、訳文をつくるさいの手掛かりにできるかもしれません。

どれかひとつの参考書を確認するのではなく、たとえば、「英語ライティングルールブック」と英文の参考書1冊などのように複数図書(ORウェブサイト)を確認するのがいいのかなと思います。


こうしたことを頭に入れた上で、文脈と相談しながらダーシを使わない訳し方を考えるのは、しんどいけれどなかなか楽しい(それを上手く訳文で表現できないところが、なんとももどかしくも悔しくも情けなくもあるSayoです)。そうやって悩んだ結果、やっぱりダーシになることもあります。個人的には、普段の文章でそこそこダーシを使うので、ダーシを用いた日本語の文章にあまり抵抗はありません。でも、だからこそ今は、ダーシを極力使わない訓練も自分には必要かなと思っています。

これは、ダーシにかぎらないことですが、たとえ、結果的に「そちらの方がよい」と元の訳文(ORダーシ使い)に戻ったとしても、考えたこと・考える過程に意味があり、その行為は無駄にはならないと、この頃では思っています。


関連記事
2019.05.07 00:22 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |