FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「Buckeye the Translator」
井口耕二さんのブログ。ご存じの方も多いと思います。
7月14日に「翻訳を勉強する会・番外編」でお呼びしているので、これを機に、井口さんのブログを全部読んでみようと思いたちました(ええ、いちおう事務局ですから)。
多くの方が、さまざまな機会にブログ記事を紹介されていることもあり、すでにかなりの数の記事を読んでいます。楽勝、と思ったのが10日ほど前。
(ご本人さま>その頃から、毎日30分~1時間ほど記事を読みにきているアヤしいヤツがいたかと思いますが、決してストーカーではございません。ご安心ください)

…スイマセン、完敗です。
今日やっと、2012年1月あたりまで読み終わりました。2017年頃からは、ご本人がTwitterで記事の更新を公知されるたびに読んでいたはずなので、とりあえず2016年末まで読み終われば全記事制覇したことになるはずですが、それにしても、あと5年分。先は長いです(…読み終えられるのか<自分)。
完敗の大きな理由は三つ、「記事数が多い」(2005年開始ですから…)「内容が濃い」(コメント欄で活発な議論が展開されているときはそこまで読みたくなる>そして泥沼にはまる)「読んだあと少し考えなければきちんと(←当社比)咀嚼できない記事が多い」の3点です。

そのような現状ですが、「番外編」も迫ってまいりましたので、ここまでの感想を記事にしておこうと思います。


井口さんが書かれる記事の内容は、(少なくともわたしは)翻訳者としてうなずけるものばかりです。翻訳者として今ある自分を形づくるについて、(特に「道は自分で選ぶ」という点において)大きな影響を受けたと思っています。尊敬する翻訳者のおひとりです。とはいえ、井口さんの仰ることを盲目的にすべて信奉すべきだとは思っていませんし、他の方にそれを強要するものでもありません。ブログ記事の内容は多岐にわたり、興味深いものばかりです。どう感じ考えるにせよ、たくさんの方にご一読いただきたいなと思います。


時間軸に沿って読んでみて、気づいたことを順不同に列挙すると、こんな↓感じ。

● 最初から基本は大きくブレていない→「どんな道を選ぶにしても、流されるのではなく、自分の頭でよく考えて先々後悔しないと思える道を選びましょう」ということは、ごく初期の頃から仰っています。
● 他人の訳文を批評(批判)することもあるが、自分の訳文(対案)もさらす。
● データに基づいた検証・考察が多い。
● 論理的な文章である(頭の中はどうなっているのでしょう)。
● かなり初期の頃から、「循環」や「ぐるぐる」(←セミナーでお話があるのではないかと思います)について考察されている。
● 書籍化は無理→最初のうちは、「このブログ、1冊の書籍にまとめてもらえないだろうか」と思いながら読んでいたのですが、読み進めるほどに、書籍用記事選択時にOmitされるであろう記事さえもまた宝の山ではないかと思えてきました。
● 「訳者あとがき」は勉強に使える→ときどき訳書の「訳者あとがき」を掲載されているのですが、「無駄を省き文頭文末を工夫した先読みしやすい文章」の実例として勉強になります。

最初は、自分がコレと思った記事をいくつかご紹介できれば、などと思っていたのですが、すぐに、紹介したい記事が多すぎて無理だということに気づきました。
代わりに、井口さんが用意してくださった、月別バックナンバーへのリンクページのURLを張っておきます。各月をクリックすると、それぞれの記事のさわりの部分が読めますので、興味を持たれた記事の「続きを読む」に進んでいただければと思います(もちろん、カテゴリから選ぶという手もあります、お好みで)。

「月別バックナンバー」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/cat21621112/index.html

以下は、かなり昔の記事や記事中の言葉ですが、心に響いた内容でしたので、直リンクを張りました。

「完璧な解釈・理解などできない」、つまり自分の知識や経験に不足があることを肝に銘じて、調べ、勉強し、少しでも深く解釈・理解する努力をする。プロ翻訳者として、これ以外の道があるとは私には思えない。
「誤解されやすい翻訳業界の常識-訳文に、翻訳者の解釈を入れてはならない」(2005年7月27日)
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2005/07/post_82f2.html

スキルアップは薄紙を重ねていくようなもの。毎日、1文1文を大切に訳していくことを長期間継続することでしか実現できない。一方、スキルダウンはほんの何年かで急速に進行することがある。そして、いったん落ちたスキルを元に戻すのは、落ちるのに要した期間の何倍もの時間がかかると覚悟しておいたほうがいい。
「勝ち残る翻訳者-高低二極分化する翻訳マーケットの中で」(2005年10月15日)
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2005/10/post_2fde.html

「原文は親切に読む。訳文はいじわるに読む。」(2008年5月9日)
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2008/05/post_9113.html
関連記事
2019.07.03 20:35 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |