FC2ブログ
2020. 01. 06  
[お断り]
本ブログの勉強会関連の記事は、(自称)管理人第1秘書が個人的に思うところを自由に綴っているもので、決して勉強会の公式見解ではないことにご留意ください。
(公式ブログ:「翻訳を勉強する会 in 大阪」)

――という前提で読んでください。
一部、妄想や寝言も入っているかもしれません。


思い返せば、昨年3月、東京での公開勉強会を終えて心身ともにボロボロになり、「もう決して公開勉強会はすまい」と誓ったのではなかったか。どうした、事務局、何を血迷った。

というわけで、2月29日(土)、大阪で、3回目となる「翻訳を勉強する会」公開勉強会を開催します。
詳細はコチラ↓↓↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0131ta10qxc04.html

始まりは昨年10月だったと記憶しています。
「翻訳を勉強する会」例会では、「読んで調べて解釈して表現した訳文を持ち寄って、全員が議論に参加し(場合によっては)議論を主導する」という当勉強会が目指す方向の萌芽が見え始めていました。いや、もちろん、それは一瞬の錯覚だったのかもしれせんが。であっても、そうした侃々諤々の議論は楽しい。「この楽しさをまた皆さんと共有したいですね、また公開勉強会どうでしょう」と口走った自分。そうだよ、元凶はおまえだよ。

もちろん仕事は「楽しい」ばかりではありません。けれど、「さまざまに調べ、原文を解釈し、最適な表現を探し、推敲を重ねる」というある意味贅沢な時間を過ごし、その結果をとことん議論し、「ああ楽しかった」と思えた経験は、その後の翻訳人生に確実に影響を与えてくれるのではないかと思うのです。たとえそれが一回限りの経験であっても。

というわけで、今回は、参加者全員に課題を提出していただくことにしました(オニかよ)。
申込み画面に課題掲載サイトのURLを記載しておりますので、公開勉強会に興味をもたれた方は、リンク先の課題をご一読ください。翻訳箇所は冒頭2段落と少なめですが、今回はその他に400字以内の全体要約課題を用意しました(これは私たち勉強会メンバーにとっても初めての取組みです)。なので、最後まできちんと読まなければ勉強会には参加できない仕様になっております。ご注意ください
(いや、こういうキビしい条件を出してきたのは、みな管理人さんだから。恨むなら管理人さんを恨んでください。そこのところ間違わないようにお願いします)

当日は、提出いただいた課題をもとに、グループワークを行う予定です(グループワークの内容は管理人さんの胸三寸なので、私たちもドキドキしているのだった)。
そのため、定員を少なめに設定しています。追加募集は予定しておりませんので、参加を検討される(命知らずの)方は、早めにお申込みください。

さて。
「課題について」の末尾には「当勉強会は答え合わせをする場ではありません。間違いを指摘したり、回答の優劣を比較したりする場でもありません。互いの回答を尊重し、どう読んだか、どう訳したかを議論する場です。難しめの課題に思い切りチャレンジしてください」と書かせていただいております。これは管理人さんの言葉ですが、勉強会メンバー全員の「訳文と議論に向かうさいの姿勢」でもあります。比較すべきものがあるとすれば、それは前回の自分、あるいは昨日の自分の英文解釈や訳文表現であり、他人の解釈や訳文ではありません。大切なのは「どれだけきちんと読み、訳したか」だと思っています。ですから、ベテラン翻訳者の方はもちろん、翻訳を初めて間もない方や学習者の方であっても「きちんと読み、訳し、推敲」します(するよう頑張ります)という方には、臆せず参加していただきたいと思っています。

最後に、課題"THEY ALL JUST WENT AWAY"についてひと言。
私も読んでみましたが、正直、読後感はあまりよくなかったです(笑)。好みもあろうかと思いますが、個人的には、課題じゃなかったら投げてますね。
(そういう感情的・皮相的な解釈をしちゃいけない、というのは、管理人さんからよく指摘される点ですが、正直な感想ではあります)
私自身も含め、多くの方が、ふだん「読み込む」ことは少ないタイプの文章ではないでしょうか。だからこそ、トライしてみる価値があるのでは。

文法的な解釈は別として、書かれた内容の解釈はひとつではないかもしれません(それもまた、多くの実務翻訳者が普段相手にする文書と違う点かと思います)。結局は、著者に聞かなければ「正しい」(という言葉は語弊があるかもしれませんが)解釈は分からないのかも。その著者解釈だって、『井上陽水英訳詞集』(ロバート・キャンベル)のインタビューの中で、キャンベルさんの解釈に対し、陽水さんが「(そんな風に考えたことはなかったので)ははぁー、ちょっと目からうろこ」と言っているように、著者自身ぼんやりとしか捉えていなかったということも、もしかしたらあるかもしれません。ですから、公開勉強会では、たとえば経験豊かな先輩がこう解釈しているからそちらが正しいに違いないと頭から決めつけず、「よくよく考えて私はこう解釈した」ということをキチンと言葉にしていただけたら嬉しいです。そこからまた議論が広がっていくかもしれません。


――といろいろ書いてまいりましたが、がっつり準備をした上での議論、とても楽しいものです。他の方の発言に「おお、こんな視点もあったのか」と瞠目させられることもしばしば。時節柄、課題に取り組む時間を捻出するのは容易ではないと思いますが、半日、一緒に悩み、考えてみませんか? 皆さんのご参加をお待ちしております。
関連記事
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR