FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


 もともと4月に(実会場で)開かれるはずだったものが、COVID-19の流行拡大を受けて中止になり、代わりにオンライン講座として開催されたものです。午前と午後の2回開催され、私は午後の方を受講しました。午後の講座は90名超が視聴するという盛況ぶり。知った方のお名前もちらほら見え、嬉しくなりました。

 講座では、担当講師のお話をお聞きするだけでなく、原稿(ゲラ刷り、事前に配布)を用いてその場で実際に校閲を体験する時間もあり、1時間半という時間が短く感じられました。Zoomのチャット機能を用いて質問ができるのもいいですね。講座中、講師以外にもうお一方校閲者の方がチャットルームに入られて、参加者からの質問に対応してくださいました。

 翻訳と同じだと思う部分も違う部分(「新聞」校閲という特殊性もあるかもしれません)もあり、さらにはハッキリ分けられない部分もあり、どうも上手くまとめられないので、箇条書きにします。

● 「書かれたものに不備がないかチェックし、整える」のが校閲の仕事。さまざまな種類の「不備」があるが、ケアレスミス以外に、思い込みから生じるものも多い。
 →この「思い込み」は翻訳でも気をつけなければならないものだ(というより、あらゆる分野・局面で気をつけなければならないものではないかと思う)。解釈間違いや訳語選択ミスは、最初「小さな違和感(なんかおかしい)」として引っ掛かる場合が多いのだけれど、思い込みは、この「違和感センサ」の効きを悪くしてしまう。

● 今回拾ったケアレスミス(誤字、助詞のダブり、同音異義語など)の多くは、Wildlightの辞書を上手く設定することでかなり防げるのではないかと感じた。但し、あるべき言葉の抜け落ちを拾うには、他の方も仰っていた読み上げや自身の音読が必要だと思う。音読すると、語順がおかしい場合も読みにくくて引っ掛かってしまうことが多いため、私はチェック作業のどこかで必ず音読するようにしている。

Wildlightについてはコチラを参照してください。
Microsoft Wordで動作するフリーのアドインマクロです。
https://terrysaito.com/wildlight/

● 新聞校閲は、原稿作成後と編集後(ゲラ刷り)の2回行う。人の手を経るので、間違いが起きる恐れがあるため。
→ 聞いたかぎりでは「同じようにチェックする」という印象を受けた。1回目と2回目で注目する点が変わるかどうか質問しようと思ったが聞きそびれた(文字入力が間に合わず質問できませんでした)。

● 第三者の視点でチェックする。読者の視点を大切にしている(読者によって読みやすいものに)
→ 新聞の製作では記者・編集者・校閲はそれぞれ別の人間だが、翻訳では、翻訳者がこの三者の業務を兼ねなければならない。翻訳作業と校閲作業のあいだに時間を置くなどして「書き手」視点から「読み手」視点にシフトする必要がある。

● 「最終的に品質が保証されたものを表に出す」ことを目的とするという点では、校閲も翻訳も同じだと思う。


 重複表現やものの数え方一覧(実習でも遭遇)などの資料を頂きました。講義中、参照する資料(紙版)の紹介もあり、ここで紹介された『数え方の辞典』(小学館)を購入しました。購入したあとで、Japan Knowledgeにも入ってるよ、と教えて頂いたのですが、読みものとして読むには紙版の方が読みやすいかなと思いますので、ま、いいか。

 実習では、コロナウイルス感染症関連の記事が多く取り上げられました。「コロナウイルス感染拡大」という表現には、医療翻訳者としてはもやっとするものがないでもありません(同じ質問をされた方もいらっしゃいました)。けれど、スペースの問題(少しでも原稿を短くする)を考えると、この表現になるのは仕方ないことなのかなと思います。ただ、読者のあいだに正しい表現を浸透させるのも新聞の仕事のひとつではないかと思いますので、紙面のどこかに「正しくは~だが、紙面のスペースの関係で~という表現を使用しています」のような記載があってもよいのではないかと、そんな風に思ったりもしました。


 講座を受講してみて、「『おかしい』はそのままにしない、とにかくいちいち辞書・事典を引く、『思い込み』は意識して捨てよ」が大事だと改めて思ったのでした(――てありきたりすぎ?)
関連記事
2020.07.01 01:00 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |