屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

7月中旬に「PCは嫌い」という記事で、「Windows7のService Pack1のインストール後、構成がうまくできなくてPCがフリーズしてしまい、メーカーさんにお電話で助けて頂いて、インストール前の状態に復帰できた」という報告をしたと思うのですが・・・

実は、その問題を、それから2ヶ月引きずっていたSayoです。

8月に入ってからもう一度Service Pack1のインストールに挑戦しました。
この時は、Windows Updateから配布されているのを発見した「Service Pack1のインストールが旨くいかない場合の修復ソフト」を先にインストールし、なおかつウイルス対策ソフトも終了して臨んだのですが、あえなく討死(=再び構成に失敗)。今回は、何とか自力でインストール前の状態を復元しました。

実は、このPC、「Service Pack 1構成できへん」事件の少し前くらいから、USBスティックを1度で認識しなくなっておりまして(2、3度抜き差しすると認識してくれます。外付けHDやプリンタは1回で認識しますので、機械的な問題ではないと思います)。そのうち完全に認識しなくなるんじゃないかとドキドキしながら、PCを使う日々が続いていたのでした。

Back-up機(やはりノートPCです)は正常に動作するのですが、どうも画面の調子が宜しくない。Sayoの中に常に「コイツを使っている時に、突然画面が真っ暗になってしまったらどうしよう」という恐れがあり(Back-up機の意味ないじゃんという話なのですが)、常にフダン機が使える状態にしておきたい。

というわけで、これはもうWindowsさんにお縋りするしかないと思い、Windows Updateのサポートセンターにメールで相談致しました。サポートセンターさんからの返信は結構早かったです。問題の解析に必要なデータを送ったり、追加情報を送ったりのやり取りが2、3度続いた後、結論として「Windowsが広範囲に壊れていてService Pack 1が構成できない可能性があります」という話になりました。・・・って、フツーに仕事に使ってるだけなのに、何でやねん~。

と、叫んでいても問題が解決するわけではなく。
とりあえず今の状態で使用はできますが、全てがService Pack 1に移行する再来年までには何とかしなければならない、らしい。
ということで、(1)Windowsさんから送って頂く修復DVDの内容をインストールして修復を行い、その後、再度Service Pack 1のインストール/構成にトライする、(2)Windowsの再セットアップを行う、(3)再来年まで今の状態でいく(その後のことはその時に考える)、の3択となりました。(1)の方法では(基本)データその他の構成はそのまま引き継がれるということでしたので、迷わず(1)を選択したSayoです。

そうして修復ディスクを送って頂いたのが8月中旬。
その後、暑かったり(作業の途中でheat-upしたPCがいきなり電源断したりしたらヤバくないですか?)、仕事が忙しかったり(結局再セットアップなんてことになったら、その仕事の納期ヤバくないですか?)、やりたくなかったり(←結局コレが一番大きい理由かも)で、今までグズグズしていたのですが、先週、インプラントに向けて少しお仕事をセーブしたところに、Windowsさんから近況を尋ねるメールなど頂いたりなどしてしまったものですから、「やるなら今しかない!」と、ついに重い腰を上げたSayoなのでした。

(続く)

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.10.18 20:29 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示