屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

修復インストールを始める前に、Windowsさんからの指示に従って、まず、Outlook やお気に入りや自分でインストールしたソフトウエアのデータなど、取れるデータは全て外付けHDDにバックアップしました(デスクトップやPCのプロパティなど一部データは、スクリーンショットでも保存)。
で、最悪の場合は、再セットアップを実行する覚悟を固めました(そうなると、辞書ソフトをまとめたフォルダのデータもバックアップをとったけど、やっぱり、全部再インストールになるんだろうか? ← そんなことさえもよく分かっていないヤツです)。

それから、やっと、修復インストールの実行に移ります。
と言っても、DVDを入れて、説明書&画面の指示に従うだけですけど。インストール作業には2時間ほど掛かりましたので、やっぱり真夏に実施しなくて正解だったようです。
インストール完了後、プロダクトキーを入力してWindowsを立上げます。
ウイルス対策ソフトなど、一部挙動不審を示したソフトウエアがありましたが、これは各々のソフトウエアのオンラインヘルプの説明に従って作業を行うことにより、解決することができました。その他のソフトウエア(辞書や対訳君など)は正常に動作し、ひと安心。
その後、天敵Service pack 1のインストール・構成に再挑戦します。
今度は無事に終了することができました。
「構成100%終了」の文字を見た時は、感無量だったさ(大袈裟)。

こうして、3ヶ月を要したService Pack 1との攻防(?)に一応の終止符が打たれ、これで、USBスティックの挙動不審(やっぱり挙動不審のままなのだった)以外、当面心配することはなかろうと思いつつ、PCを使っておりましたら、今度は、「Windowsのライセンス認証をしてね♪」メッセージが出るようになってしまいました。え? プロダクトキーを入力しただけじゃ駄目なの? という訳で、またまたWindowsサポートセンターさんにメールで「こんなメッセージ出ましたけど(画面キャプチャしたファイルを添付)?」とお伺いを立て(いったい何度目のメールのやり取りだろう)、「それは認証手続きをして頂かないとこの先ヤバいです」指示に従って、無事、自動電話にて認証手続きを完了しました(今は、PCのプロパティの画面にも、ちゃんと「認証されています」と表示されているよ~ん)。

そんなこんな今日この頃なのですが、正直、この件は、もうこれで打ち止めとしたい(切実)。

誰か、完全自動修復機能付きのPCを開発してくれないかなあ、などと考えつつ、今日も、PCが機嫌よく働いてくれることを願うSayoです。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.10.21 11:28 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示