屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

鴻上尚史率いる第三舞台が復活し、そして、解散公演をするという。

今日の朝刊に、本公演のチケットが完売したため、追加公演が決定し、その分のチケットが週末から発売されるという広告が載っていた。

今でこそ、この前映画館で映画を観たのはいつ? 的な危機的状況だけれど(たぶん10年以上前ですね)、20代後半、ミュージカルとお芝居と映画とテニススクール(と仕事)に溺れて(?)いた時期があった。お芝居の好きなお友達がいて、チケットぴあでせっせとチケットを取っては誘ってくれたので、私はただ、当日身体を空けて待っていればいいだけなのだった。ただし、彼女は、「お芝居と歌が一緒にあるのは駄目なの」とミュージカルには全く興味を示さなかったので、ミュージカルについては、せっせと自分でチケットを取ったさ(で、ミュージカルOKの友達を誘うの)。「レ・ミゼラブル」も「オペラ座の怪人」も初演当時は東京公演だけだったので、東京までお芝居見に行ったりもした。いや、若かったねえ。

そんな友達のお気に入りの劇団のひとつが第三舞台だった。
というわけで、彼女に連れられて、第三舞台の公演(今は亡き近鉄小劇場)にも3~4回通った。とはいえ、第三舞台のお芝居は、正直、Sayoには今イチよく分からなかった。話が飛んで又戻ったり、同時進行したり。そして最後は、結局よく分からないままに終わる。そんなお芝居。でも、途中で「おおっ」と思うような台詞があったりする。いや、もう記憶もかーなーりー曖昧ですが。友達は「そこがいいんだよ~」と言っていたけれど、私は、もっとストレートにストーリーにあるお芝居の方が好きだった(当時だと、加藤健一事務所の「第二章」(ニール・サイモン)とか<第三舞台のお芝居がどうこういうことではなく、個人的な好みがそうだったと捉えて頂ければと)。でも、第三舞台の男優さん達は皆カッコ良かったから、第三舞台を観るのは好きだった(現金なヤツです)。当時の劇団員の殆どは、自分よりチョイ上か同い年くらいだったので、親近感もあった(てことで、皆さん今はアラフィフですね)。
当時の私のお気に入りは大高洋夫さんと筧利夫さんで、友達は、勝村政信さんが「かわいい」とお気に入りだった。今では、皆さんずい分有名になっちゃって、嬉しいような寂しいような。他の劇団員さんも、時々ドラマで顔をお見かけすることがあり、「皆、それなりに頑張ってるんだね」と思っていた。

そんな第三舞台が、今回の「深呼吸する惑星」を最後に解散するという。
何だか、これで本当に自分の青春が終わるんだなあ感(ていうか、遥か昔に終わってます<念のため)があって、ちょっと感傷に浸ったりなんかしている今日この頃である。


最後に、第三舞台とは関係ありませんが。
おかげさまで、旦那の咳喘息(たぶん)はかなり症状が軽快し、夜間咳き込むことも少なくなりました。このまま治癒してほしいです。これまで「仕事でストレス溜まっているからしょうがないよね~」と大目に見てきた喫煙も、これを機に完全禁煙させます(過去に2度禁煙に失敗)。


翻訳に関係ない記事が続いてすいません。
天敵(統計)についての記事を書きかけているんですけど、何だかうまくまとまらなくて。そのうちUPします。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.10.27 18:51 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(2) |

ちょりーたさん、まいどです~。

いえいえいえ、過去記事へのコメント、大歓迎でございます。

おお、ちょりーたさんもお仲間でしたか! てことは、その昔、近鉄小劇場でニアミスしていたかもしれないですね。解散公演も行かれたとのこと。羨まし~! 私は、もう20年近く、演劇だのミュージカルだのとはご無沙汰です(あ、2回ほど、四季好きの友人に、劇団四季公演に連れて行ってもらいました<って連れて行ってもらってばっかし)。
「ケダモノ大王」・・・ってめっちゃ懐かしい。「Dr.コトー診療所」を見た時、「キミもいい大人になったのね(?)」としみじみしてしまいました。

ちょりーたさんとは、フィギュアスケート語りもまだ不消化状態ですよね。またお会いできるのを楽しみにしています。あ、仕事の話も(<と白々しく付け加えるのだった)。

2013.03.28 17:03 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

えらく古い記事にコメントしてすみませぬ。怒涛の年度末で疲れ果ててここに癒されに来て…見つけちゃったんだもん。

第三舞台はすごく好きで近鉄小劇場にも通ってましたよん。封印されたときに「解散公演行こうね」と友だちと約束し、実現しました。さすがに忙しい筧さんや勝村さんは出てませんでしたが、感慨深いものがありました~(でも「ケダモノ大王」見たかったな…)。

では、またお会いしたときに語り合いましょう。あ、ついでに仕事の話もね。

2013.03.28 16:21 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示