屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

最近までStephen KingのThe House on Maple Street and other storiesを聴いていました(というのは、Audio CDのながら聞き流しということです)。

“The House …”は、4人兄弟が、母や自分たちに辛くあたる大学教授の継父(と書くとありきたりな表現になってしまうのですが、母や子供たちを折檻するとかではなく、例えば大学の同僚を招いてのパーティでホステスである母親が体調不良で失態を犯した時、その体調を一切心配することなく『自分の』パーティを台無しにしたことを責める、という感じ。仕事以外は無関心なタイプのようです)を、ロケット化した自宅ごと宇宙に飛ばしてしまうというお話。4人兄弟+母親が(継父から)救われたことよりも、計画を主導して嫌な人間を排除してしまった長男(13歳)が、この先どんな大人に育ったのか、ちょっと気になったりしてしまったのでした(お話は、4人の兄弟姉妹が家跡に座り、嘘をついて外出させた‐継父と一緒に飛んで行ってしまっては元も子もないですからね‐母親の帰りを待つところで終わっているんですけど)。
“Umney’s Last Case”は、探偵小説の作家が自作の主人公の探偵(Umney)の人生を乗っ取る話。
“Head Down”はエッセイで、息子の少年野球チームが1989年の州チャンピオンになるまでの数ヶ月間を追ったもの。
“Umney …”は、まずこの探偵さんの名前が聞き取れなかったこともあり、ちょっとストーリーを追うのに苦労しましたけれど、どれもまあまあ面白かったです。”While 家族の性s were summering in England”(○○家が英国で夏を過ごしている間に)なんて、絶対自分では思いつかない表現も出てきたり。

で。
今はDan Brownの”Lost Symbol”を聴き始めたところです。
はい、今さらはじめてDan Brownさんでございます(映画も未見)。かつて書店で(シリーズの別の作品だったと思いますけど)ペーパーバックを手に取った時、その字の細かさにゲンナリして「英語も難しそう」と(勝手に)思い込んでしまっていたのですが、14分の1(CDが14枚あるってことです)を終わった限りでは、以外に聴き取り易く、あまり凝った表現は使われていないのかなあと思いました(この「聴き取り易く」は、朗読者に左右される部分も大きいんですけど)。
てことで、”Lost Symbol”、ぼちぼちいきます。

という記事を書いていて、いったい自分は今まで何時間ぐらいこの聞き流しをやったんだろうと、フと興味が湧きまして、超大雑把に計算などしてみました。

この「聞き流し」を始めたのは1998年の初め頃。ボランティア先の非ネイティブスタッフから、「お金も掛からないし(Audio Bookは図書館で借りる<元手は再生用のプレーヤと電池代のみ)いいよ~」と薦められたものです(金の亡者Sayoには、何よりもこの言葉が効いた)。

当時は平均すると毎日1時間+α(350日)は聞き流していたと思うので(暇だったという説もある)、年間450時間くらいとして、帰国するまでの6年間(1998~2003年)で2700時間。
帰国後は聞き流し時間も半分程度に減っているかなと思うので、年間225時間として8年間(2004年~2011年)で1800時間。

合計4500時間(/14年)

自分的には、「とにかく空いた時間は聴きまくっていた」(特に滞米時)印象があったので、これは想像していたより少ない数字でした(つまり、もっと勉強したと思っていたってことさ)。
ヒアリングマラソンのたった4.5倍じゃん(しかも14年だよ、14年)。

てことで、「ヒアリングマラソン1000時間で『使える英語』が身につく」というのは、それなりに正しいのかも、と思たりしたのでした。ボキャブラリの貧困という問題は取りあえず置くとして、natural speedで話す相手の言うことをだいたい理解し、取りあえず1st responseを返すことができるようになるまでに、3年くらいは掛かったと思うからです(ただし、これは「聞き流し」と「音読」を並行した結果です。決して聴き続けたから魔法のように喋れるようになるということはないんじゃないかと思います<あくまで「Grammar & Reading大事」教育で育った私の場合ですけど)。あ、別に私はヒアリングマラソンさんの回し者ではなく、特にこの教材をお勧めしているわけではありません(よろしくないと言っているわけでもありません)。実際、この教材の中身は全く知らないのです。ただ、「1000時間」というキリのよい数字が比較対象としやすかったということで。念のため。

やっぱり「無理なく習慣としてそこそこ楽しく毎日継続」が大事なのかなと。
“Lost symbol”、続きが気になるし。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.11.07 18:32 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示