屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

文中選手名アルファベット+漢字で表記しています。一度お名前そのまま記したところ、あり得ないアクセス数となったことがありましたので。検索エンジンのサーチ画面から来て下さる方が殆どだったのですが、当ブログには、そのようなファンの方に満足して頂けるような記事はないよな~、と申し訳なく思いますので、今回ABC+漢字にしてみました。

さて。
BSノーカットのエキジビション放映を
毎年心待ちにしているSayoです。
ウチのDVDレコーダはBSは録画できないらしいので、
エキジビションノーカットは当日放映に賭けるしかありません。
賭けるぞ。

先々週末、月曜朝納期で出来上がり50枚ほどの和訳のお仕事を頂いた時は、
Sayoの計算上では最終日曜日は最終チェックのみ、
男子シングル観戦後、BSに切替えてエキジビション、
5時間フィギュアスケート漬けの生活が送れる予定だったのですが、
(蛇足ながら、そこにとどは計算に入っていません)
世の中予定通りにいくはずなどありません。

原稿斜め読み時には問題なく思えた箇所に躓いたり、
こそっと出てきた統計の調査に思いの外手間取ったり、
父の調子がちょっとよくなかったり
(今は低空ながら回復しています)
・・・と幾つかの事象が重なった結果、
土曜日せっせと仕事、日曜日せっせと仕事という
結果になってしまったのでした。
(おかげさまで、お仕事の方は日付が変わる頃納品することができました。)

それでも、NHK杯の途中経過は、ネットで随時チェックです。
(ISUのHPからグランプリシリーズその他国際大会の結果頁に入ることができます。
競技中は1人滑り終わる毎に、スコアと順位が更新されます。)

土曜日はフィギュアスケートのことなど考える余裕もなかったのですが、
日曜日は先も見えてきて、途中経過をチェックしながら
「そろそろT橋選手の滑る時間♪」と思ってTVを点けたら、
思い切り計算を間違ったようで、
キス&クライで点数が出たところでした(おかげで優勝したことは分かったさ)。
その暫く後に「エキジビションもそろそろ上位選手か」とTVを点けたら、
休み時間でザンボニくんが製氷中でした(生中継なもんで)。
私のエキジビションはどこえええええっ。

そんな打ちひしがれたSayoを
お友達のブログが救ってくれました。
正確には彼女が紹介してくれたNHK杯の動画画面ですけど。
普段あまりリンクは貼らないのですけど、
これはNHKの画像だしいいでしょ、てことでリンク貼っておきます。

「NHK杯フィギュアのページ」

画面右下の「演技動画クリップ」から一覧に入れます。
期間限定のようなのでご注意下さい。
各選手のショート、フリー、エキジビション、インタビューの動画を
堪能することができます(解説なし)。

T橋選手のプログラムは、ショートもフリーも
あんまり音楽の盛り上がりに助けて貰えそうにない感じの選曲で、
どちらも将来を見据えた挑戦なのかなと思いました。
(フリーのブルースについては本人もそう言っていましたね)
それでも、フリーの4分半短く感じたのは、
中身の濃い良いプログラムだったのでしょう。
日本人選手には珍しい指先まで色気のある選手と思います。
Sayoがあと20年若かったら・・・(以下自粛)。
K塚選手の「ナウシカ」も良かったです(失敗してたけどな)。
(多感な頃に見た映画なのでこの曲を聴くだけで泣けます)
T橋選手とはまたタイプの違う、
でも日本を引っ張っていく選手に成長していくのだろうなあと思います。
K塚選手を見ると、いつもぱっとnobleという単語が頭に浮かびます。
今後、もっと新境地も開拓していってほしいけどね。
A田選手、滑っている時の表情、去年と違ったように思います。
去年のように張り詰めたものがないというか。
(悪気はないと思うのですが、とどが
「マオちゃんはもう終わったのか」
と聞いてきやがりましたので張り倒しておきました。)
S木選手とA田選手のエキジビションナンバーは
対象的だなあと思いました。
元気の出るS木選手の選曲と、祈りのA田選手と。
どちらも、それぞれに震災を意識しながら曲を選んだのかなあと思ったりしました。
以上、思いつくままに。

しゃーない。仕事に戻るだよ。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.11.14 20:00 | フィギュアスケート(~13-14 season)  | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示