屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

書いては消し(しつこい)
していました。
翻訳の推敲の話ではなく(今わりと暇なの)、ブログ記事の話。

ここは「翻訳・通訳」カテゴリだけど。
でもだがしかし。
書くぞ~、Gファイナル(フィギュアスケートの話です<念のため)。
とか、気合入れていたりしたわけです。

そうしたら、A田選手の緊急帰国が報道され、
様々な憶測が飛び、お母さまの死が発表され、
そして、本人のコメントが発表された。

私、勝手に「本人がその気になるまで、『お母さんのためにもソチで金』みたいなこと抜かして騒ぐなよ、メディア」とか考えていたんですけど、私が考えている以上に、彼女は人間として成長していたのだなと。コメントからそのように感じたのでした。舞お姉さんのコメントも、「こう言って貰えれば母は本望」と思うようなもので。これからも、フィギュアスケートのこともそれ以外のことも、2人で頑張ってほしいと、おばさんは思うのでした。
そうして、彼女たちのように、駆け足で成長することを余儀なくされた子供たちが、今年は例年よりもたくさんいたのだなあと、ちょうど9ヶ月目の日が来たこともあり、思いを馳せたりしたのでした。

なんてことをぐるぐる考えていたら、
普段以上に文章がまとまらず。

そんなA田選手のために、というわけではないでしょうが、
日本人選手の皆さん、頑張りましたね。

と、とりとめもなく書いて、今日は置いておきます。

次は、現在鋭意消化中の積読さんたちの話でも。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.12.13 19:16 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示