屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

といっても、入所している特養から行くんですけど。

父のいる施設では、提携病院への通院にはスタッフさんが付き添ってくれますが、
提携外病院への通院には、基本家族が付き添うというスタンスです。
(このあたりは、施設によって方針が違うのかもしれませんが)
併設のデイサービスの送迎時間と重ならなければ、
施設の車を出して頂けますし、施設専属の運転手さんが一緒に付き添って下さいます。
これは本当に助かります。
翻訳者の職業病ともいえる腰痛持ちの私ひとりでは、
車椅子からずり落ちた父を引き上げるのは至難の業ですから。
施設の運転手さんが付添いまで勤めてくださるケースもあるようですが、
私は父の様子が気になるので、いつも一緒に行くようにしています。

今日は、3つある提携外病院のうち、一番近い病院への通院でした。
前回受診時と特に変わりはなく、簡単な診察の後、
次の診察の予約を入れ、処方箋を出して頂きました。
めでたしめでたし。
珍しく待ち時間も少なく、ありがたかったです。
この頃では、少し長い時間車椅子に座っていると
「しんどい」と訴え、隙あらば寝ようとしますからね。

昨年後半は「しんどい」と「ねる」しか発語しないような
何とも張り合いのない状態だったのですが、
年が明けてから、少し元気になってくれたようです。

こうやって、少しずつ持ち直しては緩やかにQOLが低下し…
を繰り返して老衰していくんだろうなあ。
祖母の時もそんな感じだったので。

スタッフさんの話では、最近、
起床時など調子がいい(?)と、
スタッフさんの問い掛けに「もうあかん」と反応するのだそうです。
その理由はと言うと
「もう60才だから」
・・・って、おやじ、サバ読むにも限度ってもんがあるやろ。


スタッフの皆さんには、本当によくして頂いています。
その時々の対応に不満が皆無というと嘘になりますが、
全体として、入居者や家族への対応には満足しています。
みなさん、笑顔で対応してくださるし。
私の姿を見掛けて、一瞬の世間話をしに来てくださる方もおられるし。

そう遠くない将来父を看取り
この施設ともお別れすることになると思うのですが
(といっても特別な病気があるわけではないので
それは今年のことかもしれないし数年先のことかもしれないのですが)、
たぶん私はその時この施設の人たちとの別れが辛くて
泣いてしまうと思うのです。

よく、なぜ両親ともこんな
(というのは認知症の症状が進み
まともな意思の疎通がほとんど叶わない状態ということです)
になってしまったんだろうとか、
その状態で命永らえていることの意味とか、
答えのあるはずのない自問をするのですが、
この頃、少しだけ、
こんなことがなければ知り合わなかったであろう
たくさんの方とのつながりは、
父が与えてくれた贈り物なんじゃないかと思うようになりました。

母の場合は、まだ色々心の整理がついていないというか・・・
思うところも別なのですが。
またお話できる機会もあるかもしれません。

父母のことを書くと、どうしても重くなるんですよね。
すいません。

というわけで。
私はこれから、風雲急を告げる(?)自分の歯の治療に向かいます。
(今日は抜歯した歯のチェックと、今後の治療の相談です)

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.01.31 15:10 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示