屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「生死」

について考えさせられた年でした。

震災のせいもあり、両親のこともあり、(年のせいもあり)、ここ数年折に触れて考えてきた「自分が死ぬ」ということについて、ちょっと突き詰めて考えてみたりなどしたのでした。

私には子供がなく、兄弟もなく、叔父叔母は全て鬼籍に入り、交流のあるいとこもおらず、平均年齢的に言っても旦那より多少は長生きするでしょうから、自分の始末は自分で付けなければならないことになります。
震災の前、私はかなり思い上がった考えを抱いていたのでした。
「誰の迷惑にもならずに一生を終えるぞ」みたいな。
でも、実際問題としてもそんなことは不可能だし、「自分にはそれができる」と考えるのも思い上がりなのかなと思うに至りました。なので、今は「多少どなたかの世話になるかと思いますが、そこのところごめんなさいね」的な気持ちになっています。その代わりといっては何ですけれど、私も、いつかどこかで、誰かのために自分のできることをしますからねと。とはいえ、できるだけ皆様に迷惑は掛けないようにしたいですが。
進路も就職も退職も翻訳の道に進む決心も結婚も、全部自分で決めてきたので、何となく心の奥に「私は1人でできるのよ」「だから誰にも迷惑をかけずに死ぬわ」という慢心があったのですが、それは、生みきちんと育ててくれた両親がいたからで、20年近くを共にした旦那がいるからで、でもって、これから(たぶん)助けてくださる方々がいるからで、決してここまで1人の力でこれたわけでも、旦那亡き後(・・・って勝手に殺してるし)1人の力だけで生きていけるわけではありません。

てなことをしみじみ考えた1年でありました。
年をとると、人間多少丸くなるようです。

で、そんな私が、「死ぬまでにこれはやらなくては」と思っていることですが。

1 最後の人間としてきちんと実家をたたむ
2 「持たない」暮らしを心掛ける
3 後悔少なく生きる

の3つです。

1はちまちま整理を始めてますけど、すでに大変の予感。時々、この先を思いボーゼン。でも、これは係累なく最後に残った1人娘の使命だと思うので、来年もぼちぼちね。
2は、「年末アマゾン」の記事を書いたヤツが何言うだと鼻で笑われてしまいそうですけど、実は、書籍以外はすでに実践中なのでした。自分で言うのも何ですが、私ってホント物欲のないヒト(その分旦那の物欲は旺盛<それはそれで心配)。
3は、実生活との兼ね合いで、我慢したり諦めたりしなければならない部分も多々あると思うので、諦めるべきは潔く諦め、譲れない部分は譲らず生きることが、自分にとって「後悔少なく生きる」ということかなとか考えています。世間はできるだけ気にせず(Reunionでは「それはジコチューのおばはんと紙一重やで~」と言われた<一理ある)、でも周りが見えなくならないように気をつけながら。

とはいえ。
別に私は人生を投げているわけでも諦めているわけでもなく、これからも翻訳続けながら、しぶとく生きていくつもりでおりまする。

こんなヤツですが、皆さん、来年もどうぞ宜しくお願い致します。
どうぞよいお年を(・・・ってまだ3日ありますけど)。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.12.28 17:06 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(4) |

鍵コメント下さった**さま、

こんにちは~。コメントありがとうございます。
そうですね、この歳だからこそってあるかもしれないですね。
私も、あと10歳若ければ、「生死」について考えても、
自分の残り人生について考えることはしなかったかもしれません。

「一陽来福」いい言葉ですね。
本当に、来年は「一陽来福」な年であってほしいです。

今頃はもうご旅行に出発された頃でしょうか。
どうか、ゆっくりして楽しんできてください。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

2011.12.31 16:21 URL | Sayo #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.12.30 23:11  | # [ 編集 ]

今年は、普段考えなかったようなことを、ちょっと立ち止まって考えた人が多かった年でしょうね。今はっきりした答えが見つからなくても、ずっとその答えを模索していくのが人生かもしれません(おおおっ、えらそう!) 来年がbetty家によってよい年でありますように。お父様もお元気に穏やかに過ごせますように。こんな「で、趣旨は何やねん?」なブログですが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。ブックマークの件了解です。こちらもリンク貼らせて頂きました(「リンク」カテゴリ内なんで、ちょっと探して頂かないといけないですが)。事後承諾ですいません。それでは、どうぞよいお年を。

2011.12.30 11:57 URL | Sayo #- [ 編集 ]

私もやっぱり震災以降、生死について考えることが増えました(まだまだ人生におけるヒヨッコですが、ヒヨッコレベルなりに(^^;)。数年前、父が大きな手術を受けた時から色々と思うようになりましたが、あの震災で徹底的にその手の思いにとりつかれるようになりましたね…
幸せの価値観もだいぶ変わりましたし。
世の多くの人々も同じかもしれませんが。

さて、来年もまたSayoさんの記事を励みに、日々ちょびちょびですが勉強頑張ります。ブログ、楽しみにしてますね(あ、今さらですが、ブログ上にブックマークさせてください☆)。

どうぞ良いお年をお迎えください。

2011.12.30 10:30 URL | betty #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示