FC2ブログ
2012. 01. 26  


せなあかんわ~と、気ばかりあせりながら、
今週は、戸籍謄本郵送請求中につき、
表立って活動する(?)ことができないので、
基本お仕事週ということで稼動中です。

今後、お仕事の納品、確定申告提出、
相続手続き(自宅相続含むので一部専門家の方にお願い予定<当てなし)、
節目の法要(母の一周忌忘れそうやで)と
まだまだ「ま、ええか」では済まされない事どもが続きます。

加齢につき一度に3つのことしか覚えられないので、
「しなければいけない一覧表優先度順」を作成し
玄関に続く板の間に貼ってみたりなどしました。
コイツを踏み越えなければ外出できない仕掛けで、
今のところ、それなりに機能しています。
来客があったらどうするよ、はあまり考えないようにしています(ええんか<自分)。

こういう「あれもこれもそれも」な時期って、
人生には何回かあるような気がします。過去にもあったさ。

それは、何も家族の看護や介護や死に際してとは限らず、
その人により、育児だったり仕事だったり人間関係だったり、
様々な要因による「あれもこれもそれも」だと思うのですね。

それらは、基本的に、周囲の方々の助けを借りながら、
時には暫く流されてみたりなんかしながら、
でも最終的な部分は自分で決断しながら、
地道にひとつひとつこなしていくしかない場合が殆どのような。
今回も、そういうことになるでしょう。

でも、そうこう、アップアップしているうちに
それはいつかは「そんなこともあったね」になっていて、
だから「今度もできるよね」と思えるようになっている
(・・・できるんか<今回やや不安<でもやる)。

人生って、そんなことの繰返しかもねと思いつつ、
雑事(今のところ概ね書類集め&書類作成)に励むSayoは
今年「アラフィー」ではなく「フィフティ」になります。
色んな意味で、誰か時間を止めてほしい今日この頃(切実)。

・・・お仕事に戻ります。

次はそろそろ本業(?)のお話に戻りたい。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
NEXT Entry
翻訳が進まない
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」セミナー 終了しました
『イノベーターズI』を読みながら
本を読むための本
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』後編:どんな本なのか――私的あとがき・のようなもの
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』前編:本になるまで
『蜜蜂と遠雷』と翻訳と
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
Comment
Re: タイトルなし
**さま、

こんにちは、コメントありがとうございます!

書類がなかなか揃わず、「お仕事週間」にした割にはお仕事も進まず、気ばかりあせる1週間でした。来週はもちっとさくさく行きたいものです。
「あの時はあれもこれもできた」「だから今度もできるかもしれん」「でもあの時より体力も気力も落ちた」「のでもちっとペースダウンせなあかんかもしれん」「そのためにはどうする?」みたいな感じで毎日進んでいます。この年になっても、そんな風に試行錯誤できるってことも、幸せなことなのかもしれません。

「フィフティ」への仲間入り、歓迎してくださいませ!(まだ暫く40台であがきますが)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR