屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

翻訳以外の用事が忙しいわけではなく(いや忙しいのは忙しいんですけど)、今回の案件がなかなか難敵で、思ったように翻訳が進まないのでした(そういう時に限ってブログが書きたくなる)。

大型案件の場合は、ほぼ100%分納なのですけれど、今回の案件は、エンドクライアントさんには一括納入ということで、分納スケジュールと量は、こちらで決めてよいことになりました。なので、最初の分納までの期間を少し長めに取らせて頂いたので、まだじたばたしなくていいハズなんですが、気持ち的にすでにかなりじたばたしている私。

で。
ここから先暫くは、「難しいのよ(怒)」の話に入るための導入部です。

私、いつも結構「この翻訳誰が読む?」ということを考えながら翻訳作業する方かなと思います。「誰?」は「これは社員教育資料だそうです」みたいな形でコーディネータさんが教えて下さることもあるし、自分で推測しなければならないこともあります(で、その推測間違っている可能性も大有りなんですけど)。和訳の場合は、ほとんどの案件で、翻訳会社さんから、「です、ます」調か「だ、である」調かの指定がありますので、それも参考にしたりなんかします。

で、今回の機械案件なのですが、原稿やらちらっと頂いた情報などから、「恐らく機械にはそう強くないであろう、でも別の分野では専門的な知識を持った方々」が読者さんであろうと推測しています。てことで、「専門用語はできるだけきちっと押さえながら、地の文は分かり易く行かなあかんな」みたいなことをエラそーに考えてみたりする訳です(考えるだけという説もある)。文体の指定は「ですます」です。こういう感じの翻訳、嫌いじゃないのよね~(←納期に余裕がある時<今、ナイ)。

そんなことを考えながら、とりあえず原稿を読んでみた感触は、「行けそうかも」でした(いや、行けなかったら困るんですけど)。調査を必要とする専門用語はありますが、全体的な文意を取るのはそう難しくありません。パラグラフごとの関係が「?」(その機械に関する自分の理解が足りない&文章が難しい場合、往々にしてそういうことが起こります)な箇所もなさそう。

というわけで、勇んで翻訳作業に入ったのですが、現在鋭意苦戦中です。思い返してみれば、そうでした、こういう一見問題なさそうな平易そうな英文に、これまで何度も裏切られてきたのでした。Sayoの翻訳能力の問題やでと言われてしまえば、それまでなんですけど。

問題1
ひたすら文章である。

たまに箇条書きや図表が挟まっていると、それだけでひと息つけたりするんですが、文章ばかりだと、つい寝てしまい・・・じゃなかったわ、読者さんが寝てしまいそうな訳文を書いてしまいがちです(←あくまでもSayoの場合)。パラグラフ単位、セクション単位で読んだ時にも、間違いの(少)ない読みやすい文章にするには、チェック段階でもう一度頭を絞らなければならない場合も多くて、普段「かっちり訳してチェック少ない派」のSayoですが、最後の最後に思い切り時間を喰ってしまうなんてこともざらです。なもんで、本当なら、もっと速いペースで進んで、チェックのための時間を多めに残しておかないといけないはずなんですが・・・はずなんですが・・・

問題2
微妙に主語が変わる。

元の文は受動態で書かれているので何の問題もない(ように見える)んですけど、自分の訳した文章が何となく「座りが悪い」ので突き詰めていくと、能動態に直してみた時にandで結ばれていた2つの受動態の主語が、実は別物だったりするのでした。「主語違うや~ん!」 でも、原稿を読んでいる時は何となく意味も取れているし、別におかしいとも思わないんです(いや、それが一番の問題か)。で、おかしくない日本語にするのに、またひとしきり悩む。この「何となく分かる」は結構コワいかも。

問題3
ひとつの文の中にmay (or can) が3回、oftenが3回くらい出てくる。

しかも、そんなに長い文章じゃないし。3回とも同じ訳語じゃ芸がないしな~とか考えてドツボに嵌る(言い換えれば語彙が少ないとも言う)。

そんな感じの文章に悪戦苦闘中です。
いや、ホント、難しい英語じゃないんですけど。何でだろ。

どうしても、しっくりする訳文が作れない時は、一度ガチガチの直訳で文章を作って、それを、文意(その文の言いたいこと)を変えないように気を付けながら解体・再構成するということをするのですが、これをやると、文法をかなり無視した日本語文が出来上がることも多いのですね。なので、自分の中では「どうしようもない時の奥の手」的に使っているのですが(でもって、「直訳では意味がよく分からないので、文意を汲んで意訳しました」みたいなコメントを付けて責任回避?を図ります)、今回、すでに結構「奥の手」を使ってしまっているかも。いや、だから、難しい英語じゃないんですけど。何でだろ。

・・・というわけで、ちょっと情けなく思ったりなんかしながら、冷房完備(ストーブはつけてますが)の屋根裏で、今日も翻訳に勤しむSayoであった。やっぱり、まだまだ努力が足りんのか。うーん、まだ先が見えん(というわけで、トボトボと仕事に戻ります)。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2012.01.31 21:10 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示