屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

無事四十九日(&お骨納め)が終わり、香典返しの発送手続きも済ませ(といっても、基本香典は辞退しているので数件ですけど)、父の遺志(と言っても数年前のものですが)に従って亡くなったことを知らせなかった方々への挨拶状(?)の印刷も済ませました。

相続の手続きは現在進行形。そんなに口座あるんかと尋ねられそうですが、口座数に限って言えば、「あります」。
残高が1万数千円の口座の相続に実印押すのは、ちょっと悲しかったり。

で、今日は久々にお仕事モード(まだ調べ物モードですが)。
新案件は複数名で分担して翻訳をするというものなので、多少お手伝いさせて頂くことになりました。やはり、例年、この時期は猫の手足尾も借りたい忙しさのようです。

で、やっと、タイトルの書籍の話ですが。

私、「医薬翻訳始めました」とはいえ、ほぼ医療機器専従なので、「臨床試験も非臨床試験も関係ないも~ん(ちょっと悲しいけど)」と考えていたんですけど、実は、毒性試験(非臨床試験<いわゆる動物を用いた試験ですね)のうちの「皮膚感作性試験」と「皮膚光感作性試験」については、医療機器も係わって来るようなのですね。

初めてそれ関係のお仕事を頂いた時、翻訳会社さんがきっちり参考資料も付けて下さったので、何とか訳文をカタチにすることができたのですが、英語よりも日本語の方がちんぷんかんぷんな初仕事(英和訳)でありました。
その後、2、3度同じような内容のお仕事を頂く機会があり、そのような試験報告書の文章にも動物関係の表現にも、多少免疫が出来てきたかなとは思うのですが(せっせと単語を秀丸登録したしね~)、一度、動物を用いた試験に特化した書籍をきちんと読んでみたいな~と、ずっと思っていたのでした。

そうして手に入れたのが、
「実験動物の管理と使用に関する指針 第8版」(丸善出版)
(Guide for the Care and Use of Laboratory Animals 8th editionの日本語訳)
「医薬品GLPと特性試験の基礎知識」馬屋原宏(薬事日報社)
の2冊です。

1冊目は書店で偶然遭遇、2冊目はAmazonで「あーでも、こーでも、そーでもない」と悩んだ末に購入したものです。病院の待ち時間にページを稼いでいたのは2冊目の方です。

「実験動物の・・・」の方は、「動物はこう扱うのよ(給餌とか環境等含む)」的な説明(用いられている語句や表現)がかなり参考になりました。

「「医薬品GLPと・・・」は医薬品に特化した内容ですので、正確には今の私には関係ないっちゃあ関係ないものなんですけど、毒性試験各論以外にも、「ICHガイドラインが作成されるようになった経緯」とか「GLPの成立とその必要性」とか「US、EU、日本におけるGxPの解釈と運用の違い」などにもかなりのページ数が割かれていて、GLPとかSOPとか、これまでよく知らないまま略語で呼んでいた文書や基準がなぜ必要なのかという根本的なところが分かったのが、思いがけない収穫でした。

あと、個人的には、これまで参考資料から拾って使用していた「試験系」という言葉、これまでは何となく試験に用いられる動物を指すのかなと思って使っていたんですけど、この本には

GLP第2乗では、「試験系」を「被験物質が投与され、若しくは加えられる動物、植物、微生物又はこの構造部分、又はその対照として用いられるものをいう。」と定義しているので・・・(P.175)

と書かれていて、もっと広義で用いられているということが分かったのが収穫でした。

この本に書かれていることの殆どは、時間が経てば忘れてしまうと思うのですが、「あそこで1回読んだ」くらいのことは記憶の片隅に残ってくれればと思います。索引も充実しているし。

てことで、「さあ、非臨床どっからでもかかってこいや~」と言えたら一番なんですけど、如何せん、過去の経験数が絶対的に不足しているので、今のところ「えーと、あの、どうしてもということでしたらですね、前よりは多少自信を持ってお引受けさせて頂けると思います、はい」くらいの感じですかね。精進精進。
2012.02.29 17:13 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |

レモネードさん、いらっしゃいませ~。

私もありました。
Google放浪中に(仕事ですよ、仕事)marikoさんのブログに辿り着き、かなり古い記事だったんですけど、あまりに嬉しかったので、思わずコメントしてしまったことがありました。

GLP案件ですか。私も、完全に忘れた頃に頂くことがあります。
たいてい参考文献付きなので、何とかやれていますが。あと、GLP案件は用語(?)がかなり特殊で案件が異なっても被る部分が多いような気がするので、Excelで対訳集を作っています(そして、その対訳集をどこに格納したか忘れるのであった<意味ないやん<自分)。

Sponsorも、quality assuranceも、素直(?)に訳せば「試験依頼者」だし「品質保証」ですよね。試験の品質保証というのも変な気はしますが、元々品証関係の仕事もかなりやっていたので、QAとくれば、私も、まずは「品質保証」ですかね~。

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願い致します!

2013.01.21 11:26 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは。
こちらの過去記事にコメントして申し訳ありません。"試験系" "glp" "医療機器"でググっておりましたら、Sayoさんのブログにたどり着きました^^
非常に久しぶりにGLP案件をいただいたのですが、完全に用語を忘れており(汗)、いきなりsponsorを試験依頼者、quality assuranceを品質保証と訳してしまった自分に驚愕です!

遅くなりましたが新年のご挨拶をしておりませんでした。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
一周忌の法要、お疲れ様でしたね。またそちらの記事にもお邪魔させていただきます。

2013.01.21 08:12 URL | レモネード #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示