屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「カーネーション」をご覧になっていない方には
「何のこっちゃ」な記事かと思いますので、
状況により、鋭意スルーなすってください。

あと、以下は全く個人的な感想ですので、
その点ご了承ください。

今日ドラマのヒロインが亡くなり明日が最終回です。
まあ、最終回なんで明日はしっかり見ますけれど、
この2週間、ほぼ脱落してました、私。

3月に晩年編のヒロインに変わってから、
あのゆったりしたテンポとナレーションに
身も心もついていけなくて。

関西のおばちゃんには、身体は動かんようになっても、
機関銃の如く喋らはる方は、ようけおられます。
2月までのヒロインは、どちらかというと
そのように老いていくタイプのように見えました。
ほっしゃん。北村との掛け合いなど、
「漫才かていけるで」と思わせるほど。

なので、晩年編のヒロインが、どうしてもそれまでと繋がらず。
3月以降は別物の続編として見ようと努力したのですが、
耳に馴染んだ音楽(大好きでした~)がそれを阻むのでした。

晩年編のヒロインをされた役者の方、特に好きでも嫌いでもなく、
「医龍」の役なんかは似合っておられたなあと思いますが、
「カーネーション」に限って言えば、
ヒロイン交代が仕方のないことであったならば、
別の方にやって頂きたかったです。

未だに、「晩年編」で何を伝えたかったのか
よく分からないでいる私でございますが、
全体としてみれば、やはり出色の素晴らしい朝ドラだったかと。
1月末頃までは、この金の亡者Sayoが、
「DVD買ってもいいかも~♪」と血迷っていたくらいですからね。

My Best Scenes

洋裁を教えてくれた根岸先生の車を見送るシーン
自分で縫った制服を自分が着て心斎橋百貨店に売込みに行くシーン
お父ちゃんにマジ殴られた「クリスマスケーキの日」事件
お父ちゃんが作ってくれた自分の店の看板を前に涙するシーン
戦争で心を病んだ幼馴染勘助を励まそうとして失敗し、
 勘助母玉枝さんに「あんたの元気は毒や」とののしられるシーン
その勘助の2度目の出征とそれに続く葬式行列のシーン
終戦を知らせる玉音放送を聞いた糸ちゃんが、
 「さ、ご飯にしよけ」と台所に立っていくシーン
妹静子の花嫁行列を見送る糸ちゃんとハルばあちゃん
お父ちゃんの幻影にエアお酌する少し呆けてしまったお母ちゃん
そして、3月3日のオノマチ編最終回15分

枚挙に暇がありませんが、
こんな感じでまとめてみたりなどしました。

今回の朝ドラでは、早く続きが知りたくて、
ネタばれサイトとかも巡回しましたが
(そういうことをやってるから、仕事が捗んないんだよねー)
そこで、「カネラー」(注:「カーネーション」の熱烈なファン)
「オノマチスト」(同:以前のヒロインの熱烈なファン)
などという言葉があることも知りました。
皆さん、うまいこと名付けるよね~。
不倫(?)相手の周防さん(イケメンで人気出ました)が登場しなくなった時は
「巷にスオウ難民が溢れ」とか書かれていたりして、
その表現を書かれた方には、
思わず座布団5枚差し上げてしまったものです(心の中で)。

そういう、周辺情報を読むのも楽しかったです。
最後は、交代劇も含め、過激に批判的な表現も見受けられて、
それだけ熱心に朝ドラを見て来られた方々なのだろうなあと思いつつ、
あまりの手厳しさが、ちょっと残念だったり悲しかったりもしましたが。

ともあれ。
「カーネーション」
半年間ありがとう。楽しかったで。
関西では、4月から、毎木曜日のお昼に「もう一度カーネーション」
(1週間分を23分に編集版)が放送されますので、
未見の方は是非、とちょっと宣伝等してみるのだった。
2012.03.30 17:31 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(4) |

S_OKUI_WORLDさん、

はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですか、オノマチストでいらっしゃるのですね。
私は、どちらかと言えば、「カネラー」かな。
もちろん、オノマチさんも好きですよ~。
(確か吉野in奈良のご出身でしたよね)

以前のオノマチさんには、「ちょっと暗い役の似合う人」くらいの印象しかなかったのですが、「カーネーション」を見て「すごっ!」と思いました。今後も注目したい女優さんの1人になりましたが、次のTV出演作はWOW WOWなんですね。今は、毎木曜日の「もう一度カーネーション」を楽しみにしています。
「オノマチスト」は「サユリスト」からの連想もあるのでしょうか。「カーネ」のHPでは、インタビューの中で、お祖父様役の宝田明さんが「高峰秀子みたい」と仰っておられましたので、いずれにしても、凄い女優さんを連想されたもので、嬉しくなりますね。

介護は、昨年母が、今年父が亡くなり、主人の両親の介護が始まるまで小休止です(と望む)。介護制度は、毎年のように微妙に変わるので、結局最後までよく分かりませんでした(自分個人的には、周りの方に恵まれたケースと思っています)。最低限、誰もが安心して死を迎えることのできる世の中になってほしいですね。

それでは。
お互い頑張って参りましょう。

2012.04.08 22:44 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

はじめまして、おはようございます。
オノマチスト1号こと奈良のあんちゃんです。
たまたま、資料集めのためネットをぐるぐるして、
こちらに行き着きました。
ネーミングのお褒めの言葉、嬉しかったです。

ご家族の介護されておられるということ。
なかなか日本の福祉かアンバランスなシステムで、
弱者になるほど苦役を被るという矛盾だらけの国ですが、
どうか、めげずに前を向いて歩いて行きましょう。
また、お時間のある折に遊びに来て頂ければ、感謝します。

それでは、ちゃお

2012.04.08 07:43 URL | S_OKUI_WORLD #- [ 編集 ]

Bettyさん、まいどです~。
色々大変でしたね。なかなかゆっくりとはいかないでしょうが、休める時は休んでくださいね。

最終話は冷静に見ましたよ。個人的には3月3日が最終回って感じです。
未だに、制作陣が最も描きたかったという晩年編の「伝えたいこと」がよう分からんままです。
2人の糸子の歌の時の尾野さんは、とても高い声で、「年齢に合わせて声のトーンを落としていったんだなあ」と改めて凄いなあと思いました。「篤姫」の宮崎あおいさんも、最後の頃そうでしたよね。
そこからエンドタイトルに入っていくあのやり方は、なかなか粋と思いました。
大変はまった朝ドラでしたが、正座見を余儀なくされ、その意味では「朝ドラ枠」(朝の用事をしながら見れる←個人的見解です)を完全逸脱してしまっていて、ある意味大変でしたです。
取りあえず、明日から暫く「梅ちゃん先生」見よっと。

あのご老人は、奈津さんみたいですね(副音声がそう言っていたそうな)。オノマチが扮しているだの、いや川崎さんのお祖母さんだの、諸説乱れとんでいますが、今のところ、真相は「?」のようです。

オノマチは、勝手に「薄幸役」(木村多江さん系)というイメージを持ってましたんで、「カーネーション」ではびっくりでした。綾野さんは、時々見ていた「セカンドバージン」の息子と同一人物とは、かなり後になるまで気付かなかったです。2人とも化けますね~。今後の活躍に期待です。

今は、オノマチとほっしゃん。のツイート合戦で楽しませて貰っているSayoです

ではでは。

2012.04.02 00:06 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、最終話どうでしたか~?
私はですね、最終話前半は「この話、必要?」とばかり思っていました(まぁ、ヒロイン交代後はそんな思いばかりで、せっかくのボケつっこみもオノマチさんならすべらんのに、とか、残念な気持ちいっぱいでした)。が、最後の小さい糸ちゃんとオノマチ糸ちゃんの歌→「カーネーション」と名場面のエンドロールの流れがすごく良くて、そこだけかなりぐっときて泣けてしまいました(;;)

ちなみに、小さい糸ちゃんたちの歌の前に、病院で劇中劇みたいにドラマを見る老人は、特殊メイクのオノマチさんor奈津だったって本当なのでしょうか?

オノマチさんは周防さんとコンビでドラマ「Mother」に出ていて知ったけれど、本当に化けますね。周防さんなんて、最初誰だか気づかなかったし。


いつか、「カーネーション」の番外編でもやらないかなぁと期待してます。

2012.04.01 21:31 URL | betty #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示