屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

我が家のとどのことです。
決してのろけではありません。
と思うのね。

Around 50の私の世代の(たぶん)多くのご主人がそうであるように、我が家の旦那さんも、家事には殆ど貢献しません。会社では、それなりにちゃっちゃっと動いているようですけど、家の中では、縦のものを横にするのも面倒臭いようです・・・ていうか、出したものはちゃんとしまいましょうね。あと、靴下は2足とも同じ場所で脱いでね。

たまに休日に風呂掃除をしてくれますけど、それくらいですかね(平日は基本午前様帰宅なので、可哀相過ぎて、ゴミ出し以外は何もお願いできません<どんな会社?)。
料理は嫌いではないようですが(学生時代、喫茶店のバイトで調理もやっていたようです)、後片付けは苦手とのたまう(ていうか、後片付けまでやって「食事の支度」じゃないんかいと思うけど)。掃除もアイロン掛けも洗濯物干し(洗濯は洗濯機がやってくれるのでできるそうです)も洗濯物畳みも「できない」んだそうです(覚えろよ<怒)。

まあ、これは私の旦那さん教育の失敗でもあるので、自業自得といえば自業自得ですが。

私も、「妻は3歩下がって夫に従う」的教育を受けて育ったクチなので(えーと、どこがそうなんでしょう?<今の我が家)、結婚当初は、「旦那さんのいるところでお仕事はしないようにしなくちゃ」などと、カワイク決心したりなんかしていた訳です(結婚派遣退職?で在宅翻訳を始めました)。

そんなカワユイ決心は、「納期」という厳しい現実の前に、あっという間に脆くも砕け散ったのですけど。

食事だけは、「温めればよし」状態で用意しておくようにしていますが、それ以外の家事は、「納期」の前に跪いてもらうしかありません。

そんな風に「自分が寛いでいる時に、奥さんが家で仕事をする」ことが嫌な旦那さんも世の中にはおられるようで(少なくとも私達の世代には)。実際、友人の旦那さんの中にもそういう方はおられます。

ウチの旦那さんに関して言えば、そういうことはないのでした。
もの凄くお腹が減っていたり疲れていたりする時、すぐに食事の支度ができなかったりすると不機嫌になることはありますが、だいたいにおいて「好きな仕事なんやから好きなようにやり」というスタンスです。
でも、日々の生活のお手伝いは「風呂掃除」だけですけど(←しつこい<自分)。
旦那さんの中に、「好きな仕事をやっているんだから」(多少家事が大変でもしょうがない)という気持ちはあると思います。何と言っても、まだまだ「一家の大黒柱は夫」的社会的雰囲気の中で育った人ですから。それに、旦那さんの方は、ゴルフだったりカラオケだったりで発散しているとは言え、「大嫌いな末端管理職的根回し仕事」と日々闘っておられますのでね(職種自体は嫌いではないようですけど)。そういう姿を見ているもんで、私も、ついつい「好きなお仕事している私が家のことをしなくちゃ~」と思ってしまう訳です(実はそれがヤツの狙いか??)。子供がいたら、そう寛容にはなれなかったかもしれませんけど。
というわけで、私が目の色変えて納期と戦っている隣の部屋で、旦那さんはお笑い番組など見て気楽に笑っていたり、自分の仕事をしていたり(どこまで働かせる会社やねん)する訳です。ので、私も、精神的にはわりと気楽です。
あと、ホラ、2足の靴下も同じ場所で脱げないヒトなので(ていうかそれ何で?)、家の中が多少散らかっていても何も言いません(ていうか気付いてないのか?) 何事もキチンとしないと気が済まない旦那さんだったら、こうは行かんかったやろな~と思います。ずぼらでよかった(でも、靴下は同じ場所で脱いでね)。

それから、これは仕事とは関係ないですけれど、私の両親の介護についても、かなり助けて貰いました。休日の運転手くらいですけど、それだって、自宅→母病院→父施設の三角形返上移動にバス電車乗継を必要とするペーパードライバーの私には大助かりでした。旦那は「2人の両親は2人で看る」という考え方らしく、そこらへんは私も同じ考えなので、根幹のスタンスの刷合わせ作業(?)をする必要がないのは助かります(なので、今後旦那両親の介護も2人で頑張るわけですけど<妹いますが病気)
この年になると、双方の親の介護に対する考え方に温度差があるって結構しんどいよな~と思います(知人の話を聞いたりするとね)。

ま、そんなわけで。
ホント、見栄えのしない旦那さんなんですけど、今にして思えば、「好きな仕事をすることに対して嫌な顔をしない」&「介護に協力的である」という、かなり大事な2点についてヒットしましたので、それ以外の些細なあれやこれやの不満は我慢しようという気になるのでした(靴下もね)。
というのはSayoの見解であって、旦那さんには又別の意見があろうかとは思いますが。
でも、正直、時間がある時にもうちょっと「教育」しておけばよかったな~とは思う。フィギュアスケートについては厳しく「教育」し、ファンに改宗させたのですけど、厳しく躾ける(?)ところを間違ったよなあ。

今頃、職場でくしゃみしていることでしょう。
2012.04.27 12:31 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示