FC2ブログ
2012. 05. 01  
28日(土)

 医薬分野の翻訳者の方とお会いする機会があり、大阪まで出掛けて行きました。新装成った大阪駅を見るのは、実は今回が初めて。何だか、色々立派になってしまって、違う「大阪駅」に来たみたい(確かに建物的には「違う」大阪駅なんですけど<単に田舎者なだけ)。20年くらい前までは、友人との逢瀬のために、最低年2回は出てきていたんですけどねえ。連休初日ということもあってか、かなりの人出で(それは単にSayoの基準に照らしての「かなり」で、大阪はいつもこんな感じなのかもしれません)、人に疲れてしまったのでした。
 ご一緒した方は、MARUZEN&ジュンク堂にはまだ行ったことがないとのことでしたので、ランチ後、茶屋町のジュンク堂へ(今にして思えば、よく辿り着けたよな~と思います)。途中、阪急古書の街の入口(?)が見えて、学生時代よくお世話になった身としては、「まだあるのね~♪」と嬉しくなってしまったのでした。そう言えば、昔よくお世話になった旭屋書店本店さんは昨年末で閉店されてしまったのですよね。調べてみたら、建物老朽化による建替えのための一時閉店で、だいぶ先になりますが新装開店されるようで、ちょっとほっとしました。
 ジュンク堂は、一日かけてゆっくり廻りたい場所なのですが、2人ともそこに辿り着くだけでかなり疲れてしまっていたので、その日は、本命の「医学・科学・洋書」の階だけを見て廻りました。ご一緒した方の方が医薬翻訳歴は長くていらっしゃるので、「なかなか便利」という本を何冊も教えて頂きました。お財布とも相談し、その日は、すぐにも役に立ってくれそうな「日英対訳 原典収載 GMP・ICH医薬用語事典」(株式会社じほう 3800円)だけ購入しておきました。
 しかしながら。
 帰宅後、教えて頂いた書籍等を確認して「ほしいものリスト」に入れるものは入れておこうとAmazonさんに立ち寄った結果、ついつい買い物にまで進んでしまい、ちょっと、えーと、買ってしまったのでした。関係ないものまで。ホントにあのサイトは麻薬だわ。その買い物の結果は、また別途報告します。
 色んな意味で、やはり、私は、年だけは喰ったけどまだまだだわ~、と思った1日でした。

29日(日)

 月曜日に出掛けるために1日仕事。量もそう多くはなく緩めの納期を頂いたんですけど、その分野(?)の適語を探し出すのに意外に苦戦。夜中まで働きました(単に、昼間うだうだしていただけという説もある)。ので、旦那は野放し(それはそれで危険や~)。

30日(月)

 どうしても「りんくうアウトレット」に行きたい! と駄々をこねる旦那さんに付き合って、車で「りんくうプレミアム・アウトレット」まで。旦那さんは服を買うのが大好きです(時々散財しようとするのがヤバいですが、自分で服だの靴だの買って来てくれるので、ある意味楽ではあります)。帰国してからアウトレットまで足を伸ばすのは実は初めてだったので、何だかとても懐かしかったのでした。ただ、季節外れものは凄く安かったですが(ので、私もちょこっと買い物してしまいました)、旬(?)のものはあまり安くなっていないものが多く(それとも、探し当てられなかっただけ?)、旦那さんはちょっと期待外れだったようです(一応、激怒する奥さんの図は頭の片隅にあるみたいで、彼としては可愛く買い物してました<次は竜王の三井アウトレットパークを狙っているようです<まあ、我が家のことですから、次はいつになるか分かりませんが)。ちょっとだけ買い物して、早々に退散。連休中ということで、人は多かったですけど、たいした渋滞にも合わずに帰宅することができました。帰宅後、再びお仕事(昨日最後まで辿りつきましたので、今日はチェックのみです)。夜無事納品。

1日(火)

 銀行2件訪問。1件は我が家の用事(を済ますには旦那さん本体が必要だったのでした<会社は6日までお休みのようです<時々出勤してますけど)、もう1件は実家の残務処理。その後、実家へ向かい、私は「畑仕事おばさんスタイル」で草引きに精を出し、その間に、旦那さんに、「燃える」「プラスチック」「燃えない」「リサイクル」に仕分けしておいた、4ヶ月間の週1片付けで発生したゴミを、清掃センターまで持込み廃棄に行って貰いました。大型ゴミの引取りを自治体にお願いする場合は、事前電話予約が必要で(実際の引取りは2~3ヶ月先)、1回6点まで(年間4回まで)という厳しい決まりがあるんですが(え? それって厳しくないですか?)、車での持込みは、平日(祝日可)16時までであれば(&車検証を提示して市民であることを証明すれば)、いくら持ち込んでも構いません(あまり多いとお金を取られますけど)。ので、年4回くらい、旦那さんにお願いして、実家を片付けて出たごみを清掃センターまで持って行って貰っています。
 しかし。
 何ぼ片付けても、実家はちいとも片付かんし(何ぼほどガラクタあるねん)、雑草は引いても引いても生えてくる。何なん、この生命力(その元気、ちょっと分けてほしい)。これから数ヶ月は、雑草(&ヤブ蚊)とのバトルの日々です。父の蔵書という難敵もいるので、いちおー、実家の片付けは3年くらいを予定しています。ぼちぼち頑張ります。
 夕方から、連休後半分のお仕事の原稿を読み、ネットで調査。そう言えば、昨年はどこからも忘れられて暇してたっけ。お仕事を頂けたことに感謝しつつ、明日から仕事に掛かります。
NEXT Entry
義父母
NEW Topics
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
「翻訳者のなり方・続け方」(翻訳フォーラム)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR