屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

先月人間ドックを受けました。そう、
「風邪引いて咳が止まらないけど、胃カメラ飲めるかしら~」
と心配していたあの時です。

殆どの結果はその日のうちに分かるので、
午前中検査→昼食→先生の講評(?)の順番でコトが進みます。

惚れ惚れするような美しい脂肪肝で動脈硬化の始まっている
どの方向から誰が見てもメタボな旦那は、
先生にけちょんけちょんにされたのですけれど、
私の方は、小さな不具合はありましたが、
「奥さんは去年と大きく変わったところはないから、
もっと運動するようにだけ努力して現状維持ね」
ということでちゃっちゃっと終わったのですね。

で、やれやれと思っていたのですが、
先日届いた結果表では、
その旦那が全て「要経過観察」止まりだったのに対し、
私の方が眼底写真で「精密検査要」になっていたのでした。

メタボな(←しつこい)旦那に負けるなんて~!!

とか悔しがっている場合ではなく。
「昨年より視神経乳頭陥凹の拡大が見られ、
緑内障の疑いがありますので、眼科を受診してください」
って、もっとあせらなあかんで、自分。

緑内障はひと言で言えば「視野が狭まり最悪の場合失明に至る(!!)眼病」です。
球形の眼球の後部の視神経が出て行く箇所だけが微妙に窪んでいて、眼圧が上昇した結果、その部分に掛かる圧力が特に高まり、視神経が圧迫→傷害され、該当する視野が欠けるということのようです。「陥凹の拡大」とは、つまり、「窪み大きなってまっせ」ということですね(「要精密検査」の結果を受けて、いちおー、勉強してみたりなんかしたのだった)。
「眼圧が上昇した結果」と書いたとおり、通常は眼圧の上昇を伴うのですが、
私、以前から、眼圧は至って正常です。今回も正常範囲です。
特に視野の欠損も感じません。
でも、「正常眼圧の緑内障」ってのも存在するようですし、ごく初期には自分では視野の欠損が検知できない場合もあるようですから、「私は大丈夫♪」と放置するわけにもいきません。
第一、大事な商売道具(?)が障害されてしまっては、
大好きなお仕事が続けられないではありませんか。
(まあ、そうなるより、介護による廃業の方が早く来るような気はしますけど)
昔々、「芸能人は歯が命」というCMが流行ったことがあったと思いますが、
何と言っても「翻訳者は目が命」(<目だけじゃないけど)ですから。

ということで、仕事の合間を縫って眼科に向かうSayoです。

裸眼&持参した全ての眼鏡(近視用&老眼用)で視力検査をした後、視野検査(専用の検査機使用)。ここまではスタッフの方がやって下さいます。その後、先生の診察です。眼圧測定後(今回も正常範囲でした)、まず棒状の検査鏡(種類の異なる2本→ちょっと調べてみましたが、直像鏡と倒像鏡の2本と思われます<そう言えば、子供の頃こんな棒で眼の検査したよな~という淡い記憶があります)で眼底検査。その後、機械を用いてもう一度眼底検査(たぶん)をしました。

結論から言うと、
「緑内障ではないでしょう」
とのことでした。

左眼の視神経乳頭も多少陥凹していて、右眼のソレはもう少し陥凹しているらしいんですが、緑内障と診断するほどの凹みではないそうです(眼圧も視野検査も正常だしね)。ただ、今後緑内障に進行(?)する恐れがないとは言えないので、年1回は、今回と同等の検査を受けた方がよいらしい。「たぶん、来年のドックでまた引っ掛かると思うから、そうしたら又いらっしゃいね~」と送り出されました。費用は、3800円ほどでした。ソコソコなお値段の参考書が1冊飛んで行った勘定です(<比べる基準がおかしくないか?<自分)

本当に健康(いろんな意味で)第一だよな~と、
しみじみと思ったのでありました。
取りあえずひと安心して仕事に戻っております。
2012.06.13 12:46 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(2) |

鍵コメント**さま、

ありがとうございます。
初期の緑内障は「つきあっていく病気」ということは頭では分かったつもりでいたのですが、やっぱり、「違う」と言われてホッとした自分がいましたです。

病気も怪我も痛みも、ついついないのが「当たり前」と思いがちですけれど、こういうことがあると、こうやって普通に動けることに感謝しながら生きていかないといけないよな~と思います(そして、咽喉もと過ぎると・・・という節もある)。

お互い色々無理をしてきているのは確かですので、これからは、身体も気持ちもうまくメンテしながら、長く付き合っていきましょうね。あ、ご主人様も(追加、ウチのとども)。

コメントありがとうございました!

2012.06.15 20:02 URL | @ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.06.15 17:26  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示