屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

平凡な日々を過ごしています。

というと、英会話教室の先生に ”Every day is special!”と言われてしまうのですが。

お仕事はボチボチと頂いています。
ほぼ切れ目なくという感じなのですが、だいたい比較的納期がユルい案件なので、ついついだれてしまい(贅沢な状況で、隙間時間を活用されている方にはホント申し訳ないです)、毎日お仕事をしている感じです。昨年新たに登録した翻訳会社さんが、このように概して納期比較的ユル目の案件を下さるのは(たまにタイトな案件を頂いて四苦八苦することもありますが)、登録の際、「介護がありますので、1日平均処理量は少な目です」と申告したから&「ユル目の案件投げとくと、期限内にそれなりにキチンとした原稿を提出してくる(だといいな~<希望的観測)」ことが分かって頂けたからかな~、と勝手に考えています(父が亡くなったことはご存知ですけど)。他の方からすれば、今の量/納期は、「長くやっとってそれはないやろ」なものに違いないのですけれど(なので、恥ずかしくて量は口にできない)、訳出前の調査にも訳出中の調査にも(ほぼ)納得できる時間が掛けられ、(気持ちだけですけど)ちょろちょろと勉強も続けられる今の状態、個人的には「いい感じ♪」ではあります。てことで、これからも気を抜かず頑張ります。

月~木はだいたいそんな感じで、だれ~と(たまに死に物狂い)仕事をし(買い物には出ますけど)、金曜日は(今、何となく金曜朝イチ提出サイクルが続いているのでした)大物の洗濯をし、ちょっと念入りに拭き掃除などし、午後は要外出の用事を済ませながら、英会話教室へと向かいます。で、先生に「週末何してた?」と尋ねられて、「いつも通りやった」とか「特記事項(??)なし」とか答えて、”Every day is special.”と諭される訳です。若いイケメンの先生をいじめ・・・もとい彼女のために教育するのが楽しく(←おばさんの発想です)、毎週楽しく通っています。あ、でも、カレは、洗い物とか掃除とか全然抵抗ないみたいですね(取りあえず一人暮らしの今のところはってことですが)。ウチの旦那とは、材質(?)が違うらしい。

で、週末は、1日はお仕事日とし、もう1日は実家の片付け(今は主に雑草引きですが)に当てています(どちらの曜日がどちらになるかはお天気次第です)。日曜日実家の場合は旦那を動員し(正確には旦那の運転で行くんですけど)、大物の剪定などして貰います。
先日、やっと実家の登記上の所有者になったのですが、そうすると、現金なもので(?)、「綺麗にしておこう」という気持ちが一気に失せてしまったのでした。それまでは、心のどこかに「父からの預かり物だからキチンとしておかなければ」という気持ちがあったのですが、今では、雑草引きも剪定も「預かりもんちゃうし、先々売るんやし、テキトーでええか」と超アバウトになりつつあります。それでも、空家ということでご近所さんに迷惑が掛かってはいけないので、いちおー、毎週様子を見に行っては、ちょこちょこと引き引きしていますけど(仏壇もあるし、お線香もあげないとね)。そのようなわけで、もとから停滞中の屋内片付けは、さらに鋭意停滞中。
父が亡くなってから半年余り、せっせと食事介助に通った日々は遠い昔のことのような、ついこの間のことのような。早いんだか遅いんだかよく分からない時の歩み(←ちょっと感傷的)。

とはいえ。
今年ももう半分終わっちゃったよ。
後半はもう少し「だら~」を引き締めて行きたいと思います(でも、蒸し暑いのですでにだら~)。そのためにも、計画停電は是非是非回避して頂きたいのでした(<いや、だから何の関係もないし<自分)。
2012.07.03 21:09 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示