屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

してきた今日この頃。

明けて2012年」の記事で

>積読制覇(まあ無理やろ<今から弱気でどうする<自分)。
>「Clinical Physiology 」(再読音読)終了(現在5分の2あたりをウロウロ)、
>「理系なら知っておきたい化学の基本ノート(有機化学編)」(再読)終了、
>「Medical biochemistry」(再読音読)終了。
>「年末アマゾン」の「Basic & clinical pharmacology」まで手を染めたいですが、
>たぶん無理でしょう。
>「Medical …」の3分の1くらいで討死しそうな気がする。

と今年の抱負を書きましたが。

積読制覇目標その1「Clinical Physiology」の残ページ枚数が約70ページとなり、やっとゴールが見えてきたのでした。まあ、一部さらっと飛ばしたり黙読したりした箇所もありますが。再読を始めたのは去年の梅雨の頃だったような気がしますので、1年以上掛かってのゴールでした。季節柄(?)「周回遅れ」って感じですかね。

その積読制覇目標その2の「理系なら知っておきたい化学の基本ノート(有機化学編)」は、時間のある時に再読を進めていますが、生化学自体が、個人的にはあまり興味の持てない内容なので(←あくまでも個人的にってことです、念のため)、ほぼ右から左に抜けていっている感じ。ノート取りながら詰まりのない配管のように綺麗に抜けて行くという、まるで粥状動脈硬化の徴候の全く見えない健康な血管状態、それもどうかと思う<自分。

これは個人的な考えですが、医薬翻訳の基本は解剖学、生理学、薬理学。これに医療統計と規制に関する大まかな知識を加えれば、専門的な内容でない限り、かなりの分野を広く浅くカバーできるんじゃないかと思う。翻訳はいずれにせよ、少なくとも、原稿に何が書いてあるかある程度は分かるというか。というわけで、時間のある時にちょこちょことこれらのテキストの通読を進めています。生理学と薬理学の間に生化学を挟み込んでいるのは、多少なりともコイツの辺縁を理解してからの方が、薬理学も理解し易いかな~と(勝手に)思うからなんですけれど(<結構「分かってないとイヤ」という性格)、仕事でもお目に掛かることはないと思われますし読んだら眠くなるし暑いし、ヤル気全然湧かないんですけど。

「理系なら知っておきたい化学の基本ノート(有機化学編)」は、書店で少し立ち読みして「生理学のテキストと被る部分が少ないからいいかも」と思って購入してみたものです(たいていの「よく分かる生化学」的な本は生理学の内容と被っている部分が意外と多い<ので、生化学すっ飛ばしても大丈夫なんちゃうか~と思わんでもないですが)。今は「生化学は製造業にこんな風に役に立っているのよ」的視点からの記述が多く、今イチ興味が持てなくて、もうホント挫折しそうなのですが、後半部分には「製薬ではこんな風に用いられているのよ」的記述があるようなんで(<って、再読ですよ、再読<そこまで綺麗に忘れていてどうするよ)、もう意地になって最後まで読み通します。その頃には、たぶん秋風が吹いていることでしょう(<もしかして木枯らし?)。

「Medical biology」はその表題が示す通り医薬分野に特化した内容と思われますので、もちっと性根を入れて勉強します(いつになるか分かりませんけど)。やっぱり「Basic & clinical pharmacology」は来年以降、いやもしかしたら再来年かも。それまで仕事続けられますように。

自己満足のような気がしないでもないです。何と言ってもすぐに直接仕事に結びつく訳ではないですから。「仕事に直結」という面から考えると、ネット等で入手可能な専門文書を(ターゲット言語で)多読してその文体に馴染む作業を行なう方が生産的だろうなあという気がしないでもありません。実際の仕事は、同系統のものでない限り、調べまくりの「その時付け焼刃」的な部分が多いのも事実だし。でも、やはり、体系的な知識を得ることは、目に見える成果はなくとも無駄ではないと思いたい(少なくとも、多くの場合、調査を正しい方向に導く手助けにはなってくれているような気はします)。
「医薬翻訳者」として仕事をしていくために、どの段階で、どんな勉強をどんな風に進めていくかというのは、家族構成だったり自分や家族の健康だったりその時々の人生における優先順位だったり、様々な要因の影響を受けると思いますし、個人個人の性格との相性もありますので、100人いれば100通りのやり方があってもいいのかなと思います(<おお、強引に持っていくねえ<自分)。私は、先にも書きましたが「分かっていないとイヤ」な人間なので、基礎的から入って体系的に勉強したのは、振り返ってみれば、自分にとってはよかったのかなと。まあ、完全にすっ飛ばしたというか視野の外だったので、統計だったり規制だったりにかなり苦しめられることにはなりましたが(今も苦しんでますが)。

うーん、何を書きたかったのかよく分からない記事になってしまいました。
多分に猛暑の影響を受けていると思われます。ご容赦ください。
ああ、今日も暑い。寝室の隅っこで頑張る私。プチ就職。
オリンピックも始まったし、大変大変(?)
2012.07.28 15:21 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示