屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

断っておきますが(断る必要もないか)、決して五輪観戦のみに明け暮れている訳ではなくですね、ぼちぼち仕事もしていますし、それなりに勉強も続けています。

がしかし。

今Sayoを悩ませる一番の問題は「初盆」なのでありました。

4年前の伯母(同居の父姉)の初盆は、母との関係が一番大変な時期だったので、何もしませんでした。とゆーか、初盆ということすら忘れていた私を、伯母ちゃん許してね。
昨年の母の初盆は、実家でお盆にやっていたのを思い出しながら、お盆期間中、仏壇の前に小机を置いて、乾物やお菓子のみ供えて終わりにしました。

今年もそれで乗り切ろうと思っていたのですが。
父方の遠い親戚から「初盆はきちんとしてあげないと」というお言葉があり。
「きちんと」というのは、翻訳すると「ちゃんと初盆の用意をして、お寺のご住職に実家に棚経参りに来てもらいなさい」という日本語になります。
両親が健在だった頃は、毎年お盆に棚経参りをして頂いていたのですが、ここ数年は色々ありましたので、お断りしていたのですね。それを、もう一度こちらからお願いする以上、ある程度きちんと「初盆の準備」をしないといけないよな~と、ネットなど調べてみましたら、うっ、結構大変かも。

どこまで準備するか悩みましたが、基本母の時と同じ感じのお供えにし、ご住職が(実家に)来て下さる日だけ、お膳や果物などの生ものを用意することにしました。電気ガス水道はまだ引いていますけど、食器やキッチン用品はかなり処分しましたので、精進料理はこちらで作ってタッパに詰めて持参する予定。生ものはその日のみお供えします。
お膳は、本当は四十九日まで使用したお膳を流用できるようなのですが、恥ずかしながらそんなことも知らず四十九日後に処分してしまいましたので、1回限りのことなんで金の亡者のSayoとしては随分悩んだのですが、楽天さん経由で購入しました(自宅で初盆をする場合は、葬儀社さんにお願いすると一式用意してくださるようですが、ウチは、仏壇や位牌は実家にあり、しかもそこには誰も住んでいないという変則型なので、「全部用意」はしないことにしました)。

そんなわけでですね。
棚経参りの12日まで、ちょっと気が抜けなかったりするのでした。
しかもですね。
本来なら初盆は7日に始まるものらしいのですが(で、15日まで)、まだ実家に行けてないし(これも、ご住職以外のお参り予定者(?)は私と旦那だけなのでできる技ですが<明日準備に行ってきます)。
不肖の娘をお許しください。

しかし、便利な世の中になったもので。
インターネット様がおられなんだら、
初盆には太刀打ちできなかったでありましょう。


最後に、ご参考まで。
私は既に他家の嫁の立場ですんで(なので実家に仏壇を置いている訳なんですが)、旦那実家に実家の仏壇を持って行くについては、心臓に毛が生えた私でも、流石に「それはまずいやろ」と思います(それもまた古い考えなのかもしれませんが)。そういう時はどうすればいいのかということを、位牌を作った仏壇仏具店さんで聞いてみました。
実家は浄土宗、旦那実家は浄土真宗で、微妙に違いはありますがもとは一緒ということで、旦那了承があれば(旦那実家のお寺さんにきちんと伝えた上で)旦那実家の仏壇に両親の位牌を納めることは可能だそうです。或いは、位牌は実家のお寺に納めて過去帳だけ持参するか。或いは、仏壇ではなく飾り台のようなものを用意してそこに位牌と過去帳をお祭りするか(と言って、仏具店の店員さんは、店頭に飾られた飾り台の方に意味深な視線を送るのであった<はいはい、ウチで買ってってことね)。仏壇はお性根抜きをして普通に処分です。

ていうか、その前に実家の処分だよね。
うっ、面倒くさ。

ていうか、その前に女子サッカーと女子バレーの応援だよね。
(たぶんレスリングで力尽きるでしょう)
2012.08.09 19:23 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(4) |

鍵コメント様、

まいどです~。いつもありがとうございます。

初盆の棚経参り、無事に終わりました。自分で思う以上に緊張していたのか、次の日久々に偏頭痛が来ました~(内科の先生から頓服を頂くようになってからは、使い物にならないほどひどくなることはありませんが)。
私も、色々仕切ったのは伯母の時が初めてで、その時は本当に右も左も分からなかったですが、「葬儀社は結構頼りになる」というのが正直な感想です(御礼の金額はこちらで決めないといけませんが)。伯母を実家の墓に入れてよいかどうかということも、その時教えて頂きました。

実家のお墓、ウチも、父が結婚前に建てたものなので、年月を経てかなり痛んでます。旦那と「何とかせなあかんなあ」と話をしていたんですが、父の納骨時に、お寺に出入りしている石屋さんにお聞きしたところ、「よかったらウチでやります」と言って下さいました。内容はどこまでするかにもよるようですが、墓石を新しくするだけだと10~20万くらいだそうです。決してお安くないお値段ですが、涼しくなったら、見積もりをお願いしようと思っています。実際に作業をする前には、住職にお経を上げて頂かないといけないようですけど(お墓の魂抜き?) また報告致します。

バレーボール、嬉しかったので、思わず自分で自分の記事にコメント入れてしまいましたよ。その後、竹下選手が入籍済みだったと知り、またビックリです。なでしこも、選手はやはり悔しいんだろうなと思いますが、私も、よい試合だったと思います。

ではでは。夏祭り、頑張って下さいね!

2012.08.14 15:12 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.14 09:00  | # [ 編集 ]

おおっ、bettyさんだー。お元気でしたか?

そうなんですよ~。普段信心の欠片もなさそうな旦那も、「浄土真宗は何でもアリや」と胸を張ってます(そこ胸張るところか? from妻)。そこのところ、浄土宗は少し厳しいみたいですね(私も、実はよく知らないのですが)。伯母は生涯未婚だったので、何の問題もなく実家のお墓に入れたんですが、「離婚して戻った」という状態だったら、そうスンナリは行かなかったらしいです(←これは葬儀社さんが教えてくれました)。
今日、お迎えの準備をして干菓子だけお供えしてきました。もうひと頑張りしますわ~。
何かと厳しい(らしい)浄土宗ですが、お寺さんのご住職自身はとても気さくな方で、よく「故人を忘れず思い出してあげるのが一番の供養なんですよ」と仰って下さいます(その分奥様がきっちりしておられて、ある意味バランスが(?)取れている)。bettyさんも、お祖父様のこと一杯思い出してあげて下さいね。

ではでは。
暑さに負けず頑張りましょー。

2012.08.10 23:18 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

お久しぶりです^^

私の父方祖母も初盆を迎えますが、浄土真宗なので特になにもしないみたいです。御供えくらいはすると思いますが。

ちなみに、父方のお墓に、嫁いで家を出た私はおろか、浄土真宗ではない夫も入ろうと思えば可能だとか(裏付けリサーチはしていませんので、間違った情報でしたらスミマセン)。

哀しんだり想ったりしている暇、無いですよね、忙しすぎて。祖母の時、つくづく思いました。
無事に仏様を迎えられますように・・・

2012.08.10 22:13 URL | betty #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示