屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

遥か昔、某社「ノンフィクション翻訳講座」に通学していた頃、先生に
「Sayoさんの訳文は冗長だね」
とよく言われたものです。
「解釈は間違ってないんだけど、説明過多気味」

そのクラスでは、自分の担当箇所の訳文を人数分コピーして行って、それに対して皆が
「その解釈は違う(その根拠はこう)」「どうしてそういう訳文になるのか」
等々ひたすら議論するという形を取っていたので
(なので、担当箇所でなくても、かなりの下調べが必要で、正直タフなクラスだった)、
他のクラスメートの訳文を目にする機会が何度もあったのですが、
中には「アナタ、何故ここに生徒として??」というような
磨き込まれた訳文を挙げてこられる方もおられて
(さすがに、その方は、共訳書も含めその後何冊も訳書を出しておられます)、
自分の訳文と比べて何度どん底まで落ちたか分かりません。
同じ英文からの訳文なのに、ぬりかべのような私の文章と違って、
リズムのある歯切れのいい文に仕上がっているというか。
メタボな旦那(←私の訳文)と比較した、
SP時のV6の岡田準一クンの鍛え抜かれた身体(←その方の訳文)というか。
分かり易い比喩でしょ(旦那本体をご覧になれば一目瞭然かと思いますが)。

どうも、つい、懇切丁寧に説明に走ってしまう癖が、私の訳文にはあるようでした
(性格はそんなに親切ではないはずなんですが)。
自分には書籍翻訳は向かないと思った理由のひとつです。


その「冗長さ」とはまた微妙に違うような気もするのですが、
実務翻訳に落ち着いてからも、
「つい親切に説明に走ろうとする」自分の暴走(?)をどこで喰い止めるか
という見極めはとても難しいと痛感する毎日を続けています
(を10年以上続けている、ある意味進歩のないヤツです)。

一応、文(時に文節)単位で、
「足さない、引かない」の訳文作成を心掛けている積もりではありますが、
時に、原文が不親切だったり新奇な方法について述べていたりして、
そのままの訳では「意味不明やん~(<少なくとも自分にとっては)」
な場合は、どうしても、「親切に走るわよ」魂がうずきます。

で、つい「こういう訳で言葉を補って訳しました」
とコメントを要する訳文を作成してしまうわけなんですが、
その「補完」は本当に親切なのか、
実は、事情をよく知る読者には「大きなお世話」以外の何物でもないんじゃないかと、
後でじめじめと悩んだりするわけです(秋雨の季節ですからね)。

翻訳会社さん経由でやんわり「不要よ」クレームを頂いたことはないので、
取りあえず、今の状態で宜しいのかなと都合よく考えるようにしていますが。
(間違っていたらすいません)

実は、前期の治験翻訳の英訳講座でも、
単語だったりフレーズだったりを、かなりばさっと「不要」認定されてしまったので
(あっても間違いではないということで、赤入りなかった部分もありましたけど)
「英訳でもアレコレ説明してしまう自分」を改めて再認識したのでした。

というわけで、最近、心の中で「冗長冗長」と唱えながらお仕事しています。
そうしたら、先日(医薬翻訳とは関係ないですが)
「冗長ビット」という言葉と遭遇してしまい、
微妙に心臓に悪かったりしたのでした。

あ、本ブログの文章は、概ねとても冗長です。
少ない息抜きの1つなんで。見逃してやってください。
2012.09.18 20:12 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

レモネードさん、まいどです~。

「間違いではないんだけど」冗長、結構厄介ですよね~。
私も小心者的先回り的コメントの付け方をすることが多いので(<減らす方向で努力はしています)、もしかして性格似ているかもしれませんね。正しい文章がさくさく読めるはずのところに置き石をする冗長は、訳文として問題ありなんだろうなあと思うのですが、普段の仕事で、そこまで推敲に推敲を重ねることはなかなか難しい(いや、言い訳ですが)。長年培ってきた冗長クンとの戦いは、まだまだ続きそうです。上手く宥めて仕事してくって感じになるんでしょうか。「冗長ビット」クンは全然悪い子ちゃんじゃなかったんですけどねえ(と理解しています)。

問題の(?)通学講座は20年も前のものなんです。
その後は、医薬分野の通信が6ヶ月と、先月記事にした通学講座が5ヶ月くらいでしょうか。

20年前は、「とにかく行けるだけ上のクラスから入って仕事に繋げたい」という気負いがあって、選抜試験を受けて運よく(後で聞いたら結構ゆるゆるの基準だったみたいですけど)上級クラスに滑りこんだはいいけど、周りは本当にできる方々ばかりで、自分の中にいつも「自分はクラスメイトさんに同レベル認定されてもらっていないんじゃないか」的不安があって、それも辛かったです。本当は全然そんなことなかったんですけど(それは暫く受講していると分かりました)、英語力も翻訳力も基礎がなかったので、自分に自信がなかったんですね。若さで押し切った(=最後まで受講した)感じでした。今なら、長い目で見れば、基礎を受講して勉強の仕方をび、暫く自分のやり方で勉強して、上の講座に戻るという選択肢もありだったかもと思います。

今は、心臓に(ある程度の)毛も生えたので、ディスカッションでもはったりきかせることができると思います(<・・・ていうか論点がずれてるし)。レモネードさんも、当時の私と比べれば、実力と年の功(ごめんなさいね<でも当時の私よりは年上でいらっしゃいますよね)で全然OKと思います。

> ではではまたお邪魔させてくださいね!

いつでもいらしてくださいね。

2012.09.19 13:36 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

同じく私もです。
以前に翻訳会社からのフィードバックで、
「全体的に訳文がやや冗長」との指摘を受けたことがあります(T T)。

もちろん原文にないことを付け加えることはありませんが、
Sayoさんのおっしゃるように、まだ定訳のないような新奇なものの場合とか、
あと、原文の意図を的確に表現しようとするあまり、模索しすぎていつのまにかtoo muchになっていることがよくあります。
私の場合は、原文に対する理解が足りず、自信のなさのあらわれなのかなとも思います。

コメントの付け方も悩みますよね。クライアント様への申し送りはもちろんなのですが、翻訳会社の校正担当者からつっこまれる(?)前に予め説明しておこう、というチキンな(?)考えからコメントをつけていることも多いです(^ ^;)

お互いに冗長癖をいい具合に矯正できるといいですね!

ところで、Sayoさんはいろいろと通学講座を受講されていらっしゃるのですね。
↑のようなディスカッション形式の授業は私には心臓に悪くてとても無理そうです・・・。

ではではまたお邪魔させてくださいね!

2012.09.19 09:45 URL | レモネード #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示