FC2ブログ
2012. 10. 01  
状態です、左目が。
より正確には、左目の白目部分が。

うさちゃんは大好きなので、うさちゃん状態に近づけるのは嬉しい・・・とか言っている場合ではなく、ハッキリ言って、鏡を見る度に自分でも「ホラーやなあ」とため息の出る今日この頃。軽快しては出血し・・・を繰り返してひと月になります。

これは結膜下出血と言って、結膜下の毛細血管が破れて出血した状態です。
Sayoの場合、左目の鼻側の血管が脆くなっているらしく、
内側半分の白目部分が真っ赤になっています。
(下手なホラーよりずっとホラーチックです)

Googleなど調べてみると、underlying causesが別にない限り、放っておいて大丈夫というか、基本放っておくしかないようです。血腫ができて微妙にごろっと感がある以外は特に症状もないし、視力にも影響ありません。

とはいえ、旦那さんがとても気味悪がるんで、ちゃんと眼科には行きました。
先日「緑内障疑診」でお世話になった目医者さんね。
素人見立て通り、放置可能の結膜下出血でした。

「放っておいても大丈夫」とのことでしたが、一応、止血薬&ビタミン剤(内服)、抗菌点眼剤(クラビット)を出して下さいました。
でも、駄目だね~。ちょっと軽快したと思うと、また出血する。
1週間を1サイクルとして、金曜夜あたりから出血が始まり月曜朝頃までに最高潮に達し、少しずつ出血が引いていくという感じ。ストレスや疲れが関係するという説もあるのですが、確かに、金曜夜は疲れもMAXの状態ではあります。
その他に、結膜弛緩症といって、結膜の一部が垂れ下がり、それが原因で結膜下出血を起こすこともあるようです(これは、手術で治癒することも可能らしいですが)。結膜弛緩症は加齢とともに発症頻度が増大します。まあ、お肌のたるみと同じってことね。お肌だけじゃ足りねえってかよ(怒)。

と、うさちゃん目でちょっとやさぐれているSayoです。

皆さんも目には気をつけてくださいね。
NEXT Entry
マイ辞書
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Re: タイトルなし
鍵コメント**様、

まいどです~。ご心配ありがとうございます。
今回自分が赤目になって初めて分かったことなのですが、皆さん、結構「赤目」を経験されているようです。かなりの方から「私もやったことがありますよ」とのお言葉を頂きました。自分も周りも気味悪い状態なので、早く軽快・終息してほしいです。旦那さんなんか、最初の頃、びびって腰が引けてましたからね。

> お肌だけじゃたりねえってかよ

はですね、私の赤目がそれに該当するかどうかは分からないんですが、「加齢とともに結膜もたるんで瞬きの度にこすれて出血する可能性もある」というような記事を読んだんですよ。思わず「結膜もたるむのかよっ(怒)」と思ってしまいました。

加齢とともに、身体だったり記憶能力だったり、様々な箇所にビミョーにガタが出てきますよね。
お互い、自分の身体も大事に致しましょうね。

コメントありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
Nobaraさん、まいどです~。
お見舞いありがとうございます。本当に、結構目立つんっすよ、コレが。
贅沢は言いませんので、早くフツーの目に戻ってほしいです。
ひどい時は、もちろん、1時間毎に鏡を覗いてため息ついておりましたよ。
ネットで色々調査していたら、「急な赤目にびっくりして海外旅行を直前キャンセルした」というような記事があって、結果から言えば勿論そんな必要はなかった訳なんですが、「その気持ちよう分かるわ~」と思ってしまいました。
ごぶさたしてます~。

ブログ巡回をしばらくしてなくて、お見舞い申し上げるのが遅くなりましたm(_ _)m

赤眼、目立つから気になりますよね。わたしなら、1時間ごとに鏡をのぞき込んでいるパターンです。きちんと診断していただいたなら安心かと思いますが。

どうぞお大事に。可能なら、よく休まれてくださいね。
Re: タイトルなし
え~! リスノさんもなんですか!!
すぐに治ってよかったですね。私は、今日、銀行の窓口のお姉さんにも「どうなさったんですか」と指摘されてしまいました。ホント、早く普通目に戻ってほしいです。翻訳者は目が命と言いますものね(<言わない言わない<自分)。お互い、身体大事に致しましょう。
ではでは。

こんにちは。私も偶然、先週同じ症状が出ていました!
右眼の外側で、近くに来た娘だけが気づいた程度で、3日ぐらいで自然に完治しましたが、鏡を見るのがこわかったです。ほんと、ホラーですよね~。
早く治りますように!
Re: タイトルなし
Marikoさん、まいどです~。

有益情報ありがとうございます!!
きちんと診察して下さったので、その点は安心しているのですが、頂いたお薬(1週間分)は、今のところイマイチ「効いてる感」がありません。なので、もう少し様子を見て、あまり状況が改善されないようなら、薬剤師さんとも相談して葛根湯も考えてみますね(子供の頃、風邪を引くと飲まされたようなかすかな記憶が・・・)。何にしても、とにかく見た目が凄いので、世間様のためにも早く軽快させたいです。
ではでは。
放っておいて大丈夫なタイプの赤目ですと、葛根湯の服用が効くようです。以前知り合いの薬剤師さんにおしえてもらいました。

でも、眼科でしっかりと診てもらってお薬も出してもらったから安心ですね。お大事になさってください。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR