屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

* 10月29日拙ブログ「リンク」ページに「新・翻訳者つれづれ日記」さん(KYOKOさん)を追加しました *


なぜか分からないが、来た。
もちろん、自分的に「大型案件」ってことですが。

毎年、12月末~3月末の時期には、こんな私でも100枚(仕上りベース400字/枚)を超える案件を頂くのですが、今年は、は、早すぎる。喪中葉書どうしよう(<心配はそこかよ<自分)。

それでも1報200枚超という案件は、私にとっては未開拓の地でありますので、ちょっと攻めあぐねて疲れている今日この頃です。って、まだ始まって日が浅いんですけど。とはいえ、こういう大型案件の常で数回分納なので、あまりノンビリもしていられません。

2つ下の「これから」という記事で、「無理はしない」とか書いたばかりで、確かに日単位の平均処理必要枚数的には無理のない納期を頂いたんですが、なかなか思うとおりにはいかない今日この頃です。ぱらぱらと要外出の用事ができてくるという不可抗力(?)に加え、慣れているはずの分野の不慣れな内容(?)にとまどい、今、心を入れ替えて「材料強度学」と「疲労力学」の基本に取り組んでいます。原稿にも「アンタ、本当に医療機器様?」と八つ当たり的に怒りをぶつけてみましたが、もちろん、返事はありませんでした。

現在、この案件は、我が家では、コーディネータさんの「キリストの贖罪級に重い案件ですいません」という言葉をお借りして「贖罪案件」と呼ばれています。先は長いですが頑張ります。更新の間が開いたら、「贖罪案件に負けているらしい」と思ってやってください。

次回は、贖罪案件に負けず(希望的観測)、「Micro」(Michael Crichton & Richard Preston)のレビューの予定です。うっ、佳境。1人、殴り倒してやりたいくらい憎たらしいヤツがおるねん、悪役以外に。
2012.10.27 14:59 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |

レモネードさん、まいどです~。

いやいや、実は少し前に原稿頂いていたりなんかしていて・・・(汗)

分納には、
「このファイルをいつまでに、残りをいつまでに」(複数ファイル案件の場合)
「いついつまでにできたろころを、残りをいつまでに」(1案件1報で少し大き目)
「**回分納で、納期と各回の量はSayoさん設定してください」
の3パターンがありまして、今回はパターン3です。
自分のペースで設定できて多少ラクなはずなんですけど、はずなんですけど、はずなんですけど・・・(以下フェードアウト)

でも、数年前、「こうやってちまっとしたお仕事を時々させて頂いて生きて行くのね、私の人生」と思っていた時期があったことを思えば、こういう形でストレスにさらされる今の状態は、本当に幸せなことよね♪ とちょっと初心に帰ってみたりしました(一瞬)。てことで、今日もぼちぼち頑張ります。

おお、「大奥」既読でしたか。個人的には、あの徹底的な逆転はやっぱり無理やろ、と思う部分もありますが、あの逆転劇を思いついたということが、ホント凄いな~と思います<よしながふみさん。

「銀盤のトレース」早く届くといいですね。老眼に優しいポイント数なので、私でもささっと読めました(?)。で、何度も読み返してます。

ではでは、また。

2012.10.30 12:17 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、1回目の納品お疲れ様でした(kyokoさんのブログ経由で・・・)。
まだ始まって日が浅い案件と言われていましたが、早速の分納開始だったのですね!
私のほうはいまだ入稿の気配なく・・・(; ;)。
そんなこんなで(?)、この仕事が終わってからと思っていましたが、
「銀盤のトレース」の続編2冊、ポチッと購入してしまいました。
時間ができれば勉強すればよいのに、
どうしても楽で楽しい方に流れてしまう自分です。
あ、大奥も全巻持ってます。

お忙しいところ、たびたびお邪魔して失礼いたしました。
引き続きお仕事頑張ってください^^

2012.10.30 10:58 URL | レモネード #- [ 編集 ]

レモネードさん、まいどです~。

「重い」っていうのは、(ファイルの)サイズ的に重い&物理数学部分が「重い」って意味だと思います。たぶん、こういう試験に慣れた方/実際にされていた方でしたら、お茶の子さいさい案件ではないかと思うのですが。私も、破壊試験は機械の時にも何度かやってますが、物理の基礎がきちんと入っていないので、いつも思わぬところで足をすくわれます。コーディネータさんに信頼して頂けているとしたら、それは「(取りあえずこれまでは)納期をぶっちぎったことがない」という点と思うのですが・・・今回不安(本当に、さくさく行く時は訪れるのか??)。

> 医療機器の非臨床案件と依頼され、
> ラットやマウスやうさちゃんを想定していたところに届いた原稿は設計検証で、
> 材料疲労特性などなどてんこもり・・・ということ、私もありました^^;

何だか、レモネードさんとは、依頼される文書の系統(?)が似てますね。
私も、設計検証とか疲労試験とか、ふだん結構多いですよ~。

私は、分納後の最終修正は少ない方だと思うのですが、それでもぽつぽつと訳語変更とか出てきますし、面倒臭いっちゃあ面倒臭いですよね。訳語によっては、「この文脈ではAだけどこの文脈ではBの方が適切」というものもあって、一括置換掛けられないものもあるし。それでも、WORD2010になってから、検索窓が出せるようになったので、検索も置換もずい分楽になりました。・・・そうは言っても、200ページを頭から最終チェックすることを考えると・・・今から頭痛いです。
とはいえ、長い案件だと分納でほしいというコーディネータさんの気持ちも分かりますし、もしかしたら、分納することで少し長めの納期が頂けているのかもしれないと思うようにしています。

修正原稿、入稿しましたか? レモネードさんも頑張ってくださいね~。
ではでは。

2012.10.28 12:09 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、お疲れ様です。
コーディネータさん自らが「重い案件」と言われるくらいなのですから、
Sayoさんが大きなご信頼を受けておられるのがよくわかります。

医療機器の非臨床案件と依頼され、
ラットやマウスやうさちゃんを想定していたところに届いた原稿は設計検証で、
材料疲労特性などなどてんこもり・・・ということ、私もありました^^;

分納は長期案件のつらいところですね。訳語の変更とか訳文の改善とか、私はすごく細かいところで修正が多いほうなので、Noとは言えないけどできれば分納避けたいです。
そのうちにペースが掴めてサクサクと作業が進まれることと思いますので、
そこまでひとまず頑張ってくださいねp(^ ^)q

かくいう私もいま、度重なる原稿の差し替えで作業保留状態で、じみ~に焦っております。受注当初、十分にあると思っていた納期もいたずらに減っていき、もうどうにでもなれ~と半ば諦めつつ状況を見守って(?)います。

ではでは、お互いゴールを目指して頑張りましょ~。

2012.10.28 09:01 URL | レモネード #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示