屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

という硬いタイトルの割にはユルい記事です。


「自宅で翻訳の仕事をしています」と言った時、さすがにひと昔前のように「優雅な仕事やね」と言われることは(ほぼ)なくなりましたが、「家にいて好きな時にできるからいいわね」と言われることは多いです。「毎日出勤の必要がなく、嫌いな人と上手く付き合う必要もなく、自分の采配で時間配分をして都合のいい時間に仕事ができて、それなりの収入がある」という感じで捉えられる方が多いようです。でもって、日当たりのよい雑然と片付いた(?)部屋で、お洒落な部屋着を着てお洒落な老眼鏡(??)を掛けお洒落なBGMの下きりっと仕事に励み、夕方にはその日の仕事を終えて夜は優雅に自分の時間を楽しむ毎日を送り・・・って、これは私の願望というか妄想ですが。

パソコン椅子の上に胡坐かいて仕事してますが、それが何か?(その姿勢が一番楽なので)
くたびれたジャージの上下の上にくたびれたカーディガンを羽織って(もっと寒くなると旦那の古いコートが登場する)仕事してますが、それが何か?(<いい加減に買えよ<自分)
冷暖房完備(冬、夏の順です、念のため)の屋根裏で、翻訳とは無関係な様々なモノたちに囲まれ、肩身狭く働いてますが、それが何か?(小さい回転窓ではなくもちっと風の通る普通の窓がほしい<それ以上多くは望みません)
外出の必要がないというより買い物に出る時間もない時がありますが、それが何か?(道を渡ったところにLAWSON、200mほど先に小さなスーパーがあるのでホント助かってます)
忙しい時は昼も夕方も夜も、ついでに深夜も働きますが、それが何か?(なので午前中は使い物にならない<何の罪もない宅配便のお兄さんにもメンチ切る)

現実とのギャップに凄い違和感を感じて、「全然違うんですよ~」とムキになって説明していた時期もありましたが、この頃では、「そうですね~、へへへ~」で済ますことも多くなりました。年を取って面倒臭くなった+何言われても大して気にならなくなったようです(それは、ある意味「暴走老人」への道を突き進んでいる訳で、危険っちゃあ危険なのですが)。

そんな私の「翻訳をする人」との始めての遭遇は、曾野綾子さんの「太郎物語」。太郎君のお母さんが翻訳者で。詳しい内容はもう忘れてしまいましたが、太郎君のお母さんは、決して格好よくはなく、膏薬貼ったり息子に肩を揉んでもらったりしつつ時には文句かましながら、でかい英英辞典を傍らに地味に頑張っておられたような気がする。そんなわけで、私の「翻訳者」のイメージは「地味に黙々と(文句垂れながら)仕事に励む太郎君のお母さん」。夢見る必要とかなかったわけです。

そんな私のこの頃の「翻訳をする人」の淡いイメージは、こんな↓感じです。

実はそれなりにうまく人付き合いができる。
人付き合いが好きかどうかはまた別として、翻訳者として仕事をしていくために、相手ときちんとお付き合いできることは必要だと思うのです。だって、「会社」という後ろ盾がないわけですし。殆どの場合、メールと電話だけで関係を築いていかなければならない訳ですし。「きちんとした人だが、多少ユーモアを介し、メールなり電話なりで相談しやすい」ということは大事だと思うのですね。ということで、それなりの期間それなりに翻訳のお仕事をされている方は、それなりに人付き合いがうまい人ではないかなと思ったりするわけです。私はですね、上手いは「?」ですが下手でもないかなと思います。(ごく)たまにはユーモアもかまします。普段のブログがこんな感じですので。と言っても、こちらから広く積極的にお付き合いを広げていくことは苦手なんですが(小心者なので)。

それなりに自分を律することができる。
いやいやいや、と仰る方も、皆さん、計画を立ててそれなりに自分を律してお仕事していらっしゃると思うのです。だって、ある程度まとまったお仕事を頂いたら、どれくらいのペースで働かないと納期に間に合わないかざくっと計算しないといけないし。そこに子供さん関連の用事とか実家関連の用事とかその他の雑用+不測の事態+NHK杯(??)が入ってくるわけで。それらをこなしながら仕事をするには、「計画を立て自分を律する」ことが不可欠だと思うのです。立てた計画に対して、夏休みの宿題のように、「毎日少しずつ進めて行く型」「基本ラストスパート型」という違いはあるかなとは思いますが。

運動不足の可能性はあるが健康にはそれなりに気を使う。
・・・というのは、まあ私の場合ですが。だって身体が資本だし。身体を壊して休むほどに収入が減るし。旦那さんのように休業補償はないし。自分の身体は自分で守るしかないわけで、運動不足・体力不足のSayoとしては、とにかく疲れを溜めないようにするしかないわけです。なので、暇があれば寝ます(でも不眠症)。夏の終わり頃は、気候がよくなったらウォーキングでもしよーかなー、とか思ったりしていた訳ですが、そうこうする間に世間はまたまた宜しくない気候になりつつあるようなのでした。

どうやら腰痛持ちが多いらしい。
統計を取ったわけではないので間違っている可能性もありますが(根拠のない狭い身の回り情報)。座り仕事ですから、実際に「多い」と聞いても納得はできます。50過ぎると朝起きる時辛くなってまいりますので、どうぞくれぐれも腰にはご注意ください(まあ、私には数度の「ぎっくり」前科があるんですが<背筋鍛えろよって話です<自分)


そんなこんな、優雅とは程多い毎日のSayoなのであった。
今日はこれからお歳暮を贈りに行って、夜は「相棒」みながら喪中葉書書くぞ~。
2012.11.28 12:50 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |

Yasukoさん、まいどです~。再訪ありがとうございます!

私も正座もしますよ。背筋も伸びて何となく「腰に優しい」感ありますし。結構長時間座っていられます。でも、パソコン椅子の上で正座をすると、思い切り座高が変わってしまって椅子の高さを直さなければならないのが難点なんですよね~。で、気がつくと、いつしか胡坐に戻っているのでした。いずれにしても、人様には見せられない姿です。

そうそう、エプロン便利ですよね。私も玄関近くに常備です。

私の場合、もちろん緊張感はないんですが、ユルいというか、旦那に「女を捨ててる」と言われることすらあって、それはそれで逆に問題だよな~と、いちおー自覚はしています(でも、宅配便に関して言えば、「佐川男子」系のイケメン兄ちゃんは来てくれんしなあ<でも、皆さん気持ちのよい方です)。来年は、もう少しだけメリハリをつけた生活にしてみたいな~と思ってみたりしていますが、今の生活、私も好きですよ。

皆さんにご心配頂いた「贖罪案件」は無事終了しました。応援ありがとうございます。次のお仕事も頂けたのですが、納期ちょっと配慮頂けましたので、週末はお掃除と喪中葉書書きに勤しむ予定です。今晩も、「大奥」見ながら書くぞ~! てことで(?)、Yasukoさんも、どうぞ風邪には気をつけてくださいね。

ではでは。

2012.11.30 17:37 URL | Sayo #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは!

先日は私のコメントへのお返事、ありがとうございました。

作業スタイルについてですが、SayoさんはPC椅子に胡坐なんですね。
私はPC椅子の上に正座です(笑)いかにもおばあちゃん、です(汗)
足を延ばしたり、いろんなカッコで座っていますが、正座が一番長いと思います。

そしてもちろんタラタラ部屋着です。なので宅配のお兄ちゃんが来たときは、それはもう大変です。とりあえずエプロンして、タラタラ部屋着を隠しつつ、さも忙しく家事をしていたフリをして出ることにしています。
 
歳をとっても外で働いて、きりっと緊張感を漂わす女性になりたいと思ったときもありましたが、今はやっぱり在宅が一番だなあ、と思っています。続けていくにはユルさも必要ですよね。

風邪が流行っているようです(少なくとも名古屋では)。ご自愛されて大型案件頑張ってくださいいね。

2012.11.30 15:44 URL | yasuko #- [ 編集 ]

レモネードさん、まいどです~(相変わらず朝から使いものにならないSayoです)。

結局、他人の仕事を多少理解するには、「ある程度近くで見てみる」&「それなりの想像力」が必要なのではないかなと思います。例えば、「看護師は大変」「介護職は大変」ということを耳学問的に知ってはいましたが、何と言うか実感?したのは、実際に両親関連で身近で見させていただくようになってからです。てことで、想像力薄い人にはナンボ説明しても上手く伝わらないと思うので、「へへへ~」でいいんじゃないかと思います。

時給効率(コスパ)の問題は「深い」ですね。
ただ、これは「自分はどんな立場か」ということも関係してくるので一概に語れないなと思います。例えば、私は収入的には「主婦の副業」的立場(あくまで金銭的な、という意味ですが)なので、マクロとかの効率追求に対する真剣度は調査に掛ける執念よりは低いです(私もアナログなんで)。でも、「その収入が世帯を支える本収入」ということになれば、もっと切実に「コスパ向上」を試行錯誤しなければならなくなるだろうと思います。

>「自分は訳出後の推敲は1回しかしない。数値等の単純なタイポは訳者の責任なのか? それは翻訳会社の校正者の仕事ではないのか?」

というのは又強気なご意見だな~と思いますが、翻訳というのは「成果物のみで判断される」職業ではありますので、推敲1回でもきちんとしたものが納品されていれば、それはそれでいいのかなと思ったりも致します。タイポの責任等についても「これが正しい」という正解はなく、個人個人の考え方になるのかなと思います。個人的には、その1文字にも対価がある以上、「きっちり転記する」という姿勢で臨みますが。確かに校正者の方はそういうミスを拾ってくださる訳なんですが、「だからいいでしょ」的に仕事をすると、私の場合、他の部分でも「だからいいでしょ」的ミスをしてしまいそうで怖いです。上に書いておられる方は、「自分の仕事はここまで」ときっちり分けていらっしゃる感じがあり、「翻訳」という部分では本当にきっちりとしたお仕事をされるのかなと思います。要は、「翻訳をする時私はこう」という部分を持っていらっしゃればよいのでは。それは、人によって微妙に違うものかなと思います。でも、「きちんとした成果物が納品される」という結果に繋がるのであれば、それでよいのかなと。うーん、答えになってないですね。すいません。

私も、散漫なレスになってしまって申し訳ないです~。
このあたりは、私も、普段突き詰めて仕事をしている訳ではないので。
ま、また、フと思いついて、「私の場合はこうなんですが~」的にユルく記事にするかもです。検診無事に終わられるよう祈ってます(でも、45を過ぎると、色々「きます」ので、お身体には気を使ってあげてくださいね<あ、あくまで個人的経験ですが)

2012.11.29 13:19 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、おはようございます。
私は未だに時給にすると情けないほど安いです(涙)。
まぁ、自分で選んだ道なので今更文句は言えない(引き返せない?)のですが。

この仕事を始めたころ、本気か冗談かはわかりませんでしたが、「あなたが翻訳したものをワープロで入力するバイトをさせてほしい」と複数の友人からよく言われました(汗)。つるの恩返し状態で一人仕事部屋に缶詰めで、もちろん人様を雇うような身分ではないですし・・・。一体、翻訳者に対してどんなイメージを抱いているんだろう・・・と、なんだかわからないけど優雅な翻訳家(!)というイメージを打破するために、「いわゆる文芸・映像翻訳ではなく実務・技術翻訳なんですよ~」というところからまず説明してみるのですが、それも次第に面倒になり(^^;)、私もSayoさんのように「へへへ~」で済ますことが多くなりました。

話は戻りますが、時給効率のことを考えると本当に落ち込む毎日です。でも、個々の案件で妥協したくないので、調査や推敲などできる限り時間をかけてしまいます。ずっと以前に偶然拝見した翻訳者さんのブログで、(納品後に入力ミスを指摘されたことに対して)「自分は訳出後の推敲は1回しかしない。数値等の単純なタイポは訳者の責任なのか? それは翻訳会社の校正者の仕事ではないのか?」という意見をお見かけしてから、私もそういうスタンスで仕事をすれば効率があがるかな~と思うことがありました。訳文チェックもPC画面上のみで推敲時に一切プリントアウトしない方もおられ、分野、訳者によって作業スタイルが異なることはわかっているのですが、だからといって私のような学歴も専門知識もない者が最低限の品質管理を怠ってしまえばすぐにこの業界から淘汰されてしまうでしょうから、どうしても見直し推敲に時間をかけてしまう、とても臆病な自分がいます。このあたりは何らかの支援ソフト、マクロ等の導入の必要性があるのだと思いますが、ローテクな自分には大きな課題の一つです。うまく言えませんが、仕事も良い意味で上手な手抜きが自分には必要なのかなと思います。時間等制約のあるなかでできることには限りがありますからね。

「時給」の部分に反応してしまい、考えのまとまらないままコメントしてしまってすみません。
これから市のメタボ検診に行ってきます! 病院では白衣高血圧になってしまうので、まずはこの小心の性格をどうにかしたいです^^;
ではでは~。

2012.11.29 08:01 URL | レモネード #- [ 編集 ]

Nobaraさん、まいどです~。
先程無事に今日のMissionを終了して帰宅しました。

時給の話は私も一時期よくしました。「コンビニの時給よりも安いですよ~」って。たいてい吃驚されました。今でもいい勝負しているかも(それはそれで、生産性という面で問題があると自覚はしている)。

あ、私も、宅配便のお兄さんにガンつける時は、流石にコートは脱ぎますよ。それでも十分よれよれの格好ですけど。でも、家の中なので暖かくてラクなのが一番ですよね。

>  わたしも太郎物語、好きでした。それと、今夜の相棒、楽しみですねー。欠かさず観ています。また語り合いましょう♪

そうでしたか! 「太郎物語」かなり古い作品なので、ご存知の方は少ないかなと思ってました。もう文庫本も手放してしまったので、「翻訳者のお母さん」の記憶も曖昧なのですが。TVドラマでは確か岸田今日子さんが演じておられたと思うので、「太郎君のお母さん」というと岸田今日子さんの顔がぱっと浮かびます。
ではでは、また。「相棒」に向けて雑用片付けます。
Nobaraさんも色々大変なご様子ですが、自分のできる範囲で無理をして倒れない程度に頑張ってくださいませ(・・・っていったいどんな励ましなんだろう・・・<自分)

2012.11.28 18:19 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

 どうも(ペコリ)。

 たぶん10年ほど(それ以上かな)前ですが、「時給にしてどのくらい?」という、きわめて現実的な質問を受けたことがありましたっけ。もちろん、コンビニ等の時給に遠く及ばないころの話です(涙)。

 あと、わたしの冬の屋内防寒着は、綿入り袢纏です。宅配便のお兄さんが来たときは、さすがに恥ずかしいので慌てて脱いでます(^_^;) イメージもへったくれもありゃしない。でも一番あったかいんですもの。手放せません。

 わたしも太郎物語、好きでした。それと、今夜の相棒、楽しみですねー。欠かさず観ています。また語り合いましょう♪

2012.11.28 15:03 URL | nobara #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示