屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

寝室のエアコンが反乱を起こしたのだった。
というか、リモコンONしてもウンともスンとも言わない。

まあ、私はまだエアコンがなくても全然平気なのだが、暑さに弱く寒さに弱い(単に根性がないだけとも言う)旦那が「早く修理して貰って」と泣くのだった。

というわけで、Sayoとしては、諸事情により、この寝室のエアコン(の室外機)には手を付けたくなかったのだけれど、仕方なくメーカーに修理をお願いした。


前にもどこかで書いているかもしれないが、Sayo夫婦は、昭和の終わり、すなわちバブル弾けた頃に建てられた中層マンションの最上階に住んでいる。2階層続きのメゾネットという、それだけ聞くと小洒落た造りは、当時流行ったDINKS向けのものだったのかなと思ったりするが、主婦の立場からすれば、使い辛いことこの上ない。
我が家は二等辺三角形を真ん中で縦割りにしたような形で、1F部分にDKと居間、2F部分に廊下を間に挟んで5畳ほどの板敷きの部屋が2間という作りになっている。玄関を入ったところに、畳2畳分ほどの吹き抜けがあり、その吹き抜けにアメリカ帰りの旦那が惚れ込んでしまったのだった。
でも、(特に)主婦の皆さん、よく考えてみてほしい。二等辺三角形縦割りということは、どの部屋も片側の壁は斜めということだ。斜めの壁に沿って家具は置けない。じゃによって、我が家では食器棚は居間にある。ここには動線などという言葉は存在しない。洋箪笥は置く場所すらなく、旦那実家で活躍中。
1Fよりさらに小さい2Fの二部屋には普通の左右に開け閉めする窓を設置する余裕すらないため、腰から上の高さに小さな回転窓(各1)があるきり。それでも、片方の部屋の窓の外に1 m x 2 mほどのスペースが設けてあるのは、「ここにエアコンの室外機を置きなさい」という施工者の温情と思われる。というわけで、必然的にスペースのある側の部屋が寝室となり、私はもう片方の別の意味で冷暖房完備の部屋で仕事に励んでいる。


と長々書いてきたけれど、要は、「室外機の設置が大変だった」ということが言いたいわけで。作業員2人で設置に来てくれたのだけれど、回転窓を外してまず1人が外に出た状態で、もう1人の作業員と旦那が室外機を窓の高さまで持ち上げ、3人掛かりで何とか室外機を室外に出したという壮絶(?)な過去がある。

エラーメッセージから判断すると、今回の故障の原因は、どうやら室外機にあるらしい。
ということは、修理担当者さんに、危険を犯して回転窓の外に出て貰わないといけないということだ。

電話の際、室外機設置場所の危険性について説明し「体格のいい方は出られないかもしれません。あと、高所恐怖症の方もヤバいかもです」と老婆心を付け加えておいた。

そうしたら、本当に「僕、事務所で一番細いんです」という青年が来てくれた。
しかも、彼は、回転窓を外さずにその間から楽々と外に出て行ったのだった。
若造、なかなかやりよるわい。
しかし、切分けにて問題アリと思われた基板は持参したものと型番が合わず、後日交換ということになった。
それが火曜日の話。

そして木曜日。
今度は別の作業員さんが、「いちおー」と命綱など持参して再交換に訪れた。
全く、どんな家やねん。
そうして今度は無事正しい型番の基板と交換されたのだけど、不具合消失せず。
基板の先にある冷暖房のガス流を切り替える弁のところで詰りが生じているという。
その修理代は、「5~6万掛かりますので、買い替えをお勧めします」ということだった。

そうして、作業員さんは、
「不具合が直ってねえのに修理代を頂くわけにゃあ参りません。修理代は購入の足しにしておくんなさい」
という決め台詞(?)を残して、命綱とともに去っていったのだった
(あまりにも申し訳ないのでチップだけは取って頂いた)。

というわけで、早晩、我が家ではエアコンを新調しなければならないようなのだった。
寝室は寒く、懐も寒い今日この頃である。
2012.12.06 18:38 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(4) |

nobaraさん、まいどです~。

>  この手のものって、なんでいきなり壊れるんでしょうね? 

本当に。「もう駄目かも」サインを出してくれると心の準備ができますのにね。ウチは、次はオーブンや居間のエアコンあたりがやばそうです。夏だと、回転窓のみの寝室では冷房なしでは干からびてしまうので、「試運転したら暖房できませんでした」の方がまだ許せる感じです。エアコンがやってくるまで、寒波が来ないことを祈ります。nobaraさんも、お身体大事になさってね。

2012.12.06 23:30 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

 こんにちは。
 この手のものって、なんでいきなり壊れるんでしょうね? うちでも去年、居間の唯一の暖房であるガスファンヒーターが急に壊れてしまって買い換えました。寒い中、ヒーターがつかなかったときの、あの情けなさが、まざまざとよみがえりました。どうぞお大事に。 

2012.12.06 22:48 URL | nobara #- [ 編集 ]

Baba-nekoさん、まいどです。

> 業者さんが修理代とらなかったのが良心なのか営業なのかわかりませんが

正直なところ両方かなと思いますが、出張費は取られて当たり前かなと思っていたので、嬉しかったですね。一昨日の「若造」君も今日の「命綱」兄さんも気持ちのよい方でしたので、直らなかったのはがっくしですけど、まあよしとしましょう。今のエアコンは9年選手なんですけど、例の室外機は雨ざらし、吹きさらし、直射日光という過酷な環境に置いていましたので、ここらあたりが寿命なのかもしれません。
baba-nekoさんも、暖かくしてお仕事なさってくださいな。ではでは。

2012.12.06 21:38 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん。きっと昭和のど真ん中あたりの私の同世代かと思います。お疲れ様でした。
業者さんが修理代とらなかったのが良心なのか営業なのかわかりませんが、やっぱり昭和な心としては良心ととりたいよね。
今日は我が家地方は暖かかったですが、この先は冷え込む予報。どうぞ風邪ひかないように。

2012.12.06 19:51 URL | baba-neko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示