屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

翻訳関係に絞って振り返ってみました。

総括

自分の中で、初めて「在宅翻訳者した」と思える年だった。
前半はぽつぽつ失業したが、後半はほぼ切れ目なくお仕事を頂いた。
もちろん、そこは「My処理量」での「切れ目なくお仕事」なので、
全体量は聞かんでやってください。


反省と改善とそのまま継続点

[全体]

ネットサーフィンしたり、五輪の結果やフィギュアスケートの結果(速報)に一喜一憂したり、昼過ぎから深夜まで、だらだらと仕事をした。来年は、も少し全体のメリハリをつけ、なおかつ多少朝型にシフトして仕事をしたい(つーか、今からやれよ<自分)。

[仕事の仕方]

自分は特に何かに秀でているわけではないと思う。強いて言えば、しつこく調べきちんとチェックし納期に遅れないという、ごく基本的な部分で評価頂いているのではないかと思う。来年も、手を抜かずこのまま行きたい。その状態を継続するには、平均処理量は当面今のままで行くのが妥当と判断する。欲は出さないように自戒すべし。

[知識獲得]

自習
医学の基礎と考える分野の知識を継続して積み上げる、というのがここ数年の課題。今年は「ガイトン」2巡目を終え、生理学までは「どこかでお会いしたことありますね」と思えるくらいにはなったかなと思うが、生化学で足踏み中。来年も継続予定。これは性格的な問題もあろうかと思うが、個人的に「こうだからこうなる」が分からないと何となく気持ちが悪い方なので、自分にはある程度の基本が絶対必要と考える。というわけで、老眼に鞭打って勉強の日々は続く。

外部講座
父の四十九日を無事に済ませてハイになった勢いで説明会に申し込んだ月イチ講座をまだ続けている(2月に終わるので、その後、前回のようにちまっとまとめます)。自分の作成物を他人に客観的に見て貰う機会はなかなかないので、もう暫く続ける予定。講師先生が、説明会で、「和訳、英訳のどちらから始めるのがベスト?」という質問に対し、「今やりたいと思っている方から」のような返答をされていたが、当時の私の「勉強したいマイブーム」は英訳だった。そんな訳で、英訳講座受講中。

[翻訳全体]

具体的な時期を決めているわけではないが、「翻訳という仕事を辞める」ことを念頭に置きながら作業をするようになった年だった。40代は、仕事を減らせば介護とも両立でき、自分の中にも、少し勉強を頑張れば遅れは取り戻せるはずという気持ちがあった。しかし、50代を目前にして急激に体力が低下し、50代(特に後半)に、これまでと同様に、仕事を減らして2つを両立させる自信はない。そこで数年仕事を休めば、休んだところからの再開は、体力的にも精神的にも難しいと考える。よって、次の生活の激変が、仕事の辞め時になると考える。そこまで少しでも長く、仕事が続けられますよう。「仕事ができることは幸せ」なのだということ忘れずにいきたい。

[同業者との交流]

ブログを始めた昨年、何人かの同業者の方と、コメント欄やメールを通じてのお付き合いが始まった。2年目の今年、ちょっと勇気を出すと、そんな感じでユル~くお付き合いさせて頂く方の人数が増えた。
私は、例えば初対面者の集まりなどでは「話しやすい人」「真面目に見えて面白い人」と思われることが多いらしいが、自分から積極的にお付合いを開拓していく方ではない。ここ数年は、実家のこともあり、面と向かっての人付合いに関して言えば、引き篭もりに近い生活を続けていた(もともと出無精です)。そんな生活は、ある意味ラクだが、視野を狭め、「自分」という物差しで全てを推し量ろうとする危険な方向に向かう恐れがある。外部講座に出席しようと決めた気持ちの根底には、無意識のうちに、そのような危機感があったことも関係しているのではと思ったりする。

で、何でしたっけ、そうそう、同業者の方との交流でしたね。
そんな私に、ブログを通じての交流は、外に目を向ける、外に出て行く取っ掛かりを与えてくれたような気がする。ま~、根拠のない予感だけど。来年、どんな風に進んで行くのか分からないが、こうやってお知り合いになった方々とのお付合いはユル~く大事にしていきたいと思う。

[翻訳者的健康]

体調は、どこがどうというわけではないが、微妙に低調(もちろん、普通に仕事はできますし、日々の雑事も普通にこなせる程度のプチ不調です)。更○期の不定愁訴感もあるけれど。それでも、夫婦&義父母みな、それなりに元気で過ごせた1年だった。来年は、もう少し積極的に体力の底上げに取り組もうかと、ちょっと真剣に考えている今日この頃である。取り急ぎ、この慢性的な腰痛をなんとかしたい。


ということでですね。
最後は真面目に〆てみましたが、「屋根裏通信」は、来年も、概ねもっとユル~いいつもの感じで続いていくと思いますので、来年も時々遊びに来ていただければ大変嬉しいです。

そんなわけで、読みに来て下さった皆さん、
本当にありがとうございました。
少し早いですが、健やかに良い年をお迎えください。
2012.12.28 12:13 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |

わ~い、komakoさんだ~。
私もこっそりお邪魔させて頂いているので、気分は「まいどです」なのです。

komakoさんは、「よい翻訳とは」「きちんとした英文を書くには」を考えて本を読んでおられるようなので、私の方こそ「積読解消」などとても参考にさせて頂いてます。レビューも分かり易いし(まあ、アマゾンほしいものリストに放り込んで満足することは、世間的には「参考にする」とは言わないかな、という気はしますが)。

以前、「足腰の強い翻訳者」ということを仰っておられましたよね。いい言葉だなあと思いました。お互い、「足腰強い翻訳者」を目指して頑張りましょう。

こちらの方こそ、翻訳に関する記事少ないブログですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。どうぞよい年をお迎えくださいませ(コメント投稿時間が、かなりアレ(どれ?)な時間になっていました。あまり無理なさらないようになさってくださいね)。ではでは。 

2012.12.30 11:39 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

sayoさん、こんにちは。コメントさせていただくのは初めてかもしれません(いつも読ませていただいているので初めてな気がしませんが・・・)。

ワタシも「ガイトン2巡目・・・」とか言えるような勉強を来年はしたいなぁ、と思っております。今は簡単な本をガツガツ読み飛ばしておりますが、もう1歩突っ込んだ勉強をしたいのですよね。その前に押さえなければいけないことはたくさんあるのですが、来年後半ぐらいからは、骨のある本をゆっくり丁寧に読んでみたいなぁ・・・。
sayoさんはお仕事も勉強もとても丁寧にじっくり取り組まれている印象を持っております。目標にさせていただいてます、勝手に(笑)。

また来年もブログの更新を楽しみにしております。よいお年をお迎えくださいませ。

2012.12.30 04:11 URL | komako #- [ 編集 ]

Bettyさん、まいどです。
その後、色々少し落ち着かれましたか。
年末にコメントさせて頂こうと思っていましたら、先を越されてしまいましたね(年末までにお邪魔させて頂きます<って、すでに年末のような気もするんですが)。

> フリーランス=定年が無いと思っていたので、ちょっと衝撃でした。

ダイジョブです。基本、定年はないと思います。
敢えて言えば、自分で決めた時が定年と思います。
私の中では「納期までに自分が納得できるレベルの翻訳が提出できなくなる可能性が高くなる時」が定年で、それは次の介護が始まる時かな~と思うだけの話で。言い切っちゃってますけど、案外、「まだ行ける」とか言っちゃって、往生際悪くあがいたりするかもです。

Bettyさんは、まだお若いので、「辞め時」など考えず、どちらかと言えば、これから10年、翻訳人生をどうやって開拓していこうかと考えられたらよいと思います。お父様の介護があっても、まだまだ両立できますって。突っ走ってみたい(自分の力でどこまでできるか極めてみたい)気持ち分かりますが、「思い切り突っ走らないで、でも息長く翻訳の仕事をする」という選択肢もアリかなと思います。とにかく、「辞め時」を考えるのは、概ね50歳を過ぎてからに致しましょう。

これからも色々なことがあるかと思いますが、Bettyさんは、まだまだ人生これからですよ~。
あせらず、少しずつ行かれたら宜しいです。翻訳の仕事という点では、まあ、老眼・体力との闘いはありますが、50代になってから花開かれる方もおられますしね。人それぞれなんで大丈夫。本文は、あくまでも、Sayo's caseです(と最後までエラそーなSayoなのだった)。

ではでは。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

2012.12.28 17:51 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Yasukoさま、まいどです~。

>ユル~い意味合いですので、引いたりしないでくださいね

ダイジョブです。私の方もユルくお友達モードですので。
こちらこそ、このような真面目な時とそうでない時の落差の激しい、「我が道を行く」ブログをご訪問頂けて、本当に有難く思っております。こちらこそ、来年もどうぞ宜しくお願い致します。
Yasukoさんも、どうぞ良いお正月をお迎えくださいね。ではでは。

2012.12.28 17:27 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは。
いつかは温かいコメントをいただきありがとうございました。
本当に嬉しかったです。


>「翻訳という仕事を辞める」ことを念頭に置きながら作業をするようになった

フリーランス=定年が無いと思っていたので、ちょっと衝撃でした。
私も自分の健康にはあまり自信がありませんし、近くに住む父の持病の進み具合から介護の必要な時期が早まりそうな予感大だし、自分の家庭のことだってあるし・・・思い切り仕事に突っ走れるのって、案外短い期間なのかもしれないと、Sayoさんの文章を読みながら考えてしまいました。

さっさと就職活動(トライアル受験)に向けて進まなければ。

私も今年の総括を記事にしたいのですが、頭の中がぐっちゃぐちゃです^^;
家の大掃除をしたら幾分気持ちもすっきりしたような気がするけれど。


今年も残りわずかですが、お体に気をつけて
どうぞ良いお年をお迎えください。

2012.12.28 17:24 URL | betty #- [ 編集 ]

Sayo様、

今年最後の記事アップのようですので、一言ご挨拶を。

しばらく読み逃げしていましたが、カミングアウトしてコメントにお返事など頂いてからは、勝手にお友達になったような気がしております。(ユル~い意味合いですので、引いたりしないでくださいね。笑)

来年も遊びにこさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。

ご家族の方々と良いお年をお迎えくださいね。

2012.12.28 15:49 URL | yasuko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示