屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

というカテゴリを作ってみたりなどしました。

(医薬)翻訳について「伝えたいこと」のカテゴリ、というイメージです。

ふた親を送り、自分も50の大台に乗った昨年の後半、家族の状況やら自分の体調やら、つらつらと考えることが増え(誰かの体調が特に悪い、という訳ではありません<念のため)、「あとどれくらい仕事を続けられるか分からんよなあ」としみじみした時、初めて「自分の経験&そこから得たものを次世代の方々に伝えておく」ことを考えました。

と言うと偉そうですが。

私は、もともと、そんな風に改めて「伝える」ということは苦手なのです。
決して出し惜しみする訳ではなく。
なので、自分の経験しかお話できないと思うのですが。

読んでみて、「そこ、頂き♪」な部分があれば、
遠慮なく断りなくナンボでもかっさらっていってください。

ただ、明日から即お役立ち的な実用的な情報はないかなと思います。
自分が長い時間を掛けてコツコツ試行錯誤したり考えたりしてきたことなので。
そういう「実際的役立ち情報」は他に書いて下さっている方がたくさんおられますし。

もちろん、そういう「コツコツ」法がよい、という訳では決してありません。
ただ、自分の性格や家族構成やその時々の家族や自分の状態には
あっていたかなと思います。

その方法が、性格も立ち位置も家族構成も異なる方に
そのまま役立つとは思えませんが、
参考にして頂ける部分はあるかもと。

でも、自分自身の立ち位置さえ時と共に変化していく訳ですから、
翻訳者になるための勉強、翻訳者として仕事を続けていくための勉強は、
その時々の状態に合わせて微妙に修正していくべきものなのでしょう。
要は「こんな翻訳者でありたい」の部分が変わらなければよいのだと。
自分自身も、まだまだ試行錯誤中です。

これまで、書いてきた内容と一部被る場合もあるかもしれませんが、
「あれ以前も読んだし」
という奇特な方がおられましたら、軽く流しておいて頂ければと思います。

そんな訳で、まだ大雑把なイメージしかない「伝える」ですが、
たま~にこちらのカテゴリでの記事も書いていけたらと思います。
2013.01.13 22:58 | 伝える | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示