屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「英語力」の次はやはり「日本語力」だろうかと思いますが、日本語力については、そのものズバリのタイトルで、暫く前に書いてしまいましたので、そのコのカテゴリを「伝える」(現在「翻訳」格納中)に変更して対応すれば一件落着や~ん、と思ったりもしたのですが、それはあまりな手抜きだろうという自覚もありますので、気持ちだけでも付け足しておこうと、ない知恵を絞っております。

基本的なところは、前回の記事のとおりです。

翻訳者には、分野&文書の種類に合わせた日本文を書く能力が求められ、それは、やはり多くの書を読み(できてませんけど)、多くの専門文書を読む(できてませんけど)ことで培われるものと思います。とはいえ、実際の仕事では、原稿とともに参考資料をどさっと頂くことも多いので、完璧な状態でなくても仕事をしていくことはできると思います。慣れの部分も大きいかと。私自身も、非臨床試験報告書とは、医療機器関係のお仕事を頂くようになって始めて対峙したのですが、参考資料のおかげで何とか無事に納品することができました(その後、この案件は忘れた頃を見計らったかのような絶妙のタイミングでやってきますが、その時に頂く参考資料+過去の参考資料を元に作成したMy対訳資料を武器に戦っています)。

専門文書のごく一部になろうかと思いますが、たとえば論文なら、「CiNii Article」(http://ci.nii.ac.jp/)で、「CiNiiに本文あり」を指定し、自分の興味ある(あるいは勉強中の)検索語で論文を検索し、本文にオープンアクセスできる論文を読むという手もあろうかと思います。
仕事中の調査では、「とにかくググって探して調べて」作業になるので、CiNiiさんのお世話になることは殆どないですが、修羅場が終わった後で、CiNiiさんを検索して関連論文を読んでみることはあります。まあ、覚えていればの話ですけど。
同じような感じで、医薬品医療機器総合機構(http://www.info.pmda.go.jp/)で添付文書を検索し(殆ど医療機器ですが)、中身を読むこともあります。
これらの文書の「それらしい」表現を書写していたこともありますが、若かったからできたようで、今じゃ長いことペンを持つと疲れるのよね~(<言い訳)。

ただ、一番大切なのは、やはり「その言葉どうなの?」と考えてみることではないかと。

「何気に」という言葉がありますが、個人的には、この言葉にはどうも馴染めない。「何気ない」の間違いじゃないのかと思ってしまったりする訳です。でも、少し調べてみると、誤用とする意見もありますが、「『何気なく』『さり気なく』『何となく』と言った意味で使われ始めた若者言葉」という説明もあり、この言葉は、私が思うより広く世に認知され浸透しているような感じでした(1980年代に使われ始めたということで、そんな昔からあったのね~、とちょっとびっくり)。今の「何気に」は、新語/俗語/誤用のどれとも認定し難い曖昧な位置付けにあるような気がしましたが、たとえば、20年後、50年後には、もう少し意味合いがはっきりし、常用される言葉になっているかもしれません(個人的には、どのような状況で使用する言葉なのかという定義が今いちよく分からないので、今のところ、使用できずにいます)。

そんな私も、「ら抜き言葉」と言われる言葉「見れる」「食べれる」「寝れへんがな」などという言葉は、友達や旦那との会話の中では普通に使います。でも、きちんとした文章を書かなければならない場面では「使ってもダイジョブな『らなし』だったっけ?」と考えてから使うようにしています。(そういうMy線引きが適切かどうかは置いておいて頂いて、)自分の中ではformalな場面かinformalな場面かで微妙に使い分けているような感じです。

他に適切な例を思いつかず、「何気に」さんと「ら抜き」さんにご登場頂きましたが、それらが「こうあるべき」ということではなく、そうした出自(?)の今いち曖昧な言葉を「皆が使っているから」という理由で、何も考えずに常用することは、この仕事を生業とする者として、慎むべきことではないかと思うのです。気になった言葉を調べてみた後で、「普通はそういう用い方はしないけど、この状況では『遊び』的にちょっと使ってみようか」という使い方をすることは、個人的にはありかなと思いますが。
そんな風に、言葉に敏感になるということ、和訳者としては大事なことではないかと思うのです。
自戒の意味もこめまして。

そんな「アンタ何様」的にエラそーな態度のSayoですが、滞米期間も長くなった頃には、かなり日本語がアヤしかったりしたのでした。普段どれだけ英語を使う生活をしているかどうかに関わらず、駐妻友達の殆どがそうでした。ルー大柴さんほどではないにせよ、日本語とカタカナ発音英語混じりで話をした方が、話が通じ易かったからです。で、時々、ふと、「コレって、正しくは日本語で何て言うんだっけ」と考えて・・・すぐに出てこなかったり・・・
そんな訳で、本帰国も現実のものになった頃、「これでは帰国しても和訳の仕事ができんのちゃうか」とかなり真剣に悩みました。その結果、私は、「自分でお話を書く」という短絡的な結論に辿り着いたのでした。小中学生の頃は、そうやって書き散らしたりしていましたので。と言っても、ド素人の書くものですから、たかが知れてますけど。それでも、頻繁に辞書を引いたり(そして「明解君World」に嵌って戻って来られなくなるのだった)、広辞苑様に教えを乞うたり、「、」や形容詞の位置で真剣に悩んだりした日々は、日本語の矯正(?<そもそも矯正したのかという説もある)に、何がしかの役に立ってくれたのではないかと思ったりする訳です。なので、お話まで飛ぶ必要はなかろうと思いますが(飛びすぎです)、「思うことをきちんと書く」という作業は、結構、日本語を書く訓練になるかもしれないな~と思うのでした。
今は、取りあえず翻訳ひと筋ですが、そこから足を洗わなければならない時が来たら、またそちらの「素人の物好き」に戻るかもしれません。何かを「書く」ことは止められないかも。

てな感じで、てーしたことない文章で申し訳ないです。
2013.01.23 20:19 | 伝える | トラックバック(-) | コメント(6) |

まいどです~。懲りずにまた訪ねてくださって嬉しいです。

どこで仕事に一歩踏み出すかというのは、とても難しいですよね。
早く1歩を踏み出してたくさんの実体験を積む方がよいと仰る方もおられますし、じっくり基礎を積み上げてからと仰る方にもお会いしました。これは、どちらが正しいということではなく、自分の置かれた状況だったり性格だったりを考えながら決めればよいことではないかと。
確かに「勉強すること」が目的になり、それで満足してしまったらそこで終わりな訳で、だらだら勉強がモノにならないという意見には一理も二理(?)もあると思います。逆に言えば、「翻訳の仕事をする」という本来の目的を忘れさえしなければ大丈夫なのかなと。焦って自分のキャパを超えてしまったら、本来できるはずのこともうろたえてできなくなってしまうってことはあるかなと思うので(←あくまで自分の場合)、そこだけは、ある程度「大丈夫」になっておいた方がいいのではと思いました(そういうことをよく考えてみるだけでも随分違うんじゃないかと思います)。
あと、すぐにも仕事として翻訳を始めたいのであれば、「すぐ来ても受けられます」的なPC環境(電子辞書だったり串刺し検索だったり)がある程度整い、仕事で使用できる参考図書類も多少手元にあった方が、自信を持って仕事に臨めるかなと思います(大体はGoogle検索なんですけどね)。既に環境整備できていたらごめんなさいです。

20年後の我が家の実態 → 「元気で留守がいい」状態で、仕事をする上ではかなり快適ですが、あんまりお勧めできないかな~と思います。

2013.01.31 00:25 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

率直なお気持ちを丁寧に書いてくださって、ありがとうございます。
気を悪くするどころか、とても嬉しかったです。

そうですね、焦っています。とても。
それなりの事情もあるのですが、一番は、仕事として翻訳をしたい気持ちが強まっているからだと思います。出産など色々あったものの、勉強を始めてもうすぐ4年。ちょっとのろのろしすぎたかなと反省したり。
いつまでも趣味みたいにだらだらと勉強している人はモノにならない、というような意見を目にすることも少なくない中、Sayoさんの様におっしゃる方は初めてでしたよ。特に、「焦りによって、その優れた部分が殺されてしまったら、とても残念です」という部分は衝撃でした。焦る必要はないのか・・・自分の優れた部分とは・・・と、しばらく考え込みました(朝で、家族が起きてきたので思考中断と相成りましたがorz)。
翻訳の仕事は逃げない、というのもそうだし、トライアル合格がゴールではないというのもそうですね(まるで結婚みたい)。

もっとじっくり考えて、いつか記事として書いてみようと思います。
翻訳と自分のこと。
Sayoさんのこのコメント欄の私への文章、大切にとっておきますね。


それから、結婚記念日、おめでとうございます!
20年か〜 我が家はあと数ヶ月で6年です。20年後の我が家・・・想像つきません。
Sayoさんは、旦那様のことを書いている時とても楽しそうで、幸福そうで、いいなぁと思います。
愛を感じますよ〜*

2013.01.30 23:39 URL | betty #- [ 編集 ]

力試しに受験するというのもありかなと思いますが、どうせ受けるのなら、履歴書に大きく書ける級をもしかしたら狙えるかな? になってからの方がいいのかな、と個人的には思います(自分がそういうタイプなのでってだけの安易な理由ですが)。

>一方で迷っている暇など無いという気持ちもあり

間違っていたらごめんなさいなのですが、bettyさんは、「翻訳に少しでも近づかなければ」と少し焦っておられる印象を受けました。自分だけが置いてきぼりになるような、このままではいかんのじゃないかというその気持ち、分かります。私にも、人生のいろいろな場面で、あったし。でも、頑張ることと焦ることは別で、ちょっと肩の力を抜いた時の方が意外にチャンスが訪れるかもしれない。「その時」のために準備ができていればってことですが。
翻訳は、トライアルに受かれば、或いは最初の仕事を取れば、そこがゴールという訳ではありません。1回目の仕事が、実際には次に繋がる本当のトライアルだし、出だしでポカ(納期に間に合わなかった、家族が健康を損ねて自分の思うレベルの仕事ができなかったなど)をやれば、1回目は大目に見て貰えるとしても、2回、3回と重なれば切られてしまうかもしれない。翻訳やりたい人はたくさんいますもの。でも、できれば、そういう「翻訳者を育てようとしながらも、翻訳者に一定のレベルを求める」会社と長く気持ちよく取引きしていきたいですよね。
Bettyさんは、これまできちんと勉強して来られているし、論旨の通った日本語を書かれる方なので、よい和訳者に育たれると思います。ただ、私と少し似ていて、「がむしゃら」というより何事も自分のmanageできる範囲できちんとしていきたいタイプなのではないかなという気がしますので、焦りによって、その優れた部分が殺されてしまったら、とても残念です。翻訳の仕事は逃げないし、費やした時間は裏切らない。「今、本当に資格を取るべき?」ということも含めてよく考えて結論出して頂きたいなと思いました。もちろん、Bettyさんの状況を一番よく分かっていらっしゃるのはbettyさんなので、家族の今後の変化予想も含めて、「今がその時!」て結論もありと思います。

ちょうどコメントを頂いた時にミニ作業をしていましたので、ほぼリアルタイムでコメント読ませて頂きました。返信を書いては読み直し、今もまだこの返信でよいのかどうか、とても迷っています。厳しいことも書いているような気がするし。
お気を悪くされないよう祈りつつ、返信UPします。
無理をしてお身体壊さないようにね。懲りずにまた来てやってください。
Bettyさんには、息の長い翻訳者になって頂きたいし、なれる方と思います。

夫婦について書いておきますと、実は昨日結婚記念日だったのですが、綺麗さっぱり忘れてやがりましたわ~。「いつも覚えてるねんけど、今日は忘れてた」とか言訳してやがりましたけど。20年近く経つとこんな感じかと思います(それはアンタん家だけだよという説もありますが)。

2013.01.30 00:31 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

リクエストにお返事いただいて恐縮です。ありがとうございました!

ほんやく検定は、受かれば引き合いがくるというところでハタとなりました。そういえばそうでしたね・・・
受験環境の確保は、有料の託児を使うことになりそうです。えらくお金の掛かる受験になりそうだ・・・子どもたちの負担にもなるかもしれないし・・・

受験することに迷いが無い訳ではなく、一方で迷っている暇など無いという気持ちもあり、フクザツな心境なのですが、よくよく考えて最終決定します。

派遣翻訳についての記事、楽しみにしていますね。
とても興味があります。

ところで、夫のことを「人間的にもとても良さそうな感じの方」と書いてくださりありがとうございます^^; 喧嘩後のまだ煮え切らない頭で読んだので、「いやいやいやいや〜っ!(「嫌」でなく「否」の意味w)」とつい口から出そうになりましたが、落ち着いた今では、やや認めて、優しく操縦できそうな気がしています。そんなことの繰り返しでしょうか、夫婦って。ははは;

2013.01.29 23:34 URL | betty #- [ 編集 ]

Bettyさん、まいどです~。
「伝える」はですね、お経ではなく、コーヒー片手に「ホッとひと息」的に読んでくださいね~。
読み難くてすいませんです。行間を広げるワザがあるようなんですが、こちらの背景は、FCブログさんのものではなく、ユーザーさんが作られたものを、ひと目で気に入ってお借りしているものなので、下手に管理画面をいじって収集がつかなくなるのが怖くて、触れていないのでした。お手数をお掛けしよります。

>派遣翻訳者からのスタートだったのですね。

そうなんですよ~。しかも地元で。これもご縁ですかね~。
この派遣翻訳者時代なくして今の私はないと思うんですが、別に思うところもあるので、そのうち、「派遣翻訳」(My体験の範囲ですが)についても買いてみたいな~、と思っています。

>家系的大黒柱

私も(←と勝手に仲間に入れてみる)、結構「自分でやって行きたいわ」派なので、家系的大黒柱に全面依存するのは望まないところなのですけれど、うちのとどがいるから、勉強だったりテキストだったりにお金や時間が割けるのは事実なわけで、そういう「感謝しながら甘えられるところは甘える」部分も大事かしらん、とこの頃思うようになりました。甘えているのも事実だし。以前は、「自分の食い扶持も稼げない自分は『プロ』とは呼べないわ」と思っていた部分もありましたが、結局は、どんな立場で働こうとも、一番大事なのは「仕事に対するプロ意識」なんですよね。おおっ、またまたエラそーな私。Bettyさんの家系的大黒柱さんは、人間的にもとても良さそうな感じの方なので、褒めて育てて操縦して使い倒しましょう。

ほんやく検定は、ですね、お仕事があまりなかった頃、2級狙いで受けてみようと思ったことがありました(数年前?)。自分が翻訳会社の採用担当だったら、TOEICよりは「ほんやく検定合格歴」の方を重視するかな、と思いますし。その内、色々な意味で忙しくなってしまって、今はそのままうっちゃっています。「仕事があるからいいや」という気持ちもありますし、「芸歴がこれだけ長いのに落ちたら恥ずかしい(&自分も立ち直れない)」という気持ちがあるのも正直なところです。小心者なので。というわけで、実際に受けたことがないので、あまりコメントできなくてすいません。
ただ、独学も長くなると、どうしても独りよがりになりがちですので、検定を受けて、自分の力を客観的に評価してもらうことは悪いことではないだろうと思います。ただ、受験に際しては「受験時間中はPCに集中できる環境を確保する」ということが重要だし、いい成績だと(翻訳連盟さんの「合格者の声」とか読むと)引き合いがきたりもするようですので、そうした仕事をある程度受けていけるこちらの環境も整っていないと、せっかく合格しても勿体ない資格かなという気もしました。あくまでも、自分は小心者ゆえ検定に手も出せないSayoの独り言ということで。

長くなりましたが(でもって、コメント欄もポイント数が低くて申し訳ないのですが)これに懲りず、また遊びに来てくださいませ~。

2013.01.26 15:00 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、「伝える」コーナーを読みましたよ。
びっしり書かれてあるので、フォントサイズをひとつ大きくして、コーヒーを用意して、腰を据えて、有り難いお経のように繰り返し拝読いたしました(←これは言い過ぎ^^;)。
いえ、でも、じっくりゆっくりと読みました。

Sayoさんのバックグラウンドのお話(在米時代とか)が興味深かったです。

派遣翻訳者からのスタートだったのですね。
私の住む地域は、とんでもない田舎ですが、外資系の工場なんかが多く(そして外国人労働者も少なくない)、そういったところに派遣で潜り込めないかなぁとよく思いました。子ども達が入学してパート勤めができそうな雰囲気になったらそうするかもしれませんが、予定は未定です。

家系的大黒柱がいる幸運・・・私もよく思います(時として幸ではなく不幸な場合もあるけれどw)。パートナーに甘えているつもりはないと強がってみるけれど、幸運であることを否定はできませんね;

資格試験について、TOEICと英検に触れられていましたが、ほんやく検定についてはいかがですか?受験を検討しているのですが、Sayoさんに思うところがおありでしたら何か書いて欲しいです。と、リクエストしてみました。

2013.01.26 08:35 URL | betty #99DFA69w [ 編集 ]













管理者にだけ表示