屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

前回「英訳の基礎」を5ヵ月間(月1回)受講した後、ちょっと物足りない感が残りましたので、続けて「英訳実践」講座を、さらに5ヵ月間受講することにしました。その5回目の授業が先日無事終了致しました(いや、終わってからもう2週間以上経っているんですけど・・・)。

「基礎」では「量的に物足りなかった」とか生意気なことを書きましたが、「実践」ではかなり量が増えました。テキストは「治験実施計画書」からの抜粋です(程度の情報は、HPにも掲載されているので、まあ、書いても大丈夫かなと)。
今回は、お仕事の忙しい時期と課題提出時期が重なってしまうことが多く、1つはその意味で、もう1つは、単語レベルではなく、パラグラフ全体の意味を日本語から英語に移し変えるという作業に苦労しました。日本語が分かり難い箇所もありましたので(と言っても、過去の技術案件の「訳分からん~MAX」レベルを思えば、カワユいものでしたが)。
深読みし過ぎたりして、分かり難い、しつこい訳文になってしまい(英訳でも冗長な癖はなかなか抜けんのだ~)、他の受講生の方の訳文を見て、「こんなシンプルにできるんだ」と目からウロコが落ちたことも一度ならず。和訳のお仕事の提出前のチェックでもそうですが、自分の訳文を推敲は、「しっくり来ないなあ」と思いつつも、ついそれまでの発想の延長で直そうとしてしまうため、その段階で大胆に発想を転換するというのは、至難の業です。最初から、シンプルで読み易い英文が書けたらよいのでしょうが、そこはやはり、対象分野のきちんとした英文を数多く読み、経験を積んで行くしかないのだろうなあと。

この先生の授業では、「なぜその言葉(動詞、前置詞、冠詞、単/複数など)を選んだのか」ということをしつこく聞かれます。なので、「こういう訳でこの言葉を選びました」ということが答えられるようにして授業に臨む必要があります(と書くと、もの凄い覚悟で授業に臨まなければならないように聞こえますが、そ~んなことはないです。私も自分でも「なぜこんな冠詞の間違いをしたんだろう」というようなミスを犯して「その時だけ寝てたみたいです」とばっくれたことがあります)。ただ、翻訳に臨む姿勢としては、本来そうあるべきですよね。意味なく選ばれるべき言葉など、本当はないはず(・・・理想ですけど)。なので、この講座を受講し始めてから、普段の仕事でも、「自分はなぜその訳語を使うのか」ということを以前より少し意識するようになりました。

もう1つこの授業を受ける中で印象に残ったのは、冠詞(定/不定冠詞)、単複数の使い方です。これは、私のみならず、多くの方が英訳を行う時に迷ったり苦労したりされる部分と思います。これらの使用に関して言えば、これまで自分の中には、基本的な用法を押さえた上で、基本用法に基づく「こういう場合は通例このように」という「まとめケース(?)」の中のどれかに当てはめながら英文を作成していく(+過去の経験からの感覚的な選択+Googleにて使用頻度確認)、という印象があったのですが、先生の「なぜ選んだ」攻撃に曝され、「(そのcontextで)その言葉を単数(或いは複数)にした時にその文がどのように捉えられるか」という明確な説明を繰返し聞くうちに、ちょっと考え方が変わりました。冠詞や単複数の使用に際して、(基本を外さないことはもちろんキモですが、)「その文章を書きながら書き手が連想しているものは単数なのか複数なのか、抽象的なのか具体的なのか」を意識して考えることも大切なのだと思うようになりました。「何を今更」って感じですけど、私としては、そんな「今更」なことを改めて再認識した講座でした(<って、先生が講座で一番仰りたかったことを外してしまっている可能性は大なんですが)。

もちろん、3時間x 5回の授業で、自分の書く文章が飛躍的によくなる訳ではなく、課題の量も「多い」とは言っても、仕事レベルの多さではありません。本当の「実践」はこれからの自分に任された訳なんですけど、「考える」切掛けを与えて頂きましたし、他の生徒さんたちともかなり意見交換することができましたので、個人的には実りある講座でした(正直、「実践」全然進んでいないんですが)。

前の記事でも書きましたけれど、先生は言語学を修めておられることもあり、私たちの質問に対する「こういう理由でこちらの前置詞の方が望ましい」とか「こういう理由でその言い方は馴染まない」という説明がとても明解で、「業界ではこういう使い方をするから」だけで済まされないところが、「こうだからこうなる」の好きな自分には合っていたような気がします。

という訳で、この先生の和訳の授業も受けてみたくなり(先生ご自身は、実は「もう来るなよ~」とか思っていらっしゃるかもしれないんですけど)、4月から始まる和訳の講座に申し込んでしまいました。でも、私、(この講座の)和訳は始めてなんで、「Sayoさんは判定試験受けてね♪」ってことで、近々試験を受けなければなりません(また「基礎」から学べばいいんでしょうけれど、早割だの修了生割だのを使い倒しても、やっぱりなかなかにお高いので~)。なので、試験に落ちて、春から不遇を託っているかもです。その節は、どうぞ笑ってやっておくんなさいまし。
2013.02.25 22:10 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(10) |

Yasukoさん、まいどです~。

「ディープな密談」の割にはお話できる中身がチープかもしれませんが…(あ、でも、芸歴…じゃなかったわ、経験の長いレモネードさんのお話は深いか) 私でお役に立てることでしたら、いかようにでもお使いください。背景に紛れ込むほどに存在感薄いヤツですから、よく探してやって下さいな。
遠くからご苦労様です。気をつけていらして下さいね。

ではでは。

2013.03.01 15:20 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

おはようございます。

>ディープな密談Timeを持ちましょうか

うう。響きが魅惑的過ぎる。

私のキャリアは薄っぺらなのでディープな話はできませんが、Sayoさんとレモネードさんの深いいい話をぜひ聞かせてください。

ベストコンディションで出かけてゆかねば、頭がパンクするかも。

ではでは。

2013.03.01 08:53 URL | yasuko #- [ 編集 ]

レモネードさん、まいどです~

遠方からの受講は、色々な面で迷いますよね。

>そんなことも来月お会いしたときにお話しできれば嬉しいです。

本当に「私の場合はこうでした」という経験談しかお話できないと思うのですが、それではYasukoさんと3人でディープな密談Timeを持ちましょうか(というほど語れることがあるかどうかは不明なのですが)。

> ではでは。Sayoさん、仕事/課題/パンフ作成頑張ってください。
> (私はクライアントから仕事のGo! 待ち・・・)

はい、ぼちぼち頑張りますです。お仕事、早くGo!が出るといいですね。ではでは。

2013.02.28 18:07 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちはー。

やっぱり新幹線や飛行機(!)で遠方から通学される方、いらっしゃるんですねー。うぅー、自分のフットワークの重さを痛感します。ここの通信講座ができてから受講を検討しておりましたが、最近治験案件のことでちょっと考えるところもあり、そんなことも来月お会いしたときにお話しできれば嬉しいです。

ではでは。Sayoさん、仕事/課題/パンフ作成頑張ってください。
(私はクライアントから仕事のGo! 待ち・・・)

2013.02.28 16:18 URL | レモネード #7av6LuR2 [ 編集 ]

Yasukoさま、まいどです~、お返事遅くなりました。

昨晩はあまり課題をやる気が起こらず、次の仕事の調べ物などしていました(でも紙原稿がまだ届かんので、こっちもちょっとヤル気が薄い)。今日の午後、課題始めたところです(期限は72時間)。

そうなんです、東阪でしか開催されていないんですよね。大阪の受講会場は、新大阪とアクセスはよいため、基礎の時は、広島から新幹線で、実践の時は、福岡から格安航空で通ってられた方がおられました。ただ、そこまでするべきかどうかと問われれば、無責任に手放しでお勧めすることはやはり憚られます。値段的(受講料+交通費)なことも無視できませんし、受講したから、即仕事に繋がるという講座でもないような気がしますので(書類選考免除の提携翻訳会社とかはありますけど)。もし、お聞きになりたいことがあれば、次にお会いした時に。も少し裏話もできるかなと思いますので。

でも、「ヤル気モード」のスイッチが入っている時に勉強するのは正解ですよね。私も、昨年、コチラの無料説明会に出席したときは、無事四十九日も終わって、結構「ヤル気モード」でした。

ではでは。

2013.02.28 14:49 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんばんは。

仕事にすっかり飽きてネットの海に漕ぎ出しました(もう戻れない~)

課題は終わられたでしょうか?
「治験の講座」、それらしいのをネットで探し出しましたが、案の定東京、大阪のみのようですね。残念。でも名古屋であったとしても二の足を踏む受講料ですねー(汗)今までもずいぶん学校にはお金を払ってきました(大汗)

でも今ちょっと勉強モードなのでいい講座があれば受講したいな。
でも通信だとつらいし。(本当に勉強する気あるのか)

意味のないコメントですみません。
おとなしく仕事にもどります。

2013.02.27 22:24 URL | yasuko #- [ 編集 ]

Komakoさん、まいどです~。

休む間もなく在宅のお仕事も始まったみたいですし、お引越しもあるし、春まで大変ですね。
お身体壊さないようになさってくださいね~。

「伝える」はですね、まあ、こんな例もアリってことで、さらっと読み流してくださいませ~。

そうなんですね~、Komakoさんも受講されるんですね~。
通学って講師先生との相性もありますので、「この講座絶対いいよ」と進められない部分もあるかな~、とは思うのですが、「なんで」攻撃が苦にならない+どちらかと言えば「教えるより考えさせる」型の授業を物足りなく思わない人には、いい講座かな~と思います。あと、月1回という回数も魅力的ですよね。受講料がか~な~り~なネックではありますが。

鍵コメントさんのレスにも書いたのですけれど、今日は1日外出しておりまして、先程よれよれになって帰宅しましたら、判定試験の課題が入ってました。ので、今、気分は「息も絶え絶え」ですが、何とか頑張ります。運よく受かることができましたら、一緒に頑張りましょうね~。

ではでは。ばたん(←と倒れたようです)

2013.02.27 18:55 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

鍵コメントくださった**さま、

お返事遅くなってしゅいましぇん。慢性疾患の定期検査で大阪の某病院に行ってまして、先程へろへろになって帰ってきました。何で、予約しとるのに1日仕事やねん(怒)。

・・・気を取り直しまして・・・

ご連絡ありがとうございました。みせて頂きました。
とりあえずですね、深夜にこそっと**さまにお友達申請に参りますね。

2013.02.27 18:40 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは。昨今ブログを更新する余力がなくなっているkomakoです(人様のブログにお邪魔する気力はある)。
最近の「伝える」シリーズを「ふむふむ」と熟読させていただいてます。ありがとうございます。

ところで、sayoさんが申し込まれたという和訳の講座。たぶん同じ講座だと思うのですが(場所は東京ですが)、実はワタシも申し込んだのです。ずっと通信で勉強してきたけれど、一度通学講座を受けたいと思っており、いろいろ調べた結果、内容、講座の頻度、受講料(高いけど)等からこの講座に決めて申し込みました。こちらは判定試験も終わりました。おっしゃるとおり、半年通ったからどうなるということでもないでしょうが、苦手な和訳攻略のきっかけをつかめたらな~、、、と思ってます。なんだか勉強仲間が増えたようで嬉しいです~(って勝手にすみません)。がんばりましょう。

2013.02.27 14:07 URL | komako #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.02.27 11:03  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示