FC2ブログ
2013. 03. 23  
普通は桜の画像が来るところでございますが。

ぎー





単数Goose、複数Geese

我が家ではそう呼ぶのさえ面倒臭い旦那とSayoにより「ぎー」と略される、鵞鳥さん一家。こいつらは、1年中そこいらへんに生息していましたので、渡りものではないと思われます。

「こいつら」呼ばわりするのは、「こいつら」は、駅前広場の鳩同様、ちんたら歩いて「簡単に捕まえさせてあげるわよ」オーラを撒き散らしつつ、最後に飛び道具を使って逃亡するからです。ほんなら、最初から飛べっちゅうねん。

とはいえ、「子ぎー(Gosling略語)」はやっぱり可愛いし、「ぎー家ご一行様」が道をお渡りになる時は、どんなに急いでいても快く停車してあげようという気になります(皆さんも、苦笑しつつ快く停車)。日本でも、地域により「鹿飛び出し注意」「たぬき飛び出し注意」などの看板が上がっていますが、アメリカでは、住宅地の真ん中の生活道路に「かもご一家様渡ります(親がもの後ろに子がもが2羽)」(←と言う看板名は私がつけた)が立っていたりします。大らかじゃの~。旦那は、早朝、ゴルフに出掛ける時、片道3車線の幹線道路を「かもご一家様」が渡るのを、しっかり見届けたことがあるそうです。

で、その「こいつら」ですが、一説によると、一生涯同じ相手と添い遂げるんだとか。「子ぎー」付きの「こいつら」は「ジュラシックパーク」のラプトル並みに怖いですが、そういう話を聞くと、許したろかという気になります(<というか、そもそも何を許す?<自分)

先日は、タイムリーな話題が、各所で波紋を呼びまして(?)、年度末のこのくそ忙しい時に、皆様の貴重なお時間を拝借してしまいました。せめてものお詫びでございます。
NEXT Entry
The Sins of the Father (Jeffrey Archer)
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Re: タイトルなし
見たにゃ~、仕事になんないにゃ~。責任取るにゃ~。

アメリカでは、backyardに、毎晩せっせとうさちゃん用のりんごを準備し、然る後に旦那のデザート用のりんごを準備していました(注:順番逆ではありません)。決してなついてはくれなかったけど、毎晩せっせと食べに来てくれました(嬉泣)。
いますぐ、「nhk ダーウィンが来た」 とググって
ホームページをクリックし
前回放送分をおさらいすると、
きゃわゆいうさちゃんが(注:途中、オコジョとかでてきますが)
Sayoさんをみつめるのだー。
(このコメお読み捨てください)

P.S. あの時間帯は一回寝落ちしてムクッと起きて、
「そうそう、コメント入れニャ」と思った次第です。
Re: タイトルなし
KYOKOさん、まいどです~。

噂では添い遂げるらしいですよ(未確認情報なんですけど)。でも、「鵞鳥夫婦」というのも、何だかねえ。見た目も(ぎーには悪いですが)おしどりの方が可愛いですし(大口開けて「しゃーっ」とかやられた時の怖さはハンパないっすよ)。あ、でも、子ぎーは無条件に可愛いですが。
Re: タイトルなし
レモネードさん、

いらっしゃいにゃ~。「ダーウィンが来た!」は知らなかったにゃ~。でも、見ていたら仕事にならなかったかもしれないので、それはそれで良かったにゃ~。猫もすきだにゃ~。でも、まだまだ修行足りないので、猫先生のようには猫語が喋れないだにゃ~。

この微妙なコメント時間は早朝と解すればよいのか深夜と解すればよいのか迷うところですが、お身体壊さないようになさってくださいませ(お互いに)。ではでは
ギーは一生添い遂げるのか・・・。

おしどり夫婦の元になったオシドリさん。実はカップルをころころ変えているそうですね。

本来ならば鵞鳥夫婦と呼ぶべきかも。
可愛いですなー (*´∀`*)

昨日のNHKの『ダーウィンが来た!』は、
Sayoさん好みのうさちゃんがいっぱい出てましたよー!
Re: タイトルなし
nobaraさん、まいどです~。

可愛いでしょー。でも、お母さん(たぶん)、守る気満々ですよね。卵抱いていたり子ぎーが纏わり付いているぎーは、ホントに怖いんです。よく旦那無事だったなと思います。でも、ぎーは、本当にその当たり(モールの芝生とか)にたくさんいたので、現地のヒト達からは、駅前広場の鳩ちゃん並みの扱いを受けていました。

いたち、見たことあります! 意外に小さいですよね。あと、野生なのですばしこい。そこ行くと、ぎーは、奈良公園の鹿並みに態度でかかったです(たぶん、襲われないと分かっているんでしょうね)。

写真だけですが、いつでも和みにきてくださいませ。

可愛い~~(*^_^*) メチャメチャ可愛い~~~(*^_^*)(*^_^*)
いいですねぇ~、こんな子達がみられるなんて。

うちの辺りではイタチが出没することはあります。排水溝をウロウロとする妙に茶色い輩とバタッと目があって、両者しばし呆然。一瞬の後、相手方が慌てふためいて逃走、と相成ることがあります。そこへいくと、ギーさん一家は腹が据わってますねぇ。

Re: タイトルなし
baba-nekoさん、まいどです~。

私も、日本では、ぎーそのものを見掛けたことはないですね。これは、旦那がアメリカで命懸けで撮った写真です。ぎー(成体)がちんたら道を渡って交通を遮断している時は、心の中で「飛べよ(怒)」と舌打ちする時もありましたが、ご一家さまだと、ついつい頬が緩んでしまってました~。かも様ご一家さまだと「誘拐してえ」とか思いました。
おー、子ギーのこんな小さなの、うちの近辺(中途半端な田舎)でもなかなか目の前でお目にかかれることはないかも。
そそ、ギーの行進は、待て の姿勢で見送るしかないかも。と思いつつ、列になってたくさん続くと、すみません!って手を挙げて横断歩道を渡る私とロンです。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR