屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

最近、このブログを読んでくださる方とお会いする機会が増え(注:過去の当社比)、「ブログのイメージと違う」と言われることが何度かありました(う~む、それは「まいどです~♪」のイメージでしょうか)。

逆に、リアルにお会いしたことがない方の中には、「悟りを開いた人」のように、間違って過大評価してくださる方もいらっしゃるような感じです(特に、「両親のこと」カテゴリから入ってくださった方<ほぼ隠者状態ですが決して仙人ではなく、人生「諦め」に入った部分は多いかもしれませんが、まだまだ悟りにはほど遠く、捨てても投げてもいなくて、日々足掻いてます)。

仕事の内容に関わることは、守秘義務もありますし、どこでどなたにどんなご迷惑をお掛けするか分かりませんので、一般化したり微妙に内容を変えたり書く時期をずらしたりはしていますが、それ以外は、とどでぞうあざらしな旦那も含め、思うこと考えることを正直に書いています(母とのことだけは、淡々と書こうとしても、どうしても微妙に「言訳」と「正当化」が入ってしまい、「私は悪くない」寄りの記事になっています)。

「悟った人」のように勘違いされるのは、たぶん、自分の中で取り敢えずの結論が出るまでは、記事にしないからだと思います。足掻いたり悩んだり、の間は、様々なことをきちんと文章化できないというところが大きいのですが、「格好よくない部分は極力見せたくない」という昔からの性格も関係しているようです。昔は「ええ格好しい」で「何もかも完璧じゃないと駄目」なところが強くて、それで苦しい部分も大きかったのですが(特に母娘関係)、そこを超えて駄目な自分を認めてしまうと、色々な部分で楽になり、割と気楽に(注:自分比)ブログも書けるようになりました。
それでも、今後の仕事の展開の仕方や日々の生活のあれこれで、「こう」と決めかねていて、或いは決めた積もりがふらふらしてしまい、まだブログに書けないでいることもたくさんあります。
今はもう通り過ぎた感はありますが、苦しかった時期(再度注:自分比)には、賃貸住宅であるにも関わらず、投げたり叩いたりと様々な箇所を破壊し(・・・て、どんだけ怖いヤツやねんて話ですが)、旦那には「退去時に足らん分は自分で払え」と宣言されています。そんなわけで、退去時に敷金で賄えない修理代を払うため(?)毎日あくせく働いています(??)。まあ、そんな訳ですので、決して、悟った人でもできた人でもありません。あ、分かってたですか、スイマセン。

淡々と1人でぼけてつっこみ、「最初から飛び道具使わんか~い(怒)!」とぎーに駄目出し(?)するのも(「そんな季節になりました」の記事を参照)私だし、意思の疎通できなくなった父の「生きる意味」に思いを馳せるのも私です。振り幅が大きいかもしれませんが、まるっとSayoと捉えて頂けると嬉しいです。根は真面目です(たぶん<となぜ付け足す<自分)。
2013.03.30 00:40 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(10) |

Tomokoさん、まいどです~(<て、私はやっぱりコレ。ナントカのひとつ覚え<にしたのは、おっちゃん達の罪~♪)。

記事にもよりますが、「考えをまとめてから書く」「記事によっては下書きを何度も書き直す」(さくさくっと書いて、誤字脱字のみ確認してUPする時もありますが)というやり方をとっているので、実物より思索型に思われるところがあるのかな、と思います。

あと、PWをかけずに記事を書く以上、どんな立場のどのような状況の方がご覧になるか分からないので(続けて読みに来て下さるかどうかは別として<「キーワード解析」を見ると、「ええっ、それでウチに来るか!」みたいな時もありますので<恐るべし、Googlbot)、それを念頭に置くと(注:というブログに対する考え方は、あくまで個人的なものです)、不快な表現がないかどうかということは気にしますし、やっぱり実物よりは「ええ格好しい」になっている部分は多いかなと思いますし、ネガティブなことは、ネガティブな最中には書かないようにしています。
私自身は、ちょっとええ格好しつつも、思うところをそのまま書いているつもりなのですが、そこらへんも、「落ち着いた人」みたいに過大解釈される所以なのかも。

読んで(良くも悪くも)「ぴぴっ」と何か感じるものがあったとしたら、その方は、私とどこか似たところだったり共通項だったりがある方なのかな、と思います。私の通り一遍は、ブログ全体を読んで頂ければ分かるかなと思いますので、たぶんその「ぴぴっ」は大筋において間違っていないかと。
Tomokoさんも、「ぴぴっ」な部分があったとしたら嬉しいです。

>それと、人と人とが完全に理解しあえるということはありえないと思っています。

私も基本的にはそんな感じなので、似てますね~。でも、互いに、「全てを分かり合うことはできない」と認め合うところから始まる、べたべたしない深い付き合いというものもあるかな~、みたいな考えです。

その時々で、「真面目」寄りと「ボケとつっこみ」寄りの記事の入り混じるこんなブログですが、これからも、いつでも遊びにいらしてくださいませ。

2013.04.01 18:20 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

鍵コメントくださった**様、

まいどです~。コメントありがとうございます!
私も、お会いしたことのない**さんのイメージ、「理知的、聡明、思索型に見えて意外と行動系、ユーモアセンスあり」みたいに、妄想させて頂いております。本当に早くお会いできるとよいですね(イメージの確認と言うか、ぶち壊しにならないかどうか心配ですが)。楽しみにしています。お母様との穏やかな日々、長く続くよう祈っております。
私自身は、FBは、コメント&いいね!を残す程度にはとても使い勝手がよいのですが、自分の思うところを記すには、やはり短すぎるというか、過ぎて行く時間が早過ぎるようです。
今後もホームはこちらになるかなと思いますので、たまに暇つぶしに遊びに来てやってくださいませ♪ ではでは。**さんも、どうぞお身体ご自愛ください。

2013.04.01 18:18 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは(いい関西弁のあいさつがおもいつかずありきたりで)。
またもやグッドなテーマですね。

ブログを含めて人が語ることって絶対その人の全部ではないと思うんです。
でも、なにかがその人を表すんですよね。
だから、Sayoさんが全部を語っていなくてもわかる人にはなにかがわかるのではないでしょうか。
少なくともSayoさんの魅力というものは十分に伝わっていると思います。

私はブログで結構あけっぴろげ、実生活でも家族や友達にあけっぴろげですが、すべてを語っているつもりはないです。
誤解があるかもしれない、自分の恥ずかしいところを見せているかもしれない、まだ整理できていない感情を暴露しているだけかもしれない、とはいつも思っていますが、どちらにしても自分という人間を完全に伝えきれるとは思っていません。
あとは受け取るひとそれぞれに感じてもらえれば、と思っています。
わかる人にはわかりますからね。
あと、私は自分が不完全なところをあまり隠そうとはしない性格かも。
まあ、恥ずかしい性格と言えるかもしれませんが。
それと、人と人とが完全に理解しあえるということはありえないと思っています。
おお、悲しいかなこの冷めた性格。
これもわかっている人にはわかっていると思います。

最近、自分以上に周りの人が私の性格をわかってくれていて的確なアドバイスをくれるのがうれしいような恥ずかしいような。。。

これからも深い海のようなSayoさんのブログを楽しませてくださいね。

2013.04.01 15:51 URL | tomoko #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.04.01 12:57  | # [ 編集 ]

Bettyさん、まいどです~。

「篤姫」(最終回)、「大岡越前」(初回)と、BS三昧な夕方を過ごしておりまして、お返事遅くなりました。東山クンの大岡越前って結構いいかも。でも、個人的にヒットだったのは、昔竹脇無我さんが演じておられたお医者さん役だった勝村クンでした。ちょっとコメディ色が強い感じもしましたが、意外にしっくりかも~。と時代劇を語れる私は、十分Bettyさんのお母さんになれるかと思うのですが、決して「強く」はないですよ~。まだまだおろおろすること多いです。まあ、年齢的に「人生の先輩」には違いないので、ここでよければ、いつでも弱音吐いたり愚痴こぼしたり和みに来てくださいませ。

「最高の離婚」よかったですね~。仕事忙しい時期もあって、見たり見なかったりでしたが。何と言っても、主人公2人(マチルダとはっさく)がよかったですよね~(て、何か間違ってないか<自分)。オノマチは、私生活お騒がせもありましたが、応援してます。「最高の離婚」見て、やっぱり上手い俳優さんだなと思いました。綾野さんとの危ないサービス(?)もあり、一瞬「カーネーション」脳内変換していまいましたが、瑛太さんと元サヤに収まってよかった~な最終回でした。
というわけで(って全然関係ないんですが)、うじうじ悩むこともありますが、基本カラッとしているかもです。

2013.03.30 21:44 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんばんは。

私がもつSayoさんのイメージは、強さを身につけている人生の先輩、でしょうか。
密かに、「お母さん」みたいに感じることもあります(あ、年齢は別ですよ。失礼だったらスミマセン;)

実際は、からりとしたお人柄なのかな〜と想像したり(おのまちファンという辺りw「最高の離婚」では、おのまちさんと綾野さんの、カーネでは叶わなかったサービス満載でしたよねぇ〜*)。

2013.03.30 17:47 URL | betty #- [ 編集 ]

おおっ、みどりさん、こちらはでは始めましてです~。

先日は色々ありがとうございました。お会いした時は、基本あたりは暗かったですからね。しわとかたるみとか見えてなかったと思いまする。なので、実物よりよく見えたかもしれません。

> 思考過程が表現できない、暫定的なまま放置できない、そして母娘の関係まで、何だか頷いてしまいました

う~ん、なかなか大変そうですね。自分の心の問題でもあるので、少し肩の力が抜けるようになるまでには、時間が掛かるかもしれないですね。でも、まだまだお若いのだから、何もかもこれから。頑張るところは頑張り、休むところは休みながら、自分の気持ちに負荷を掛け過ぎないようにして、行かれたらいいのかな~、とも。あ、また、エラそーになるから止めます。

私も、またお会いできるのを楽しみにしております♪

2013.03.30 14:23 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

リスノさん、まいどです~。

いえ、別に全然避けていたりするわけではないんですが、何だか予定合わないですね~。その間に、リスノさんの中で、どんどん妄想的に美化されていくのが怖かったりします・・・

足掻くは、なかなか自分では書けないですね。普段はなかなか思い通りに動いてくれない(?)漢字変換君が、一発で決めてくれました。にも関わらず、仕事をまず「死後と」と変換しようとして譲らない彼(?)の思考回路が知りたい私です。

お仕事、頑張ってくださいませ。
私は、昨日でいったん仕事が途切れました。不安はありますが、今日は朝から大物を洗濯。これから、お花見がてら川を下って(正確には「チャリで川沿いを下る」)、図書館まで遠征してきます。

2013.03.30 14:15 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

まいどです~
ようやくコメントの機会をゲットです。

お会いして、sayoさんの冷静な文章とお人柄とがしっくりくる部分と新たな一面と両方、窺い知ることがでした(リスノさん:sayoさん素敵なお方ですよ♪)。

思考過程が表現できない、暫定的なまま放置できない、そして母娘の関係まで、何だか頷いてしまいました(いや、何も分かっちゃいない自分が容易く同意してはならないのですが…)。面倒なこの性格、克服したいものです。

またゆっくりお話できたら嬉しいです。

2013.03.30 11:02 URL | みどり(mayo) #- [ 編集 ]

まいどおはようございます(^^)
ますますお目にかかる日が楽しみです。
会いたいのに会えない、遠距離恋愛?!私だけの片思い?!

話題からずれますが、足掻いたってあがいたと読むのですね。
初めて知りました。
Sayoさんのブログから新しい日本語を習うこと、実は初めてではありません。
まだまだ日本語不自由です。

いろいろ書きたいですが、今日は仕事をせにゃならんので、くやしいですが失礼しま~す。

2013.03.30 09:39 URL | リスノ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示