屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

いちおー、最近読んだ「名もなき毒」をタイトルにしてみましたが、宮部さんの作品はかなり読破しているので、宮部作品全体について書きたいと思います。まあ、私のことですから、「あの作品のココがいいの~」を連ねただけの記事になりそうな気もしますが。

「告白」でも書いたように、宮部作品は、ざっくり纏めてしまうと、「(ハッピーエンドであろうがなかろうが)一応の解決がなされ、その後の主要登場人物の様子がちょっとだけ描かれ、その後の彼らの人生が読者の想像に委ねられる」という収束の仕方をします。登場人物の中には、「心に闇を持ち最後まで救われない」人々も登場しますが、ラストシーンで、「心の闇に苦しみながらも遠くに光の差し込む扉を見つけるところまで辿り着いたのではと思われる」人々も登場します。
宮部さんの作品を読むと、どんな重い題材が扱われていても、最後に「それでも生きていれば、もしかしたら、いいこともあるかもしれない」と思えます。もちろん、これは私の個人的な感覚ですし、作品によって「救いがない」度の高いものもありますが(前記事のコメントで話題に上っていた「模倣犯」もそうかなと思います)。

「名もなき毒」は、「誰か」という作品の主人公だった杉村氏が再び登場します。
宮部さんの作品には、このように、「長くシリーズ化するほどではないけれど、あの人(達)をもう一度」的に以前の作品の登場人物が再び主役(級)として登場することがよくあります。たとえば、「模倣犯」→「楽園」(前作の主要登場人物の一人が主人公)とか、「パーフェクトブルー」→「心とろかすような」とか。作中登場人物に凄く愛着を感じてしまって、「もう少しこの人物について語りたい」と次の作品を書いてしまわれるのかな~、などと勝手に想像したりしています。

「名もなき毒」は、「無差別青酸カリ殺人事件」(の謎解き)と杉村氏が個人的に関わる「詐称アルバイト行動エスカレート事件」(青酸カリの方も、被害者遺族を介して関わるようになるんですが)が、ほぼ同時進行します。この詐称アルバイトの女性、ひと言で言ってしまえば「かまってちゃん」なのですが(その発想は私には理解不能)、ある意味凄い存在感なので、青酸カリ事件の方が少し霞んでしまったような印象です。こちらの犯人は、人生何もかもがうまくいかなくなって、病んだ身内を楽にしてやりたいと青酸カリを入手するのですが、「ばあちゃんは何も悪いことをしていない、死ななければならないのは、ばあちゃんじゃない」と無差別殺人に走ってしまいます。その気持ち、「分かる」と安易には言えないですが、何かが切っ掛けで、物事が悪い方に転がっていくという「一瞬の針の振れ」は少し分るような気がします。人間誰しもが心に抱える(そして通常はそれなりに飼い馴らしている)「毒」が、処理できずに噴出してしまった極端な結果が無差別殺人であり、その「毒」に身内から喰い尽くされてしまったのが、「かまってちゃん」の女性なのかなと、そんな風に思います。暗い話ではあるんですが、それでもやはり、ラストでは「正しく生きるのは馬鹿みたいな世の中だけど、正しく生きてみようか」と思わせてくれます。
個人的には、杉村氏と秋山氏(今回杉村氏と組んで事件を解決した新進気鋭のジャーナリスト)のコンビ+杉村氏の義父(杉村氏は超のつく逆玉で、義父は巨大コンツェルンの会長です)に、もう一度登場してほしいような気もするのでした。

そんな訳で、「面白い」という言葉を当て嵌めてよいのかどうか迷う宮部作品ですが、ストーリー構成力と筆力で一気読みできることは確かです。

「これ」という1作を挙げるのは非常に難しいのですが、小動物好きのSayoとしては、「人間の言葉を喋る子猫」の登場する霊験お初シリーズの「天狗風」は外せない。こやつの喋る、「ローティーンが粋がって大人の振りをしています」的べらんめえ言葉(&台詞)はたまりません。

そして、超能力者青木淳子が主人公の「クロスファイア」。もっと後期の作品の方が完成度は高いんだろうなとは思うのですが、念によって対象物を燃やしてしまう淳子が、その力でもって「処刑」を行うシーンは(<そこかよって感じですが)、読みながら頭の中に映像が浮かんでくるという意味で、凄い。若い頃は、結構ハードボイルドなものも読みましたが、たとえば、動作などは映像変換できても、「背景も含めて脳内映像変換できる言葉による説明」というものは、そうそうなかったように記憶しています。ので、「宮部みゆき、ハードボイルドも行ける~」と驚愕した作品でした。

個人的には、やはり「時代物」が一番好き、というか気楽に読めるような気がします。
前記事のコメント欄でもやり取りありましたが、現代モノは、どうしても「今の自分の状況」と比べて読んでしまう部分が多く、途中気楽に読めない場合もあります(その分、ラストの「でも捨てたものではないかも」感は大きいのですが)。その点、時代物は、そもそも設定が違うので、おどろおどろしい話でも「お話」として読めるような気がします。

そんな感じ(どんな感じですねん?<自分)で、GWも終わろうとしている午後なのでした。
2013.05.06 16:22 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(16) |

ちょりーたさん、反応ありがとうございます!

綾野さんは、「一見存在感のなさそうな、でもしっかり存在している」感(←あくまで主観)に杉村さんを感じました。小泉さんは、慶喜さんを見たあとで、「ピュアなイメージ」と言われても、ちょっとビミョー(それだけ、慶喜さん『ハマった』てことなんでしょうけど)。作品的には、「誰か」と「名もなき毒」の両方が原作となっているところにちょっと不安を感じたりする。

で、「かまいたち」入手されましたか。楽しんで頂けるよう祈っておりまする。

2013.06.10 11:41 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、またまたお邪魔します~。

おお、Sayoさん的脳内映像では殿@綾野さんでしたか。なるほど~。

小泉さんは慶喜が何といってもはまり役というか強烈ですから、さあどうでしょうね。でも宮部さんご指名ということですし、頑張っていただきたい(…って自分何様?)。

そうそう話は変わりますが、先日図書館で「かまいたち」に遭遇したのでお持ち帰りしました。今読んでますよ~。

2013.06.10 08:58 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

ちょりーたさん、まいどです~。

見てきた~。
TBSは最近よく宮部さんの作品を連ドラ化してますよね<個人的には、最初だけさくっと見て「うーん、違う」と脱落するパターンです。でも、今回は、宮部さんからご指名あったようで。個人的には、綾野剛さんのイメージだったのですけどね(<ま、私の「勝手に配役」はいつも外してますから)。小泉さんは、(たまの鑑賞ですが)慶喜さん(←ご存知ない方のための注:「八重の桜」)スゴいな~と思いますので、続報も含め、楽しみです。

2013.06.09 10:57 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

「名もなき毒」が小泉孝太郎君主演でドラマ化されるようですね。慶喜@小泉君がどのような演技を見せてくれるのか楽しみですな。

2013.06.09 10:29 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~、

おお、そうですか、宮部さんとよりを戻せましたか。それはよかったです~。
それでは、右京之介様を5~6年若い瑛太さんに脳内変換などしながら、「天狗風」もご堪能ください。ただし、「天狗風」の方がホラー度は格段に高いと思いますので、そこのところ心して読み進めて頂きたいと。でも、子猫のてつがよい感じの緩衝材(?)になっていまする。何とも小生意気な「喋る猫」であります。

2013.05.24 21:15 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、まいどです~。

「震える岩」の感想を述べにやってきたら、もうすでにちょりーたさんがいらっしゃっていたのですね!

で、「震える岩」ですが、途中2,3か所「ひいい~っ」と怖い場面もありビビりましたが(ホラー映画だめな人)、なんともさわやかな読後感でした!

お初ちゃんと右京之介さまのまっすぐで気持ちのいい性格が、おどろおどろしいはずの作品全体の空気をさわやかにしていますよね。宮部さん、すごい。

紹介してくださってありがとうございました。
おかげで宮部さんとも元さやに戻れそうです。わーい。

次、いってみよう!

2013.05.24 19:12 URL | yasuko #- [ 編集 ]

ちょリーた様、再びまいどです~。

いや、瑛太さんは、単なる好みというかヒラメキですから。今となっては、ちょっと年が行き過ぎてしまった感もありますので、お初ちゃんシリーズは、もちっと初々しいキャラでお願いしたいな~と思います。キャスティング鋭意募集中(<ここはいったい何のブログなのだろう<自分)

「騒ぐ刀」は、長編と短編の違いもあるかなと思いますが、個人的にはイマイチでありました。ストーリーがどうの、ということではなく、いちおーお初ちゃんが主人公の、ような、気がする、のですが、下兄さん(名前忘れた)の存在感が半端なく、ちょっと焦点がぼやけてしまったような印象でした。「震える岩」を読んだ時、下兄ちゃんがいなくなってしまっていて、ちょっと寂しい気もしましたが、「これはこれでよいのかな」とも思いました。

で。
そうですか、時代劇モードですか。私も、今、あさのあつこさんの江戸モノ読んでますよ~。面白いお話は、読み出すとなかなか途中で止まれないのが難なのです。

2013.05.17 22:46 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

再びお邪魔します~。

なるほど瑛太さんね。では「天狗風」読むときにキャスティングさせてもらいます。

そしてお初ちゃん一家の下のお兄ちゃんですか!覚えておかねば~。最近は頭の中が歴史物&時代物モードになってるので、当分この路線で攻めていこうかと。というか、1度はまりだすとなかなか抜けられないのです(^^ゞ

2013.05.17 22:22 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

ちょりーたさん、まいどです~。

おおっ、楽しんで頂いたようでよかったです! 「天狗風」はも少しまがまがしい印象ですが、「てつ」で緩和されているような気がします(←古い記憶です)。私も「勝手に脳内キャスティング」よくやります。「篤姫」の頃、右京之介様に瑛太さんなどどうかしらん、と思ったことあります。格好よすぎる(?)か。
実は、お初ちゃんシリーズは、「かまいたち」(短編集)収載の「騒ぐ刀」が原案(?)になっていまして、原案では、お初ちゃん一家に、なかなかに格好いい下のお兄ちゃんが登場します。どこかで「かまいたち」に遭遇されましたら、ふと思い出してやってください。

2013.05.17 10:43 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、どうも~。

「震える岩」読了。いやあ、おもしろかった!時代劇臭さがなくて普通にミステリーとして読めるので、「時代物はちょっと…」という方も抵抗なく読めるのではないでしょうか。登場人物もキャラが立ってて魅力的だし。「これをドラマ化したらどうなるかな~」と思って、勝手にキャスティングして脳内で映像化しておりました。

この勢いで「天狗風」も読みますね~。

2013.05.17 08:48 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~。もちろんお待ち申し上げておりましたです。

宮部作品の魅力を熱く語る使命を帯びておりますから(<誰に許可貰ったんやという説もありますが)、読書感想文にも力が入りまする。

BookoffへGO!して頂きましたですか。ありがとうございます(決してBookoffの回し者ではありません)。小説は、時代背景や内容や文章との相性や好みも大きいと思いますので、「・・・」な結果でしたら、大変申し訳ないです。Yasukoさんに楽しんで頂けて、再びよりを戻すことができるよう祈ってます!(いや、決して私が書いた訳ではないんですが・・・) 明日は用事で出なければならないので、私もBookoffへ寄ろうっと♪(←そして、まず105円コーナーへ直行するヤツです)。

2013.05.08 14:42 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

ちょりーたさん、まいどです~。

> オチの見えにくい話ですみませぬ
いえいえ、「なるほどっ」となかなかに感動なオチでした。

「震える岩」間に合ってよかったです。「天狗風」だけでも十分楽しめる(というにはおどろおどろしいですが)かと思うのですが、主要登場人物が前作から続いていますので、順番に読んだ方がより楽しめるかなと。好みもあるかなと思いますので、「外れ」でしたらすいません。その場合は、てつ(←子猫の名前)に免じて許してやって下さい。

ところで、今朝の日経新聞2面の書籍広告欄に、宮部さんの新作「桜ほうさら」(時代物のようです)が出ていました。東野圭吾さんの「夢幻花」と並んで。お2人とも、多作でいらっしゃいますね~(しかも基本的に外れがないのが凄いと思う)。

2013.05.08 14:34 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、まいどです~。

コメントが遅れましてすみません(て、待っててくださったと勝手に思う)。
ちょってばたばたしておりました。
宮部みゆき作品の紹介記事をありがとうございます。Sayoさん、本の感想文上手だなあ、などと考えながら、熟読させていただきました。

で、とりあえず近所のBookOffへゴーしまして、「震える岩」をゲットしてきました!(ちょりーたさん、フェイントすみません)。
時代物はどんなかな?楽しみです。これで宮部さんとよりを戻せるかも~(だれ?)。


2013.05.08 13:32 URL | yasuko #- [ 編集 ]

オチの見えにくい話ですみませぬ(^^ゞ時代劇はやはりあの安心感がよいのですよね。でも最近はそういう作品少ないですよね。

「震える岩」、お勧めに従って早速予約しました。実は「天狗風」は現在貸出中のため、手元に来るのは少し先になりそうです。「震える岩」は在架のようなので、こちらを先に読めそうです。いいタイミングでした~。

2013.05.08 09:04 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

わ~い、ちょりーたさんが反応してくださった!

宮部作品の魅力というより「好きなの」を語っただけという説もありますが。
これは、本当に好みの問題かと思うのですが、「ラストで読者想像に丸投げ」ぽいお話は何となく苦手です。そういう意味でも宮部作品は安心して読めるような気がします。

>「一見落着」

暫くオチが見えなかった私をお許しください。ちょりーたさんてば、す~ご~い~! でも、よくよく考えてみればそうなのですよね。遠山裁きが終わっても、そこで関係者さん達の人生が終わるわけではないし(でも、やっぱり、時代劇は、取りあえず細かい突っ込みは封印し、印籠とか桜吹雪とかで実生活の鬱憤を発散する(?)のがいいかな~、と思います)。

126人待ちですか! なかなかキョーレツですな~。私も、色々な方の話題作を予約しようと思うことはあるのですが、2週間で読破して返却できる自信がなく(予約本は基本延長できず)、いつも人気一段落待ちです。「ソロモン・・・」はいったい何年待ちだろう・・・。
蛇足ですが、「天狗風」は先に「震える岩」という同じ主人公の作品がありまして、それぞれ独立しているので「天狗風」だけでも十分楽しめるかと思いますが、もし「震える岩」を未読でしたら、こちらも併せて読まれることをお勧めしまする。

ではでは。

> わーい、Sayoさん宮部作品の魅力を語ってくださってありがとうございます。
>
> たしかに宮部さんの作品では一応ラストでとりあえずは一件落着、読者も心の整理をつけやすいんですよね。(余談ですが子どもの頃、テレビで「遠山の金さん」を見ていて、「これにて一見落着」だと思ってました。「そっかー、ホントは解決してないけど大人の事情があるのね」と思っていた私…。)
>
> 「天狗風」おもしろそうですね。早速図書館で予約してみました。ちなみに宮部さんの大作「ソロモンの偽証」は去年11月に予約して、まだ126人待ち…遠い道のりです。

2013.05.07 12:22 URL | Sayo #- [ 編集 ]

わーい、Sayoさん宮部作品の魅力を語ってくださってありがとうございます。

たしかに宮部さんの作品では一応ラストでとりあえずは一件落着、読者も心の整理をつけやすいんですよね。(余談ですが子どもの頃、テレビで「遠山の金さん」を見ていて、「これにて一見落着」だと思ってました。「そっかー、ホントは解決してないけど大人の事情があるのね」と思っていた私…。)

「天狗風」おもしろそうですね。早速図書館で予約してみました。ちなみに宮部さんの大作「ソロモンの偽証」は去年11月に予約して、まだ126人待ち…遠い道のりです。

2013.05.07 09:42 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示