屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

いつもは愛想ないタイトルを心掛けているのですが、今日は「訳語を探している人が辿り着くかも」的なタイトルにしてみました。

参考までに、この前、「皆さんはサーチエンジンのどんなキーワードから『屋根裏』に辿り着くのか」という解析結果を見てみましたら、1位はぶっちぎりで「柳田邦男離婚」(ていうか、その記事は離婚がメインではありません、念のため)、続いて、「歯性上顎洞炎関連」(気持ちは分る)「お登勢関連」(続編絶版継続中だしな)「ゴルデーワグリンコフ」(若い方だともうご存知ないのだろうなとしみじみ)、という感じで、邦訳書が発刊されたこともあり。最近は「only time will tell」での検索も多いです。
・・・ここは、いったい何のブログなのだろうと自問自答する今日この頃。

閑話休題。

今日の記事は、「in triplicate」の訳語についての考察(?)です。

医療機器の翻訳を始めて数ヶ月経過した1年半ほど前、初めて非臨床試験の打診を頂きました。
最初は「未経験の分野なので・・・」と渋ったのですが、「参考資料付けますからダイジョブです」と押し切られました。きっとよっぽど人手が足りなかったのだと思います。

その時、細胞毒性試験で登場したのがこの「in triplicate」。

幸いなことに、英語原稿と翻訳原稿がセットになった参考資料に同じ表現があり、「3連で」と訳されていました。むむっ、「3連」とは何ぞや??? ・・・というところから始まった訳なんですが(お恥ずかしい限りです)、色々調べていくと、これはどうやら細胞を培養するウェルプレートの3つのひと続きのウェルを言うらしい、ということが分かりました。試験液1種類について、3つのウェルを使用して試験を行うことを、このように表現しているらしいのでした。

その後も頻繁に参照するようになった「医療機器の生物学的安全性試験法ガイダンス」さん
http://www.pmda.go.jp/kijunsakusei/file/guideline/medical_device/T120302I0070.pdf
の細胞毒性試験の項にも「各濃度の試験液について、少なくとも3 つのウェル又はシャーレを使用する」という記載があります。

ということで、同様に「3連で」という訳語を使用し、然る後に、秀丸とExcelのmy対訳辞書に「in triplicate = 3連で」という項目を追加し(項目にもよりますが、秀丸には簡単説明やURLも記載、Excelはただただ対訳と使い分けてMy辞書を作っています。項目は仕事中にどんどん追加します)、心安らかにその先に進みました。

その後も何度か非臨床試験報告書を訳す機会があり、「in triplicate」にも何度が遭遇しましたが、やはり細胞培養に関する記述でしたので、同じ訳語を使用しました。

そして、最近もまた、この「in triplicate」に遭遇したのですが、今回は、細胞培養ではなく「こうやって試料を抽出するよん」というcontextでの記述で、力技(?)で「3連で」とできないこともない感じでしたが、何だかちょっと違うような気もしました。

なので、「医療機器の生物学的安全性試験法ガイダンス」さんをひっくり返してみましたら、該当する試験の説明の中に「同一ロットの3 試験試料を・・・(中略)・・・抽出し」という記述があり、今回の翻訳ではこれ(同一ロットから3つの試料を取ってサンプルを調製する)が該当しそうな感じでした。Googleさん調査では、この仮説(?)を覆すだけの資料は得られませんでしたので、この解釈を採用することにしました。

もちろん、別の文脈では、また別の解釈をしなければならないこともあるでしょう。「in triplicate」を自動的に「3連で」とmy対訳集に収める怖さを改めて感じたのSayoでありました。秀丸君には説明を付け加え、Excel君にも追加訳語の他に「ちゃんとチェックしろよ<自分」マークも追加しておきました。

大学や職場で細胞培養をされてきた方には、あっさりと分ることなのかもしれませんが、そのような経験のないSayoはその度に四苦八苦です。とはいえ、インターネット上で画像や時には動画もチェックできるようになり、ずい分便利にはなりましたが。私が皆さんに多少自慢できる(?)ことと言えば、「何度も環境試験室に入った」(←生産ライン派遣時代)ことくらいなので、医療機器の仕事を頂くようになって2年弱になろうとしていますが、まだまだ毎日が勉強のSayoです。

(注:翻訳以外で本分野を専門的に扱った経験はなく、これらの訳語は調べ得た結果を元に類推するもので、納品の際には、その旨をコメントにて申し送りしています。従って、本ブログで用いた訳語は、あくまで「参考」に留め、ご自身でさらに調査下さるようようお願い致します)
2013.06.01 14:21 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(15) |

リスノさん、まいどです~。
私も、リスノさんのブログ記事はいつも興味深く読ませて頂いてます。「おおっ、そうか」と参考になる部分も多いし。今更ですが、「通翻ジャーナル」も立読み(<立読みかい<自分)してきましたよ~。どか~んと掲載されていたではないですか! 他にもお名前をよく存じ上げている方々がたくさん登場されていて、ちょっと感激(?)でした。
「In triplicate」は細胞培養でよく用いられる表現ではないかと思いますので、どちらかというと非臨床分野なのかなと。今回、Tomokoさんのおかげで、「実際の使用者」の方から裏を取ることができて、私も感謝感謝なのです。ちっとはKomakoさんのお役にも立てたようですし、実生活では未経験の仲人まで体験できてしまったので(?)、満足なのです~。お礼だなんて。こうやって皆さんが少しずつ繋がって行くのは、本当に嬉しいことです。「逃げない」は、「こうありたい」というところで足掻いているというのが実情かもです。日々精進、精進。

2013.06.06 12:40 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんばんは。コメントは久しぶりな気がしますがいつも拝読してます。

夏から夏へを読みにきたら、この大量コメントがついた記事を発見しました。皆さんのコメント、情報満載ですね!!私はin triplicateがはじめまして状態なので、とても勉強になりましたし、それを超えて逃げる翻訳をしないというくだりもなるほどなるほどと思って読みました。

いつもやりとりしているkomakoさんとtomokoさんがSayoさんのブログでつながったのも何だかうれしいし!Sayoさん、仲人さんですね(^^)

ひとこと御礼まで。ありがとうございました!

2013.06.06 01:39 URL | リスノ #- [ 編集 ]

Tomokoさん、まいどです~。
どうぞどうぞ、いつでも出没してくださいませ。

「逃げる翻訳」、私の場合は、例えば2通りに取れるような訳をして、「でも間違いじゃないでしょ」的に保身に走るってケースが多かったです。でも、今は、それは実はエンドユーザーさんには優しくない翻訳なのだと思うようになりました。自信も関係しているのかもしれませんが、「翻訳者はどうするのがいいのか」的なことを考えるようになったのが大きいかもです。そんな風に考えるようになったのは、ブログやオフでの皆さんとの交流を通じての部分も大きいので、皆さんのおかげなのです。もちろん、異論ある方もおられましょうし、自分の絶対考えが正しいとも思いませんが、今のところ、そんなところで仕事してるって感じでしょうか。と言っても、色んなところで試行錯誤だったり、「これでいいのか」の繰返しなんですけど。

Tomokoさんは今日もお仕事でしょうか。
私は、もちっとだけ頑張った後、旦那を従えて、実家に藪蚊との肉弾戦に臨みます(単に草引きするって言いたいだけなんですが)。

2013.06.02 12:47 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、何度も出没してスミマセン。

言われていること、すごくわかります。
「逃げる翻訳」って部分が特に。
たぶん、自信がないとやっぱり「逃げて」しまうのかな。
多少自信がつくと、逃げずに正々堂々と「こうだと思います」と主張できるような。。。
開き直りとのさじ加減、というのもすごくわかりますし。

日本語の「資料(今度はこっちの漢字ですね)」が少ないときは、英語で裏をとる、というのも参考になりました。
ついつい、日本語で探そうとやっきになるのですけどね。

とても有意義なコメントのやりとり、ありがとうございました。

2013.06.02 09:46 URL | tomoko #- [ 編集 ]

Tomokoさん、何度もありがとうございます~。
今回は本当にお世話になりました。どうぞ、謎解きして下さったご主人様にも宜しくお伝えくださいね。

もちろん、的確な訳語を用いて分り易いきりっとした翻訳を仕上げるのが理想、ではありますが、tomokoさんも仰るように、部外者ではなかなか理解し辛いこともありますよね。そういう「『分らない』の壁」にぶち当たるのは、圧倒的に「日本語の資料が少ない」場合が多い(=たぶん、日本語で的確に説明できる人が少ない)ので、そういう場合は、英語の資料を数読んで、何とか意味だけは正しく取ろうと努めます。対になる日本語が分らないということを除けば、英語資料は意外に内容分り易いので。そして、何とかその意味を日本語で伝えるよう頑張ります。その結果、私の翻訳を必要とする最終ユーザーさんが、「これはこういうことを言っているんだな」とぱっと理解できれば、その翻訳は当初の目的を達したと言えることになるのではないかと、この頃そんな風に考えるようになりました(という開き直りもマズいんですけど<その加減が難しい)。以前は、上手く説明できないんですけど、もっと「逃げる」翻訳をしていたような気がします。うーん、コメント欄でこれ語るのはむつかしい。

ということで、まとめてみると、「みんな悩みながら頑張っている」てところでしょうか(と無理に強引にまとめてみる)。

2013.06.01 22:50 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、どうも~。
komakoさん、こちらこそ初めまして。

いやあ、一つの言葉でこれほど盛り上がるとはね。
楽しいですね!

なるべく完璧を目指しつつ、完全にわからない場合はそれほどめげない、というスタンスで(Sayoさんのアドバイス通り、コメントを付けるなどして)やっていくしかないですかねえ。
絶対無理ですよ、その現場の人と同じだけの知識を得るのは。すごく細分化されているし、どんどん変わっていくし。
例えばうちのダンナだって、今や仕事の大半は臨床関係で、厚労省を詣でる日々ですから、もう実験のことは現場の人ほどわかっていないと思われます。
だから、部外者にわかるわけないところは正直いっぱいあると思うのですよ。

でも。
翻訳の需要がある、ということは間違いないのですから、それをする人が必要なんですよね(ダメ、止まらなくなってきた、終わらせます)。

Sayoさん、スミマセン。また軒下を借りてしまいました。

ではまた~!

2013.06.01 22:01 URL | tomoko #- [ 編集 ]

Komakoさん、お役に立ててよかったです~
しかも、月曜納品分だったのですね!ゆうべ何だか原因も分らずうなされたのは、あれは「in triplicateを記事にせよ」というKomakoさんの念だったのか~(うそうそ)。
たぶん、私も、参考資料がなければ「3連」は出てこなかったと思います。これとserially dilutedの「段階希釈」には、その後も何度助けられたことか。
「現場にいる人には普通の、でも部外者には分らないJargon」はどこのギョーカイにもありますよね。ラインにいた時、「帽子」という社内用語があったのですが、(たぶんそれを誰も1つの単語で表現できなかったんでしょう)訳語はboushiだったのでした。可愛いでしょ。

・・・ということが言いたい訳ではなく。

もちろん、現場で普段使われている言葉をきちんと訳出できるにこしたことはないですが、私たちは専門家ではないので、いつも100%それができるとは限りません。時間の制約もありますし。そんな時は、(何のためにどんなことをするという)意味だけはきちんと取って、武骨に直訳調で訳し、不安であれば、「現場で普段使われている言回しがあると思うが確認できなかったので、直訳とした」のような申し送りをすればいいと思います。翻訳会社さんの段階で直しを入れて貰えるかもしれませんし、最悪でも、現場の方が読まれたら「あのことね」と正しく理解して頂けるかと。
なので、perfectを目指しつつ、でも、恐れず頑張りましょうなのです。

2013.06.01 20:48 URL | Sayo #- [ 編集 ]

うわ~~~(と叫びたいぐらい喜んでいる)。
sayoさん、そしてtomokoさん(はじめまして!)、本当にありがとうございます!!
原文を確認しましたが、「同じ試料を連続する3つの穴に注入」、まさにそのことを指していると思われます。あぁ、ブログやっててほんとに良かった!(って、自分はロクなこと書いてないんですが。しかもあまり更新してないし…)。

分納しなくてはならないので、該当箇所が含まれる部分は月曜日には納品しなくてはいけないのですが、恥ずかしながら自力で「連」という言葉にたどり着けたかどうか、自信がありません。「現場にいる方にはごく普通の言葉」にたどり着くまでにどれだけ時間がかかるのか(そして最悪たどり着けないことも)…。こういう時、「なんだかとんでもない仕事に就いてしまったのかも」と気が遠くなることもあるのですが、とにもかくにも調査力をもっともっと鍛えなくてはです。

この案件は、まだまだ山盛り残ってるので(涙)、気合いいれてがんばります。
本当にありがとうございました!

2013.06.01 19:42 URL | komako #- [ 編集 ]

Tomokoさん、まいどです~。

ですよね。Tomokoさんは、大学で化学に関係する勉強をされていた(理学部でしたっけ?<全然分ってない)というようなお話をお聞きした記憶があります。わざわざご主人様に確認してくださってありがとうございました! 細胞培養の結果を写真付きで掲載しているサイトとかにも、3つ並んだウェルがよく写っているので、「3つ並べて」アッセイすることを言うんだろうなとは推測していました。でも、専門の方からの強力な「裏取り」が得られて心強いです! 

Komakoさん、コメント読んでる!? 「3連」オッケーだからね!

一見専門的ではないような「in triplicate」、こういう素人の振りした言葉(フレーズ)が意外に訳しにくかったりするんですよね。コメントありがとうございました。

P.S.
「試料」→「資料」なんか可愛いもんですよ。最近ウチの子は、「最近」の第一選択肢として「細菌」を出してきますからね。気になさらないでくださいな。

2013.06.01 18:28 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

何度もスミマセン。

今自分のコメントを確認したら「試料」が「資料」となっておりました。おお、怖い。おそろしい間違いを公表してしまってホントごめんなさい。

独特の言い回しって難しいですよね。
でも、ダンナはいつも、「僕たち企業の人間は、もともとそこまで翻訳文に期待していないから」と言っております(あくまでも個人的意見です)。
気が楽になるような、やる気がそがれるような。。。

ではでは。
失礼しました。

2013.06.01 18:16 URL | tomoko #- [ 編集 ]

Sayoさん、いつもおおきにです~。

は~い、一応細胞培養、やっていましたよ。でも私の知識は化石化しているので、同じ研究室出身のダンナ(バイオ企業勤務)に確認したところ、「in triplicate」は「3連で」と言うらしいです。「3連で~をやる」とよく言うんですって。それは具体的にはどういうことかというと、例えば96穴プレートに、同じ資料を連続する3つの穴に注入し、その後アッセイするとのこと。
言葉で説明すると難しいのですが、この説明でピンとこなかったらまた知らせてください。
3回同じことを繰り返す、という意味がもともとあることは間違いないので、文章によってはもちろん、「3度繰り返す」という訳文になると思います。
私はまだそのような案件に遭遇したことがないので具体性に欠けるコメントですが、ちょっとでもお役にたてればと。。。

ではまた。

2013.06.01 18:06 URL | tomoko #- [ 編集 ]

レモネードさん、まいどです~。

そうそう、「3回反復して試験/測定する」ことも結構多いんですよね。魔のtriplicateですな。

sample, test article, specimenなどの訳語も簡単そうで悩ましいですよね。その点、参考資料頂けるとありがたいです。5~6枚の翻訳に100頁を超える参考資料で死にかけたこともありましたけど。でも、同一クライアントさんでもモノが違うと違う言葉が当てられていたりすることもあり、悩ましいです。

「滅菌」は一時Myブーム(?)でしたが、最近はちょっと違う流れに乗っている(?)感じです。うさちゃんに会うことも多く、euthanasiaの語には涙を禁じ得ないのですが、それだけで案件断るのもな~、と日々悩みは深い(??)Sayoなのだった。

ではでは。お仕事頑張って下さいね。

2013.06.01 17:53 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Komakoさん、まいどです~。

おおっ、こんな形でKomakoさんのお役に立つとはっ! 本当は非翻訳関連の記事を書きたかったのですが、「いや、ずっと翻訳のこと書いてないしな~」と、最近苦しんだtriplicateくんを記事にしてみたものなの。「3連で」は、その表現に慣れておられる方でしたらどうってことない表現なのかもしれませんが、部外者ではなかなか辿りつけない訳語ですよね。「ガイダンス」さんでも使用されてなかったと思います。
3の倍数は結構あるようで(プレートの形状柄そうなるんでしょうかね)、「どう見てもウェルでしょ」な文脈で、「6 replicates」なんてこともありました。

数週間案件と仰るとなかなか大物ですね。体調大きく崩さないようにして、できる時に(枚数)稼いでください。ダイジョブ、komakoさんならできる!
内容的に「行けそう」と思っても、いざ翻訳を始めてみると「こんなはずではなかった」ってことも多いので、引き受けるか否かの判断は、本当に難しいですよね。私は、取りあえず「ひと目見た」「話を聞いた」時点で、「これは無理」と思うものは即お断りしますが、そうでないものは、納期との兼合いでお断りしたり、納期延長交渉したり、お引き受けしたりって感じです。ニッチ翻訳者の生きる道であります。

ではでは。引き続き頑張ってくださいませ。私も頑張ります。

2013.06.01 17:38 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは~^^

「in triplicate」は、悩ましいです。おっしゃるとおり、context次第かなと思います。ずっと以前に翻訳会社からいただいた参考資料の対訳(細胞毒性試験)では、「XX was prepared in triplicate→XXの3反復検体を調製した」のようになっておりました。測定であれば、「3回繰り返し測定した/3回反復測定した」など...。ちなみに、ここの会社の用語指定では「sample=検体」なのですが、他社では「試料」のこともあり、用語の指定がないとかえって悩みます(医療機器の生物学的安全性試験法ガイダンスでは「試料」が多いですよね)。

参考にならなくてごめんなさい。いったん仕事に戻ります~(^ ^)/~

P.S. いまだに「滅菌」などのキーワードでSayoさんのブログに辿り着いているのは、この私です(汗)。

2013.06.01 17:13 URL | レモネード #7av6LuR2 [ 編集 ]

なななな、なんとなんと~~~!。
医療機器ではないのですが、今、ワタシが超苦戦している案件にこの「in triplicate」が出てきまして、訳語に確信が持てずにいたところでした。今回のワタシの案件の場合は、(あくまでもワタシが理解できている範囲では、なのですが)ウェルプレートの3つのウェルを使うってこと」であろうことまではたどり着いたのですが、それをどう表記すべきなのか悩んでいて、「後で時間かけよう、、、」と飛ばしていたところなのでした…。sayoさんのブログに光りを見いだすとは!!ありがとうございます!!この「in triplicate」という表現はよく使われる表現のようですね。

今回の案件は、こんなことを言ってはいけないとも思うのですが「もしかして、引き受けるべきではなかったのかも?」と思うぐらい、超苦戦していて半泣き状態です(落ち着いたらきっと反省ネタとしてブログにも書くと思います…。納期までまだ数週間あるのでしばらく書けませんが…)。
フリーになって、仕事を受けるか受けないかを判断するのも自分の責任となりましたが、まだまだいろいろ試行錯誤の日々…。とにもかくにも、この目の前のやっかいな案件に全力を注がねば...な状態なのでした…。げっそり。

2013.06.01 16:57 URL | komako #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示