FC2ブログ
2013. 08. 14  
・・・というほども間隔が開いていませんが・・・

本日は、本来であれば帰省予定でしたが、旦那出勤につき(←一応盆休みですが)、Sayoも仕事中です。帰省は後ろ倒しになりましたので、今日明日稼いでおかねばと励んでおりますが、少しばかり気分転換など。

先月末、殴っても死なないはずの旦那が体調を崩し、夏風邪→咳喘息と、ひと通りの経過を辿って、1週間ほどで軽快しました。1週遅れで同じ事態に陥ったSayoは、旦那よりかなり基礎体力に欠けるため、約2週間で同じ経過を辿りました。まだ本調子ちゃうし。

そんなこんな今日この頃。

「ぢ」が辛い。辛いのよ。これまで「痛い」→「軽快」→「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」を繰り返して来ましたが、そろそろきちんと専門医さんを訪ねた方がいいかしらんと思案中。いずれにしても、今は世間はお盆休み中なので、現在ドーナツクッション愛用中。旦那、そこ、地響き立てて歩くなっ。

昨日は、実家の仏壇を軽くお盆仕様に変更。お墓参りもすませ、気分はほっとひと息。

仕事関係は、相変わらず医療機器の和訳を中心にぼちぼち。
先週、治験の講座3期目が終了しましたが、これについては、別記事で報告します。英訳2期、和訳1期全15回通いましたが、通学も通信もとりあえず暫くはお休みを予定(学んだことをまとめるのに時間の掛かるヒトです)。今後の方向性について思案中。

7月以降、日曜夜は「八重の桜」→「半沢直樹」シフト確立。
後者は、「現代の水戸黄門」とも呼ばれたりしているようですが、特に7月は、「八重の桜」が籠城戦で、毎週誰かが亡くなるという重い内容でしたので、この順番で視聴し、「倍返し」でスカッとするパターンは、精神衛生上なかなか宜しいものでした。ただ、これだけヒットすると、ドラマを離れて、「やられたらやり返す」&「倍返し」の部分だけが一人歩きするのではないかと、危惧する部分もないではありません。「Pay it forward」精神も頭の片隅において、何かと生き辛い世の中、渡って行きたいものです。
NEXT Entry
治験の講座 3期目完走
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Re: タイトルなし
鍵コメント下さいました**さま、まいどです~。
お陰さまで夏風邪の方はダイジョブですが、さすがにこう暑いと、夏バテもありますかね、「絶好調」までは持っていけませんね。「ぢ」の方は、少し落ち着いて来ましたので、取り合えず週明けまで待ってじいじ先生をお訪ねする予定です(元々は外科医が専門で、自分で診れないものは別の専門医先生を紹介して下さるので、まずはここから、な我が家の主治医であります)。**さんのように薬で落ち着いてほしいんですけど、ウチは、主人も主人の母も「ぢぬし」で手術経験者なので、あっさり「切りや~」と勧めてくるのだ。よい人たちなだけに手強い。女性の「ぢぬし」さん、結構多いですよね。お互い気をつけましょうね~。
半沢さんの奥さん花ちゃんについては、うちの旦那も「理想の嫁やな~」とのたまっております。「いつも明るく旦那さんにはっぱをかけ、夜中でも品数の多い手料理を振舞い、仕事もできそうなのに『旦那をいい加減にしてしまうから』とすっぱり辞めて、一見尽くしていないよう見えて尽くしている」ところが理想なんだそうです。「一生、理想を追っとけ」と心の中で合掌しておきました。
**さんも、夏バテしないように、もうヒト頑張り、夏を乗り切ってくださいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR