FC2ブログ
2011. 02. 27  
といっても、自分の人生のことではありません。
思い通りにならないことも、もちろんありましたが、
それでもやっぱり、自分の思う通りの道を思う通りに歩いてきたなあと思います。

というわけで、今日は両親に関する記事です。
この話題について書く時はテンションアップ(?)が難しく、文体も微妙に変わりますので(つまり、ちょっと重いってことさ)、そのような記事は「ちょっと苦手」と思われる方は、(せっかく来ていただいたのに大変申し訳ないのですが)ここで引き返されることをお勧めいたします。

今日は思うままに書こうかなと思いますので、
タイトルにうまく辿りつけるかどうか不安はあるのですが、
多少とも興味を持たれた方は、最後までお付き合いくださいませ。

Sayoの両親は介護が必要な状態で、施設と病院にお世話になっています。
厳密な意味で「認知症」と呼べるのかどうかは多少疑問符のつくところですが(つまり、アルツハイマーとかピックとかレビーとか確定診断されたことはないってことです、CT撮影で脳の委縮は言われましたが)、ともかく、2人とも意思の疎通はほぼ不可能な状態です。父はまだ(介助があれば)自力で食事ができますが、母は胃瘻で、口から食事を摂ることはできません。

親子の立場の逆転(=親は頼るべき存在ではなく、自分が面倒を見るべき存在である)を認識してからかなりの時間が経過し、今では、どうしてよいか分からないほど苦しくなることはなくなりましたが、それでも、2人の姿を見て帰宅すると、いろいろ考えてしまいます。

施設(病院)に入れてよかったのか。
もっと母が穏やかに過ごせる方法があったんじゃないか。
本当に胃瘻にしてよかったのか。
こんな状態で生きていることは、2人にとって幸せなことなんだろうか。
こんな状態で生きていることに、何か意味があるんだろうか。

そうして「自分が楽をしたかったから」「死んでほしくないから」(2人が今の状態で生きることについては)「自分の将来について考える機会を与えてくれた」「他者にやさしくなれた」「他者のやさしさに触れることができた」等々、様々な理由を探し出すのですが、よくよく考えてみれば、それらは、結局すべて「自分のため」の理由であって、子供の立場からみたエゴでしかないのではないかという一点に突き当たってしまうのです。

でもまあ、そのように考えてばかりいても、物事は前に進まないので、
どこかの時点で「でも、これしかやりようがないんだから、仕方ない」
と割り切って(あるいは愚痴愚痴言って旦那にそのように一喝され)、
また日々の雑事に悩殺されてゆく、の繰り返しな毎日です。

このように書くと、「苦悩の毎日」と誤解されてしまいそうですが、
いつもそんなことを考えているわけではなく、
ブログ記事のどこでボケようか、どこで(自分に)つっこもうかと真剣に考えている
立派な関西のおばちゃんであるSayoだって、確かにいるのです。
ただ、↑のような思いは、意識はしなくとも、いつも心のどこかにあるような気はします。

介護ブログや掲示板に足を運ぶようになり、
また、(ごくごく一部の方ですが)
そのような介護の先輩とメールでやり取りをさせて頂くようになり、
改めて分かったことは、多くの方が「後悔のない介護はない」と仰ること。

この頃になって、何だか自分もそう思うようになりました。
違った道を選択しても、たぶん違った後悔があったと思う。

友人や介護の先輩やケアマネさんに話を聞いてもらい
「Sayoさんは自分にできる最善のことを一生懸命やっていると思う」
などと言って頂くと、確かにその時は少し気持ちが楽になるのですが、
(話を聞いて下さる皆さん、いつも本当にありがとうございます)
必ずまたどこかで「これでよかったのか」という負のループに嵌まってしまう。
それはたぶん、自分の心が本当に納得していないからなのでしょう。

これらの後悔、罪悪感、負い目といった気持ちは、
薄れてゆくことはあっても、完全に消えることはないのかなと、
つまり自分が完全に心から「納得」することなどないのかなと思います。
であれば、これからの人生、
そうした気持ちから逃れられない自分という存在を、そのまま受け入れ、
それらの気持ちとうまく付き合って生きていかなければならないのだなあと
思うようになった今日この頃です。
人生ってそういうものなのかもしれない、
というような自分の心境をまとめてみたかったのですが、
結局、やっぱりうまくまとまらなかったのでした。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
NEXT Entry
リンク先ブログ
NEW Topics
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
「翻訳者のなり方・続け方」(翻訳フォーラム)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR