FC2ブログ
2013. 09. 04  
読了。
この方の作品は、だいたい、勢いがつくと一気読みなのですが、この作品もそうでした。ちょうど、仕事も緩め納期で推移していましたので。

海堂さんの作品は、自分の中では「一気読みして取っておいて、2~3年置いてまたざっと読み返し、『あ~、やっぱり面白かった』と満足する」という位置付けです。なので、図書館で借りたものもありますが、手元に置いているものもあります。

私には、「医療モノ」ということが分っただけで、その本を取りあえず手にとってしまう(←図書館ですが)という悪癖(?)があり、それなりに失敗も犯しているのですが、海堂さんの書かれるお話は本当に面白い。ストーリーも緻密に練り上げられているし(小さな伏線もきちんと回収されます)、ぐいぐい読ませる筆力もある方と思います。本作でも、終盤、延々と殺人事件の種明かしが続く場面があるのですが、そういう動きの少ない場面でも失速しないのはすごいと思います。
また、本作に登場する田口・白鳥コンビが主人公の「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、同時期に同じ病院内で発生した、全く異なる種類の2つの事件を扱っているのですが、そういうことをやってみようという発想が、すでに只者じゃないと思うのです。どちらかが失敗すると2作ともコケる恐れもありますし。

作者は本当に多作な方です。読んだ限りの作品は、全作かなりの水準でした。多作かつ全作緻密に構成かつ高水準維持というのは、なかなかできることではないと思います。

海堂さんの作品は、(シリーズが違っても)全作がどこかで繋がっています。最初の頃は、それが「あの作品の登場人物がここにも」という感じで嬉しかったのですが、後は田口・白鳥コンビものの最終作(らしい)「ケルベロスの肖像」を残すのみとなった本作まで来ると、別の作品の登場人物が、さらに別のシリーズにかなり重要な役回りで登場した後、今度は重要人物(らしい)として本作に戻ってくるというように、あまりに皆が入り乱れる状態となってしまい(最初から、異なる複数のシリーズをこの最終作に収斂する意図を持ってストーリーを練り上げて来られたのではないかという気もしますが、それにしても)、新しい読者や、私のように「手に入るものから読んでいます」な読者にはちょっと不親切だなという気も致しました。それを補完する辞典的な意味合いもあるようなので、「ジェネラル・ルージュの伝説」は、やはり購入して手元に置いておこうと思います。

この田口・白鳥コンビの白鳥技官という人は、本当に強烈なキャラクターです。薄気味悪いくらい何でも知っていて頭がよく、そして尊大で傍若無人でやなヤツです。個人的には、半径3 m範囲内には来ないでほしいですね。対して、相方の田口講師は、天然ボケ的な性格の御仁なのですが、だからこそ、漫才のボケとツッコミのよういいコンビなのだと思います。白鳥技官の毒を田口先生が中和する、みたいな。
1つ前の記事のコメントで、白鳥技官のMy配役は片岡愛之助さんです、と書きましたが(まあ、それは「半沢直樹」の影響が大なんですけど)、是非、片岡愛之助版白鳥技官も見てみたいです。TVでは仲村トオルさんが、映画では阿部寛さんが見事に怪演されていて、お二方の印象も大きいのですが、2人とも長身だし、原作のイメージとはちょっと違うような。あくまで個人的な感想ですが。

あ、全然、「アリアドネの弾丸」の読書感想文になってませんでしたね。でもまあ、粗筋はネットでさくっと手に入るので、そちらで。Wikiもかなり充実していました。自分の中では、田口・白鳥シリーズのストーリー満足度は「ジェネラル・ルージュの凱旋」>「チーム・バチスタの栄光」>「アリアドネの弾丸」>「イノセント・ゲリラの祝祭」>「ナイチンゲールの沈黙」という感じです。でも、未読で興味を持たれた方は、やはり、発表順に読んでいかれるのがいいかなと思います。
NEXT Entry
新聞から‐その3
NEW Topics
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
「翻訳者のなり方・続け方」(翻訳フォーラム)
Comment
Re: タイトルなし
まいどです~。
私、この方の作品は「風花病棟」だけなんですけど、(かなり)強引にひと括りにするなら「心温まる系」でしたよ。ご本人も精神科医さんなのですね。

田口・白鳥シリーズ、TVの1stシーズンと映画の「バチスタ」(TV放映)を見ましたが、どちらの白鳥さんも変人感(?)は出ていたと思います。ただ、「ネバっと」感は愛之助さんのがありそうかなと。

ずいぶん前に「臓器農場」を読んだ覚えがあります。ストーリーもほとんど覚えていないのですが、たしかに血湧き肉躍る系ではないという記憶はあります。

田口・白鳥シリーズ、映画は見てないんですが、テレビの方は見てました。で、仲村トオルさんの白鳥だとやっぱり薄味で、シュッとし過ぎてるんですよ(あれはあれで好きでしたが)。愛之助さんの濃ゆ~い白鳥、見てみたいですねえ。
Re: タイトルなし
そーなんです、サガのようです。
血湧き肉踊る系(?)ではないですが、帚木 蓬生さんの「風花病棟」も心に残りました。

医療モノというだけで手に取ってしまうのは、医薬翻訳者の性かと…。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR