FC2ブログ
2013. 10. 23  
朝日新聞に毎週連載されていた、天野祐吉さんの「CM天気図」が好きでした。ブログでも、ホンダの「負けるもんか」を取り上げたことがあります(まあ、あれは、どちらかと言うと、CMそのものにぐっときたんですけどね)。

皮肉を利かせながらも、やさしい目線を忘れない方だったと思います。
天野祐吉さんは、文末に「・・・だったりして」という表現を多用されたという印象があります。あくまで、個人的な印象ですが。「・・・だったりして」は、「私はこう言ったけど、実際はそうじゃないかもしれないんで、そこんところヨロシク」的に、自分の発言の責任を曖昧にする場合にも使用されますが(←これもあくまで個人的意見ですが)、天野さんの「・・・だったりして」は、上手く言えませんが、痛烈な皮肉の一撃を放った後で、相手に手を差し伸べて立たせてやっている(相手にも反論の余地を与えようとしている)かのように感じられ、決して、自分の発言の責任逃れのようには思われませんでした。「やさしい目線」と思ったのはそのためです。

今日は水曜日。最終回の「CM天気図」は、担当記者さんによる「天野祐吉さんを悼む」でした。連載1132回、ご自身の都合で休まれたことは1度もなかったそうです。

合掌


・・・そして、ますます「非翻訳ブログ化」していく屋根裏であった。
NEXT Entry
久々の英訳
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR