屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「身体全体を使って音楽を表現する」と書いていた新聞だったか雑誌だったかの記事がありましたが、本当にその通りですね。小さな失敗はありましたが、スケートカナダのSPの演技もFPの演技もとてもよかった。涙もろいSayoはまたまた泣けてしまったのでありました(今回は、さすがに、基本Youtubeさんのお世話になりました)。


鈴木さんの名前を初めて耳にしたのは、もう10年以上前でしょうか。
フィギュアスケートの雑誌で「キャンディロロが、彼女の滑りを見て(彼が主催するショーの日本公演に将来を期待されるジュニアとしてゲスト出演したかなんかだったと思います)、『あの子は誰?』と興味を示した」という記事を読んだのが最初です。

当時はアメリカ在住でしたので、彼女の滑りの映像を見ることは叶わず(それ以前に全日本選手権自体、TV放映されていなかったと思います<時代は変わったねえ<しみじみ)、シニアデビューを楽しみにしていました。

でも、大学進学を控えた時期のインタビュー記事を最後に、彼女の名前を聞くことはなくなりました。怪我に苦しんだり少女から大人への体型変化に対応できなかったり、といった理由で表舞台から消えていく選手は多かったので、鈴木さんもそうなのかなくらいの気持ちで、彼女のことは次第に忘れていきました。

復帰を知ったのは、帰国後の2005~2006年頃のことで、摂食障害と闘っていたことも程なく知りました。それでも、その頃は、ここまでの選手になるとは思いませんでした。注目するようになったのは、バンクーバー五輪の前年の「黒い瞳」(FP)の頃からでしょうか。

鈴木さんのスケートには、何か惹きつけられるものがあります。ま、目が大きいので、目ヂカラで惹きつけられるというのはまずあるんですけど・・・年齢を重ねても進化を続けて頑張っているところも・・・
でも、(個人的には)全身で表現しているから、伝わってくるものも大きいのかなと思う部分もあります。昨季の「O」や今季の「オペラ座の怪人」では、手先だけではなく腕までよく使っているな~と思う場面が何度もありました。
あとは、喜怒哀楽の感情を「作っています」感なく表現しているところでしょうか。

浅田真央さんの昨季のSP「I got a rhythm」は楽しいプログラムでお茶目な表情も見られましたが、時々「楽しいプログラムなんだから楽しい表情で滑ろうと頑張っています」感が伝わってきて、切なく苦しくなってしまうことがありました(←すでに母親目線)。
今季の「ノクターン」は決して「楽しい」プログラムではありませんが、「嬉しそうに滑っているなあ」と感じた初戦でした。スケートアメリカの記事を掲載した日経新聞の写真は、スパイラル中の浅田さんの表情が、「プログラムだから」ではなくとても幸せそうで、「今年は本当に色々吹っ切れたのかもしれない」と思うと同時に、その一瞬を切り取ったカメラマンさんを「グッジョブ」と褒めてあげました(その新聞は先週末ぼーっと廃品回収に出してしまいました<シーズン2戦目にしてすでに廃人<自分)。

話が逸れてしまいましたが(でもって戻りますが)、鈴木さんは、そんな風に「自然に感情を演技にプラスできる人」のように思います。もともとそういうドラマチックな滑りのできる方だったのか、努力で身につけられたものなのか分かりませんが。両方かもしれません。

競技用プログラムも今年が見納めかと思うと寂しいですが、シーズン最後までしっかり応援しようと思います。

ということで、皆様、NHK杯応援サイトはコチラ↓↓↓でございます(動画もUPされますし、毎年大変お世話になっております)。
http://www1.nhk.or.jp/sports2/figure/index.html

あ、その前に中国杯入りますが。日本からも、小塚君、村上佳菜子さん、今井遥さんが出場します。
2013.10.28 20:39 | フィギュアスケート(~13-14 season)  | トラックバック(-) | コメント(2) |

Tomokoさん、まいどです~。

やはり五輪イヤーだからでしょうか、現役引退を公表している選手、仄めかしている選手が多いですね。羽生君は、スケカナの演技は今イチ・・・というか、色々なものを意識しすぎたように見えました。大きな怪我さえなければ、これからも数年、次代の日本を引っ張っていってくれる選手と思います。
私は、Myイチ押しの高橋君、鈴木さん、そして真央ちゃん引退の来季以降は、まずは成龍ペアを応援しよーと思っています(シーズン最後に燃え尽きていなければ)。

2013.10.29 13:58 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

今年度で引退する選手が多いから寂しいですよね。来年以降、だれを応援したらよいのでしょう。とりあえず羽生選手が次世代エースと思っていましたが、今度の五輪に出られるかどうかもまだわからないですよね。
次は中国杯ですね。しょっちゅう試合があって、いつも日本人選手が出ているのがうれしいですね。

2013.10.29 09:59 URL | tomoko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示