屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今更、対訳君とTradosの話・対訳君編」の記事も併せてお読み頂けると、話が分かり易いかと思います。

2週間ほど前にやっと移行作業を完了しました。

10月初旬には手元に届いていたのですが、今年は10月に入ってから異様に暑い日が続きましたので、PCを宥めつつ、仕事の合間を縫いつつしていたら、こんなに遅くなってしまいました。

(以前の対訳君)
対訳君Professional +英辞朗for対訳君
(乗換え後の対訳君)
対訳君Accept+英辞朗for対訳君(最新版)+日本薬局方&ICHガイドライン

英辞朗と局方&ICHは正規料金ですが、AcceptについてはProfessionalとの差額料金のみです。これで、Professionalのみの対訳集もインストールすることができます。

バックアップ機も基本的に本機と同じ構成にしているので、まずバックアップ機の方からインストールして様子を見ましたが、特に問題なく、2機ともインストールを完了しました。

Professionalでは、対訳君開始画面はウインドウで表示されたのですが、Acceptではこれがツールバーで表示されるようになっており、初版(?)以降大きなアップグレードはなされていないと聞いていますが、細かな点は修正がなされているのではないかと思います(もしかしたら、ProfessionalとAcceptの違いかもしれませんが)。慣れると、コチラの方が使い易いです。

Upgrade後、プロメディカのみがどうしても認識されないのですが、以前もプロメディカで苦労したような記憶があり(我が家のPCでは、対訳君導入後に買い足した辞書は「プロメディカ」のみです)、これは、もう少し頑張って情報を探せば、或いはプロメディカを再インストールすれば解決する問題かもしれません。しかし、対訳君上ではプロメディカは少し見辛いなと思っていましたので、今はプロメディカは単体で使用しています。

ProfessionalとAcceptの違いは、主なところでは

辞書
Acceptには「医療統計用語辞典」(1万語)が含まれている
対訳集
Professionalには「内閣官房法令翻訳データ集」が含まれている
Acceptには「腫瘍学国際文献引用集」「メルクマニュアル18版」が含まれている

あたりかなと思います。

「医療統計用語辞典」には簡単な説明も付されていて、個人的には、かなり助けになってくれそうな感じがしています(まだあまり使う機会がないんですけど)。そこから紙辞書だったりGoogleだったりに飛んで詳細を確認しなければならないケースは多そうですが(←あくまで自分の場合)。

さて、現在進行中の案件は、患者を対象読者とする文書なので、難解な専門用語は少ない代わりに、専門用語は、極力平易な言葉/表現で訳すことが求められます(と思う)。これはこれで難しいですが、逆の意味で遣り甲斐もあり、この種の文書、個人的には決して嫌いではありません。

こういう場合は、取掛かりとして英辞朗君にお世話になることも多いので、対訳君は、
「英辞朗」「英語辞書セット」「医学系辞書セット」「機械電気系辞書セット」「対訳集セット(内蔵対訳集のうち選定したものを、結果を表示して欲しい対訳集順に並べ替えたもの)」
という布陣で使用しています(セットというのは、内蔵&手持ち辞書をグループ化したものです)。

対訳集は「他の窓からの入力を受け付けない」設定にして、通常、検索窓に検索語を入力した時には、辞書のみ検索するようにしています(対訳集まで検索すると少し時間が掛かるので)。フレーズの訳語を調べたい時のみ、直接対訳集に検索フレーズを入力します。今回の案件では、対訳集中の「例辞朗」君がなかなかいい仕事をしてくれています(新しくした甲斐があった・・・)。

局方やICHはまだ実際に使用する機会が少ないので、使い勝手については、続報(機会があれば)ということで。

長期案件の場合は、対訳集表示順を入れ替える、対訳集セットを選び直すなど、ミニカスタマイズした方が使い易いだろうなと思います。だから、という訳でもありませんが、やっぱり対訳窓も複数開けるようになっていると有難いなと思う今日この頃なのでした。
2013.11.04 22:29 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

Tomokoさん、まいどです~。

移行そのものは完了したんですけど、その後YouTubeに遊びに行って、PC落ちました~。少し暑さが戻った日だったので(←それはYoutubeを見に行った自分が悪い、という説もある)。

実は、今回、迷ったんですけど、結局Acceptだけにして、Professionalのデータベースは入れなかったんです。ここ2~3年は活用する機会も全然なかったので。状況に応じて、インストールし直すか、新しいPCにした時に入れるかもしれませんけど。プロメディカと共に様子見です。

ちょっとした操作ですけど、これだけ対訳集があると、ミニカスタマイズ必要になりますよね。今は、いい仕事をしている例辞朗君をトップに格上げしてやって、腫瘍→メルク→局方→ICHの順にしています。

2013.11.05 11:53 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

涼しくなり、トラブルなしで移行作業が無事に終了してよかったですね。
ProfessionalにプラスしてAcceptが入っているって、最強な感じがします。
対訳窓の件ですが、私は案件ごとにミニカスタマイズするやり方でなんとか乗り切っていますが、確かに複数あると便利ですね。

2013.11.05 11:13 URL | tomoko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示