屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

朝日新聞の夕刊に連載されていた「英語をたどって」を興味深く読みました。

「私たちはどうしてこんなに英語に苦労させられるのか」という疑問から始まった連載の最終回、筆者は、お互いの英語能力を品定めしようとする「この国に住む私たち」がその犯人なのではないかとした上で、その自作自演の「苦しみの連鎖」から脱出しませんかと呼びかけます。

中抜きで結論だけ書いてしまうと、筆者の考えるところが正しく伝わらない恐れがあるので、興味を持たれた方は、連載を全て読んでみて頂きたいなと(「朝日新聞」デジタル版の有料会員登録が必要になりますので、一番安上がりなのはやはり図書館かと・・・11月5日~20日までの全10回連載です)。

著者は「英語学習というと、よく『読む、書く、聴く、話す』の4技能をバランスよくとか「総合的に」なんていわれる。でも、きれいごと過ぎないか」と問い掛けるのですが、ビジネスの場では、4技能がそれなりにできる人材の方が重宝されるのは事実。著者の言わんとするところは分かるのですが、それでも、英語を勉強しなければ「ならない」立場の人がたくさんいる現状は一朝一夕では変わらないだろうなと思います。そんな中で個人の意識を変えていくことは途方もなく難しいだろうとも。どうするのが最適な道なのか、私には分からないのですが。

ただ、「英語教材をいくら勉強しても、そこに『言いたいこと』は書いていない。言いたいことを言う力をまず鍛える。日本語で出来ないことが、英語で出来るはずはない。そう思いませんか」という最後の問いかけは、本当にそうだと思うのです。そのためには、「言いたいことを英語で言えないもどかしさ」を経験することが大事なのではないかと思います。少なくとも、自分の場合はそうでした。


1960年代前半生まれの生徒の多くが(たぶん)そうであったように、中高では文法とリーダーを中心に英語を学び、大学では教養課程でReadingのみの授業を受けました。てことで、writingはテキストに沿った単文ならOK、会話能力はゼロのまま社会に出ました。
20代の頃には、「英会話ができたら格好いいな」くらいの気持ちで英会話スクールに通った時期もありました。ただ、その英語で何がしたいというわけではなく(翻訳の勉強はしていましたが、自分の中で翻訳と英会話は切り離して考えていた感じです)、当時の私の考えていた「英語ができる」は「Nativeに近い発音で流暢に会話が続く」以外の何物でもなかったと思います。

35歳の時、アメリカに飛ばされた旦那に帯同して海を渡りました。

「せっかくアメリカに来たんだから、英語ができるようになりたい」とか思うわけです。学生時代はClassroom-smart的優等生だったし、多少は翻訳の仕事もするようになっていたので、「他の人よりできないと格好悪い」とか「他の人より早く上達したい」とか思うわけです。根が負けず嫌いなもんで。
という訳で、近くのCommunity CollegeのESL(English as Second Language)のクラスに通い始めます。めでたくESLを卒業できれば正規の英語のクラスを取ることができます。

転機(?)は、ESLから這い上がって取った正規の英語のクラスで訪れました。
「English 101」と呼ばれるそのクラスは、無理に訳せば「大学英語入門」とか「教養課程英語購読I」みたいな感じでしょうか。高校を卒業して大学に入学した学生は、必須単位として必ず履修することが求められます。
小心者の私は、「周りは英語を母国語とする学生ばかり」というその事実にもう気後れしていました。授業では、普通のDiscussionの他に、1人1台PCを使い画面上でチャット形式で意見交換も行ったのですが、単語の綴りに自信がなく読むので精一杯の私は、全く付いて行くことができませんでした。ESLでも、Discussionでは、とにかく喋るクラスメート達に圧倒されて殆ど口を挟むことができず、挙句の果てに「Sayoには自分の意見はないの?」と聞かれるような屈辱を味わっていましたが(お前らが黙らへんから喋られへんのじゃ~!!<心の声)、チャットでは、私は「その場にいない者」として扱われ(発言しないので当然なんですが)、それは「意見はないの?」と尋ねられる以上の屈辱の日々でした(決してクラスで苛められていたとか、そういうことではありません)。

そして、「言いたいことを英語で言えないもどかしさ」を味わったのでした・・・と続けたいところですが、事実は少し違って・・・

授業にはEssay writingの課題もありました。最初の課題こそ「テキストの3つのEssaysを読んで意見を述べよ」みたいな平凡な課題でしたが、2回目からは「この学校に進学しなかった友人に今の生活を教える手紙を書け」だの「あなたがよく行く店のShop Ownerにクレームレターを書け」だの、俄然面白い課題になりました。長くこのブログを読んで下さっている方は分かると思うのですが、こういう魔球(?)が来ると、私は、俄然燃えるヒト。先生、グッジョブ。
クラスでは、2人の学生がPairになって相手のEssayを読み感想を述べるという時間がありました。その時、Pairの相手のEssayを読んで、「この子ら、全然たいしたこと書いてへんやん」と思ったのです(English 101に全身全霊を捧げている私と「取りあえず通ればいいわ」とやっつけ仕事をやって来る学生を比べるのはそもそも間違っているかもしれないのですが)。もちろん、私の書いている英語は稚拙だったし語彙も少ないし間違いもたくさんありました(あとで、先生にがっつり直されました)。でも、「内容では負けへんで」と思ったのです。何しろ、書くのが好きなヒトなもんで。「もっと英語ができたら、もっと上手く伝えられるのに」「もっと上手く書くのに」と。

私の真の「英語ができるようになりたい」は、ここから始まったような気がします。中学校で英語を習い始めた時から計算すると、実に20年以上の時間が経過していました。でも、それを実感できただけでもよかったのかも。

「きちんと伝える」ためには、何をどうすればいいのか? 「読む、書く、聴く、話す」力をつけていかなければならないのは当然なのですが、「自分はどう考えるのか」がなければ、相手にきちんと物事を伝えることができません。きちんと理解してもらうためには、発音もそれなりに大事です。そんな風に考えると、自分に相応しいアプローチは何かということも、自然と決まったような気がします。

もしも、20年前に、誰かから「英語教材をいくら勉強しても、そこに『言いたいこと』は書いていない。言いたいことを言う力をまず鍛える」ことが大事だと言われたとしたら、私は「本当にそうだよな~」としみじみ納得したと思います。でも、自分でよくよく考えて心から納得したことではなく、所詮は「教えて貰った大事な言葉」に過ぎないので、時が経てば、初めてその言葉を聞いた時の感動や納得も、次第に薄れていってしまったのではないかという気がします。そして、20年後の今も、「英語『が』できるようになりたい」と、ちょっと方向のズレた努力を繰り返していたかも。

そんな訳で、最初転勤の話を聞いた時は頭が真白になったものでしたが、今では、アメリカに連れて行ってくれた旦那に感謝しています。小心者の私が、自ら「1人で海外に出よう!」と決心することなどまずなかったと思いますので。そう考えると、やはり、子供以上に手の掛かるヤツのアレもコレも我慢しないといけないのかもしれないな~、というのが、今日の記事のオチなのでした(て全然関係ないし)。
2013.11.26 18:01 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(2) |

Yasukoさん、まいどです~。
おおっ、Yasukoさんも「海外伝えられない体験組」でしたか! 現地校ですか? 高校いきなりは大変でしたでしょうね。
転勤決まった時は、私も「行きたくないっ!」と柱にたかって泣きましたね~。当時の自分の感覚では仕事も軌道に乗り始めた頃だったのに「Eビザ妻ステータスでは働いてはいけないことになっているので(渡米当時)、向こうではボランティア以外で翻訳の仕事はしないでくれ」と言われましたので。今となれば、色々な意味で、あの6年半があったから今があると思えますが。人生ってそういうものですかね~(しみじみ・・・ずずっ<お茶を啜る音)。
アメリカでは、「伝えられないもどかしさ」と共に、拙い英語でも「面白そうなことには耳を傾けてくれる」体験もありました。そうするとまた、「もっと上手く伝えたい」と思うんですよね~。好循環だったと思います。
「英語ペラペラ」をですね、最近、「自分の英語力より3段階(←というのはテキトーな表現ですが)上のレベルで英語を喋ること」とMy定義してみました。つまり、一般的に、ヒトは「自分の今のレベルでは叶わないレベルの相手を『英語ペラペラ』と定義する」のじゃないかと。そしてそのレベルに到達しても、やはりその上の「叶わないレベル」のヒトはいる訳で、「英語」というか語学の習得には、ホント終点がないですよね~。

2013.11.29 13:08 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、まいどです~。

アメリカで体験されたこと、よ~く解る気がします
。海外生活で自分の意見を伝えられないもどかしさや悔しさが、勉強の原動力になっているところはありますよね(帰国後は「海外に行ってたんだからペラペラよね~」という周りの期待にまた勉強せざるえないという・・)。

そして、最終パラも同感です。私は渡英当時高校生だったのですが、当初現地での学校生活がキツくて「私の青春を返して」などと父に詰め寄ったものですが(日本では少女マンガの主人公のような学生生活が送れるはずだったと妄想)、今思えば気の毒なことをしたもんです。その後、一応ずっと英語で糊口を稼がせてもらっているのですから。

あれから30年あまりたったけど、未だに英語に対しては当時のコンプレックスがトラウマのように残っていて、「勉強しなきゃ~」と追い立てられている気がします。

(追い立てられてるわりには、コーヒー飲みながらブログめぐりをしているね<私)

2013.11.29 08:34 URL | yasuko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示