FC2ブログ
2013. 12. 22  
関西中心の女性翻訳者がユルく繋がる会に参加させて頂いたこともあり、今年は、一気に同業者の知人友人が増えました。同業者の皆さんとの会話は、「そうそう、そうなのよ」という点でも「考え方が違うのね」という点でも、とても刺激的でした。お知り合いになった方々は総じて気持ちのよい方ばかりで、これらの出会い、そして出会いのキッカケを作って下さった方々には本当に感謝しています。

また、昨年からの「治験翻訳講座」継続受講に加え、今年は、医薬翻訳関係のセミナーにもいくつか参加してみました。製薬よりのセミナーで、仕事に直接役に立つことは少なかったのですが、業界や規制を大局的に見るよい機会となりました。

これらに加え、2月にFacebookを始めたことから、皆が翻訳の勉強だったり品質向上だったりツール導入だったりにどんな風にアプローチしているのか、どんな努力をなさっているのかが、かなり詳細に分かるようになりました。何度か勉強会のお誘いも頂きました。

私のキャパを遥かに超えるスピードでこれらの情報が流れ込んできた結果、とまどい、迷い、焦ることになりました。どうやら、私は、自分が鈍足であることを忘れ、皆と同じスピードで走ろうとしてしまったようです。その結果、「自分はなぜそれがほしいのか、なぜそれをしたいのか」を深く考えず、(特にフリーのものは)「取りあえず手に入れて安心する」という悪循環に陥りました。

「翻訳者」とひと括りにしても、どんな働き方をするかにより、また翻訳者一人一人により、必要とするものも求めるものも攻める方向も違うはずです。「他者の視点を知る」ことは大事ですが、入手する情報を咀嚼し自分の実にできる速度は人によって違うはず。私は、焦るあまり、そのことを忘れてしまっていたようです。

私の立ち位置は「家計の足し的主婦翻訳者」で、その立ち位置は、恐らくこれからも変わらないでしょう。その立ち位置だからこそできること、したいこと、そのために来年進みたい方向などを考えながら暮らした1ヵ月でした(フィギュアスケートのことしか考えていなかったという説もあり)。

来年は、「流されない、考える翻訳者」として、知識を積み上げ日本語を磨いていきたい。決して再び引き篭もるということではなく、他の同業者の方との触れ合いも大切にしていきたいのですが、「自分のために自分で考える」ことをないがしろにせず行こうと思います。
(今週末はとりあえず全日本選手権に魂を売り渡しておりますのでこの辺で。)
NEXT Entry
(もう少し)1年を振り返る‐取引先
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Re: タイトルなし
Kyokoさん、まいどです~。

抜け殻(←何のことか分かりますね)--> 納品 --> 通院 --> 白髪染めとばたばたしておりまして、お返事遅くなりました。Kyokoさんの記事も、朝読ませて頂いたのですが、時間に負われていたり考えが纏まらなかったりで、結局読み逃げしてしまいました。すいません。

こちらこそ、Kyokoさんとリアルにお会いすることがなければ、特許翻訳の方々はもちろん、他の医薬翻訳者の方の方々とも、こんな風に交流できなかったと思います。本当に感謝しています。

でも、(とりあえず自分にとっては)環境激変であったのは事実で、何だか目まぐるしい一年でした。

「翻訳者」とひと口に言っても、色々な立場で働いている人がいて、収入に対する考え方も(それに関連して翻訳に対するアプローチの方法とかも)微妙なところが千差万別(<日本語変)ですよね。でも、結局、自分は自分、他人のやり方や生き方も尊重する、でいいのかなとこの頃では思っています~。

こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
年が明けたら、またお会いしましょうね~(寒いと特に出不精なので、引張りだしてくださいね~<どこまでも他力本願)。
あと1週間ありますが・・・

今年はお世話になりました。
異分野の人との交流が始まったのはsayoさんのおかげです。自分の視野も広がりました。

でもそれと同時になだれ込む情報の嵐に巻き込まれそうになったのも同じです。拙ブログでも「立ち位置」に関連してちょっと書いてみました。

ま、同業者というだけでなく、sayoさんとはこれからも長くお友達としてお付き合いさせていただきたいと思っています。sayoさんのブログ、来年も楽しみにしています。

もちろんリアルでもお会いしましょう♫
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR