屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

昨年のお正月の「今年の抱負(今年も宜しくお願い致します)」を紐解いてみたら、おおっ、今年も同じこと考えてるし!(注:進歩がないとも言います) 
ということで、リンク貼って使い回してみたりなどしました。

「健康第一」で「平穏無事」な1年を。
そして今年も1年仕事が続けられますように。
だから、仕事ができるEvery Day is Gift。

・・・と、来年の今日も言っていられますように。

今年は、というかこれからは、翻訳に限らず「言い訳をしない」で生きていきたいです。これもどこかで言っていますね・・・てことは、実行できてないということでありまして(注:進歩がないとも言います)。

言い訳をするということは、自分の心のどこかに、「やればできた(かもしれない)のに、自分ができる100%の力を出さなかった」という「気持ちの負い目」があるということだと思うのです。私は我は強いけど意志はそんなに強くない。ついついラクな方に流されてしまいがちです。まっとうに誠実に、そんな言い訳をできるだけ減らせるような人生を歩んでいきたい。自分が死んだ時に、「あの人は名も残さず特に何も成し遂げなかったけれど、ヒトとしてなかなか上等な人だったね」と誰かに言って貰えるような、そんな人生を目指したいと思う51歳の正月です。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
2014.01.01 17:03 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(2) |

Akoronさん、まいどです~。
旦那実家に行ってまして、お返事遅くなりました。

いえいえ、こちらこそ、お世話になりました。私、エラそーなアドバイスもどきばかりさせて頂いたかもしれません。そのあたりは、旧年中のことということで苦笑いで忘れて頂ければ嬉しいです。一見、色々なことに動じないように見えますが、実は小心者で、心の中ではいつもおろおろしている結構日和見なヤツだったり。

親を送りますと、「ヒトには必ず終わりが来る」ということがひしひしと感じられ、仕事もそうですけれど、「自分はどんな風に生きたいか」ということをよく考えるようになりました。悔いなく迷惑少なく生きられればよいな~、と思います。
とはいえ、仕事ができる間は、やはり、老眼腰痛痔と闘うだけではなく、常に向上心を持って頑張って行きたいですね。

お互い、老骨に鞭打って(と同類視してみる)頑張りましょ~。

2014.01.03 12:44 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、昨年は本当にお世話になりました。

「言い訳をしない」本当にそうですね。そして前記事の「自分はどこに向かうのか」も、自分が考えているテーマでもあります。翻訳も大事なのだけど、仕事も含めて「どんな人生を送りたいのか」「どんな人間でありたいのか」を考えて、自分オリジナルな生き方ができればいいなと思っています。

よく考えると、自分に残された時間もあっという間に過ぎそう。。。(..;)
Sayoさんは、大局を見極めながらも、きちんと「ご自分」を見失わずに冷静な判断が出来ている方とお見受けしていますよ♡
流されてきたらSayo寺に駆け込みますので、どうか今年も愛の手を~♡♡♡
今年もよろしくお願いしますm(__)m。

2014.01.01 23:55 URL | akoron #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示