屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

女子SP。

浅田選手の演技(正確にはそのリプレイ)を見ながら、何となく、「努力は必ず報われるわけではない」という言葉を思い浮かべていた。数ヶ月前に新聞で拾った言葉で、その時は「人生とはそういうものだよなあ」と共感しつつも、話者の「だから、大きな大会でメダルを取った選手が、『努力すれば必ず報われる』と言うのは滑稽(傲慢だったかな?)だ。あなたは報われたかもしれないが、世の中報われない人の方が多いのだ」という言葉に、「それは言い過ぎではないか」と心から同意できない気持ちもあり、「屋根裏」恒例「新聞から」への掲載は見送った。その言葉を、何となく思い出したのだった。

「大きな舞台では力を発揮できない」といような記事も目にした。確かに、そういう部分もあるのかもしれない。でも、そうやって上から目線で批判できるのは、何度も同じ立場に立ち、その度に最高のパフォーマンスをできる人だけだと、私は思う。現に、同じ経験を経てきた国内外の選手たちは、「頑張れ!」と浅田選手を激励していた。

女子FP。

「ノーミスの演技してくれるかな」「今日も駄目かな」「見るの怖い」「でも見届けなくちゃ(いや、私が見届ける必要はないんですが)」というジレンマと戦いながら、LIVE中継のTVの前に座った方も多いと思う。ジャンプを降りるたびに、「よしっ」「跳んだっ」といちいちガッツポーズする様は、たぶん傍から見ればイタいおばさん。でも、皆さんも、たぶん、やったよね。結果は・・・皆さん、ご存知のとおり。

今日、私は考える。「努力が100%報われることはないかもしれないが、努力は裏切らない」「究極の場では、日々の努力と、その努力に裏打ちされた『できる』という気持ちが自分を支える」のだと。
周りのたくさんの人々の支えがあったには違いないが、氷の上では1人だ。その時に「誰のために、何のために滑ろう」というものはあるのかもしれないが、土台となってその気持ちを支えるものは、やはり毎日の努力なのだと思う。だから、努力が報われることはなくとも、努力なしには何も始まらない。

前日のTV解説で、姉の舞さんが、「練習でできていることしかしないのだから、自分を信じて滑りきってほしい」と言っていたのが印象的だった。

人間、いくつになっても、学ぶことは多い。

あの選手にも、この選手にも言及したいのだけれど、記事がどんどん長くなってしまうので、言及は、銅メダルを獲得したカロリーナ・コストナー選手だけに留めておこうと思う。

ジュニア時代から将来を嘱望された選手だったけれど、ジャンプが安定せず、これまで五輪を含む大きな大会ではあまり力を発揮できずにいた。長い手足をどう扱ってよいのか分からないでいるように見えることもあった。でも、今回の五輪の演技は素晴らしかったと思う。27歳で初めてのメダル。鈴木選手もコメントで「遅咲きでも頑張れるということが伝われば」と言っていたが、やはり20台後半になって伸びてきた(私が知らなかっただけだったらごめんなさい)同じイタリアのマルケイ選手も含め、年長の選手の頑張りも目に付いたなと思う。


記録には残らなくても記憶に残る演技やプログラムがある。女子のプログラムでは(再放送視聴のものもあるので、全部のプログラムを観た訳じゃないんですけど)、浅田選手のラフマニノフ、鈴木選手の「愛の讃歌」「オペラ座の怪人」、そしてコストナー選手の「アヴェ・マリア」が心に残った。


いや、まだChampions’ Galaが控えているので、油断(?)は禁物。
2014.02.21 18:00 | フィギュアスケート(~13-14 season)  | トラックバック(-) | コメント(6) |

Yasukoさん、まいどです~。

私もですよ。「どうなる」と分かっていても、「頑張れ」と拳を握り、最後の泣き笑いにうるっとしてしまいます。写真も色々見ましたが、どの選手も、滑っている時の顔が一番綺麗で凛々しいですね。他の競技でもそう思います。てことで、ソチロス中のSayoなのでした。

2014.02.24 23:36 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、まいどです!

真央ちゃんのフリーよかったですね(もちろん他にもすばらしかった選手はいっぱいいますが)。
技術的なことや難しいことは分かりませんが、SPとFPを見て、シンプルに感動しました。

未だに仕事中に思い出して、うるっとして、鼻をかむ、ということをしています(笑)。

2014.02.24 15:28 URL | yasuko #- [ 編集 ]

Tomokoさん、まいどです~。
ですよね。何度見ても、一日前のSPのこととか、これまでのこととか思い出して泣けてきますよね。
これからも、現役の彼女を見続けたい気持ち、私もありますが、周囲の思惑とは関係なく、自分が「そうしたい」と思った結果として、そうなってほしいです。

2014.02.22 18:42 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

泣けましたよね~。終わる前から涙が出たし、そう、何度見ても泣ける~。
今の願いは彼女にはこれからも続けてもらって「レジェンド」になってもらいたいということです。

2014.02.22 12:06 URL | tomoko #- [ 編集 ]

Bettyさん、いらっしゃいませ、まいどです~。
今回は、大好きな高橋、鈴木、浅田選手の最後の五輪ということで、かなりemotionalでございます。ただ、途中まで見て寝落ちし、再放送視聴に失敗というパターンが結構多く(基本的に録画はしないヒト)、特にアイスダンスがまだカバーしきれていない現状です。
浅田・高橋両選手のフリーは、もう見るたびに涙・涙です。佐藤コーチも、うるうるしながらハグしてましたよね。浅田選手については、過去のTVのインタビューや雑誌記事でしか知らないのですが、普段は天真爛漫なのに、ことスケートに関してはとてもストイックに思えます。たぶん、本人は自分を「強靭」とは全く思っていなくて、そこが彼女の強さの一部なのかも。同じスポーツをしていたお姉さんの存在もきっと大きいのでしょうね。
コストナー選手は、(ご本人には申し訳ないのですが)、正直、これだけのプログラムを2本滑り切れる選手に成長するとは思いませんでした。どこかの記事で、「止めることも考えたが、好きだから続けようと思った」みたいなことを言っているのを読んだような気がします。Simpleな理由ですが、結局は皆そこが原点なのかもしれません。「ほ~」とため息の出てしまうような演技でしたね。
団体については、正直よう分からんです。国別対抗とか、これまで、団体は団体だけでやってましたよね(そして、選手もちょっとお祭り気分だったような気がする)。選手の疲労のこともあり(もちろん、それでも個人戦でベストの滑りをした選手もいるわけなんですが)、今後どういうスタイルでやっていくのか、よく検討する必要があるのかなという気はします。
ではでは~。まだGALAが残っていますので、油断せずに(?)頑張りましょ~。

2014.02.22 00:16 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

ご無沙汰しています。
Sayoさんはどんな気持ちで五輪を観ているのかなと思っていたので、感想が読めて嬉しいです(もっと書いて欲しい)。

浅田選手のフリーは何度観ても泣けますね。佐藤コーチも涙ぐまれていましたし。浅田選手の本を読んだことがありますが、本当に地道に努力を重ねていて・・・どうしたらあんな強靱な精神を持てるのでしょうね。

コストナー選手も、人柄が伝わってくるような演技でしたね。いかにもおおらかそうな。

あと、ごく個人的な意見ですけれど、フィギュアの団体戦って必要?と思ってしまいました。ジャッジの公平さも疑問だし、リプニツカヤ選手や浅田選手は、団体が無ければ違った結果を出せたのでは?とついつい素人な発想をしてしまうのです^^;

2014.02.21 22:35 URL | betty #99DFA69w [ 編集 ]













管理者にだけ表示