屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

長のご無沙汰でございました(な気分)。
久々の本業エントリでございます。
(そういえば翻訳ベースのブログでしたね~<しみじみ)

仕事で遭遇する頻度はそう高くないのですが、遭遇すると訳語で悩むことも多い、米国医療保険制度(医療経済学に遭遇した場合も、やはりおたおたしてしまうのですが、個人的に遭遇頻度が少し高いかなあと思われる「医療保険制度」に絞ってみました)。
だいたいは、「メディケアやメディケイドをさらっと流す」的な遭遇の仕方なので、ウエブサーチで何とかなっているのですが、もう少し突っ込んだ話だと、何となく意味は分かる(ような気もする)けれども、日本語で該当する保険用語がないため、ぴったりの言葉を見つける(思いつく)のが大変だったりします。

米国滞在時には現地の保険に団体加入(<旦那の会社が)していたのですが、日本とは根本から制度が異なるせいか、結局、帰国するまで仕組みがよく分からないままでした。
Sayo家が加入していたのはPPOと呼ばれる保険で、通常は、掛かり付け医の診察(&薬局での処方)の度にCo-pay (co-payment)と呼ばれる一定金額を支払うだけで事足りました(手術等この限りでないものもありました)。でも、同じ保険なのですが、歯科医に掛かる場合はまた支払い方法が異なり、診療時には支払いをせず、Reimbursement(保険会社→医療機関への支払額)を確定するStatementが届いてから、カバーされなかった金額を(医療機関に)支払うというシステムだったような気がします(都合よくほとんど忘れたさ)。

何となく理解していたのは、民間保険なので、サービス範囲も千差万別で、手厚いサービスを受けようとすれば、高いpremium(保険料)を支払う必要がある(らしい)ということ。ESL在籍時には、冗談交じりに「保険料を払うために働いているんだよ~」と言っていた移民のクラスメートもいました。日本の(基本)皆保険制度が素晴らしいシステムだという積もりはないですが、日々お世話になる1小市民としては、日本の制度の方が、使いやすく分り易くまだしも公平であるような気がします(←あくまで印象の話です)。

Reimbursementは「保険対象(金額)」「保険支払分」、co-payは「(診療時)定額本人負担分」、deductibleは「保険会社免責額」(←insuredが払わなければならない一定金額←しかし払った記憶がないので、会社が肩代わりしてくれていたのではないかと思う<今より少しだけ景気がよかった)などとすることが多いです。参考まで。


以前は、日系保険会社のシカゴ(だったと思う)オフィスさんのHPの説明が本当に分かりやすくて、用語集も含めて愛用していたのですが、撤退されたのでしょうか、何年も前にそのHPは行方不明になってしまいました。

今、(あくまで個人的な感想ですが)、保険制度について分り易く説明してくれているサイトは、ジョージア日本人商工会さんの中の医療保険に関するページかなと思います(蛇足ですが、日本人商工会のサイトは現地に住む日本人を対象としているので、医療等に関する基本知識を得るには適したサイトではないかと)。
https://www.jccg.org/main-medical-blog/169-insurance.html 
(アメリカにおける健康保険と医療事情)

損保ジャパンさんの用語集も時々参照します。
http://www.sj-ri.co.jp/glossary/healthcare/a.html 
(米国ヘルスケア用語集)

そして、「とりあえず意味を知りたい」という時用に引張り出してくるのが、
「Dictionary of Health Insurance and Managed Care」
(Springer Publishing Company, 2006)

もちろん、「訳語を探す(作る)」という作業は残されるのですが、原語による定義や説明は、(医療制度に限らず)一番分かり易い場合が多いような気がします。略語一覧もあるのがマル。ただし、老眼にはちょっと優しくありません(そこが一番問題だったり)。
2014.02.28 19:24 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示