FC2ブログ
2014. 03. 08  
またまたプチご無沙汰でございました。
納期的にかなり危険な状態が続いておりましたが、とりあえずブログを書けそうな状態まで(一時的に)復活しました。

こんな風にお仕事を頂けるようになる前も、年末から3月末にかけての時期は、猫の手としていつもそれなりに忙しくしていたのですが、今季は、納品前から次の仕事の予約が入るありがたい状態がほぼ1年続き、何をしていても、いつもどこかに「でも仕事がある」という意識があって、身体よりも心の方がちょっと疲れてしまいました。「オンとオフの切換え」という言葉をよく聞きますが、努力してもやり方を変えても、「切換えが下手な人」というのは一定数いて、私は、その範疇に入る人間ではないかと思います。今季は、大きいお仕事を頂くことが多かったので(それはそれで嬉しいことなのですが)、分納しているとはいえ、「最終的に納品できるのか、自分」というプレッシャーも大きかったかと思います。

2月末頃は、色々なことが「自分、ちょっとヤバいかも」という状態でしたが(注:ただのソチロスという説もあり)、仕事の目途もついたことで、ちょっと持ち直してきたかなと思われる今日この頃です。

自分の場合、これまでの経験からすると、「分けもなく泣く」「外出したくない状態が続く」というのが、精神的目盛が「ヤバイかも」方向に振れている時で、「外出の準備が億劫」「家の中のものを破壊する(注:ここは賃貸です)」「泣き喚いて過呼吸」というのがこれまでの最悪の状況なんですけど、「分けもなく泣く」と「外出したくない状態が続く」の中間くらいの状態でした(今は、年初に「今年はこの部分を攻めてみよう」と購入したまま積読されていた書籍の端っこを攻めてみようか、くらいまで回復<でも「Numberソチ五輪特集号」は読んでいる)。


会社勤めだと、周囲の環境や人間関係によって追い詰められることが多いと思うのですが、在宅で、1人で仕事をしていると、追い詰めるのも自分なわけで(もちろん家族関係が原因になることもあるわけですが)。追い詰められないようにするには、自分のあり方や考え方、仕事のやり方や仕事との向き合い方を変えていくしかないのではないかと思います。そのやり方は人それぞれと思います。

私は、もともと体力にあまり自信がないこともあって、自分の通常のMaxの処理能力を10(火事場の馬鹿力的に12)とすると、7~8でこなせると思われる量の案件しか引き受けないことにしています。(時には、打診順の関係で「それほしい」案件を逃すこともありますが)。それが、年明け頃から、常時9~10の量で頑張ってしまったことが今回の敗因の1つかなと思っています(オリンピックもあったし<しつこい)。

処理能力そのものを底上げする、という方法もあるわけなんですが、それにはそれなりのエネルギーが必要なので、来月からは、とりあえず暫くの間は(お仕事頂ける限りってことですが)「8」に戻して、初心(仕事が続けられることが幸せ)に返ってぼちぼちいきたいと思います。


ということで、ブログも通常営業に戻ります(希望的観測)。
NEXT Entry
米国の医療保険・続報
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Re: タイトルなし
Akoronさん、まいどです~。
ありがとうございます。商売繁盛も、今週末で一段落しそうです。そうしたら今度は、不安モードに突入しそうで、本当に難儀な性格です。ま、世界選手権あるから、いっか。

一応蚤の心臓付きの小市民なので、相手を見て破壊するのですよね。これをこれに向かって投げても、壊れるのは私物のみなのでオッケー(借りている部屋はとりあえず傷付かない)、みたいな。でも、どちらかというと破る系が多かったですね。ま~、それは両親健在の頃の話なんで、今はそこまではなかなかいきませんが(蛇足ですが、「日系ビジネス」は破り易かったですね<て何の話やねん)。

私の「フィギュアスケート好き」は、技術的側面を伴わないので、参考程度になさってね。国内外の好きな選手が今季で引退してしまうので(高橋選手、浅田選手はまだ分からないようですけど)、来季から寂しくなりますわ~。あと、羽生選手は、気持ち的には「甥っ子」「いとこの子」くらいの位置付けが精神衛生上宜しいかと。親としては、どんな彼女を連れてくるかと気になって、心休まる暇がなさそうです(<そこか<自分)。インタビューなど読んでいると、震災を経験したせいもあるのでしょうか、凄くしっかりした大人びた印象ですけど、それにしても(いい子なだけに余計?)、親目線で見ると心配の種は尽きなさそうです。怪我せず元気で長く選手生活続けてほしいですね。

Akoronさん、これからお引越しですか? 体調崩さないように頑張ってくださいね。お手伝いには遠いので、とりあえず「元気の出る念」をお送りしておきます(    ←唸っているようです)
Sayoさん、まいど~♡

商売繁盛、何よりです。
オリンピックの間、Sayo解説員はどう見ているか、と何度もこちらのサイトにお邪魔し、スケート解説を楽しみにしていました。(でも、書き込めてない。。>.<)

でも、落ち込んだ時のSayoさんって、面白いですね。(ゴメン)。他は分かるにしても、「家の中の物を破壊する」なんて(*^▽^*)!もったいないし、後からの片付けが嫌でしたことありません!

すかっとするなら、してみようかな~♡。まあ、仕事のストレスの他にも色々腹立たしいことはありますよね。

身体もだけど、精神衛生ってホントに大事❤ 
あ、今年のオリンピックは真央ちゃんも感動的でしたが、ゆづくんが素敵でしたわ~。癒やされm励まされました、彼氏とは言わないから、あんな息子が欲しいっ❤❤❤(←おばちゃん印のハートがいっぱい!) 
Re: タイトルなし
Yasukoさん、まいどです~。
ご心配ありがとうございます! まだ少し頑張らないといけませんが、「たぶん何とかなるだろう」という目途がついたので、気分的にだいぶ楽になりました。

私、「年取ってきて頑張りがきかん」ということを自覚してからは、複数件の仕事は、あまりほいほい引き受けない、ということはできていると思うのですが、「自ら申告して一定期間休む」ということはまだできません。まったく仕事がないと、それはそれで凄く不安なのですよね。そのあたりのことも考慮に入れながら、「継続して長くお仕事をしていく(老眼腰痛と付き合いながら)」というのが、今後考えていかないといけないことなのかも、です(←あくまで自分の場合)。

先日は、午前中の用事が終わる時間がちょっと微妙でして欠席させて頂いたのですが、次は是非お会いいたしましょうね! 楽しみにしております。
Sayoさん、まいどです!

お仕事お疲れ様です。少しゆっくりできましたか?

仕事量のコントロールは難しいですね。私はまだ打診されると嬉しくて、ホイホイ受けて自分の首を絞める、ということをやってます(己のキャパを知れ)。
まさに火事場の底力的にやっていますが、これが1年続いたらムリだなあ、と思います。

ムリをすると目や腰にもくるし、周りのひとにも迷惑をかけるし、適度にできればいいんですけどね(適度は難しい、とkyokoさんも書いておられたような)。

何はともあれ、心身ともに健康でいられることが一番ですよね。元気で長くお仕事できるようにがんばりましょう。

先日はお目にかかれずたいへん残念でした(Sayoさんがいらしたならペーパーバックのミステリー引き取ってくれただろうなあ)。
ぜひ次回お会いできますように。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR