FC2ブログ
2014. 04. 27  
「よくわかる文章表現の技術I 表現・表記編」(石黒 圭) 明治書院(2009年)


翻訳の勉強をする上で、「目的とする分野の文章を多読し、その表現を身につけることが大切」という言葉をよく耳にします。もちろん、その意見に異論がある訳ではありません。その分野に精通したエンドクライアントさん(患者さんのようなLay personの場合もありますが)に、一読して内容を理解して貰わないといけない訳ですから、門外漢の自分は、その方たちが普段使う表現を用いて、違和感のない文章を書く努力をするのは、至極当然なことだよな~と思っています。

でも、そうした文章の書分けができるのは、「きちんとした日本語が書ける」という土台があってこそではないかと考えるようになりました。「文章とはどういう風に書くものなのか」という(ある程度の)知識があって、初めて効果的に、(専門文書は)「普通の文章とここが違う」「ここが特徴的なのね」という比較もできるのではないか、と思ったりした訳です。何より、私のモノカキ癖は、たぶん翻訳を止めた後も、何らかの形でしつこく続くと思うので、普通の(?)日本語の表現方法を知っておくのは、決して無駄なことではないはず。

という訳で、2014年は「日本語スキルアップ年間」にしようと決心したのは昨年末のこと。なのに、GWが始まろうという4月も終わりになって、年末に購入した「日本語の書き方」本のレビューをやっている自分、どうよ(そこは、暖かく見逃してやってください)。

さて。
この本(シリーズ)は、特定分野の文章の書き方を指南するものではありません。著者が「はじめに」で書いておられるとおり、「文章がうまく書けるようになることを目的とする文章トレーニングの本」です(個人的には、「トレーニングのための準備本」という気がしますが)。

本書の著者は、長い間、外国人留学生に日本語を教えてこられた方です。そうした生徒を相手にする場合、「日本人相手なら感覚に訴えて説明できるところでも、留学生相手の場合は、つねに理論にもとづいて説明しなければ」ならず、相手は皆優秀なだけに、苦労が絶えなかったと述べています(本書「はじめに」)。
そんな著者が、日本人学生相手に「文章の書き方」を講義することになり、その中で実際に学生に演習させた課題のデータを集計し、その傾向を見ながら、日本語表現について考えたのが本書です。

個人的に、本書が気に入った理由は、日本語表現に一定の法則を見出そうとするやり方が、「データに基づいたもの」であること(母集団が学生ということで、「偏り」が皆無な訳ではないのですが・・・)、無理に答え(「このように書くべき」という結論)を出そうとしていないこと、各章が、課題(演習)→説明→演習→参考文献の順で、しかもどこにも「正答」も「模範解答」も書かれていないこと、などです。

著者は、基本的に「データを集計したところでは、こういう傾向がみえる。だから、こういうことは言えそうだ/こういう風に説明できそうだ」というスタンスです。多少もの足りなく思う部分がないでもなかったのですが、日本語の文章というものは、それくらい多様性に富む、ひと括りにできないものなのかもしれないとも思います。本書は「文章構成編」「文法編」「発想編」「文体編」と続く5巻ものの1巻目です。今回は、まずは本書のみを購入してみました。咀嚼するのに時間が掛かるヤツなので<自分。そのうち、「文法編」も覗いてみるかもしれません。

一読したからといって、もちろん「感覚的ではない」日本語の使い方がすぐに身につく訳ではないですが、折りに触れて(特に「自分が今書いているこの文、なんかおかしいよね」という時など)、「なぜ今私はこの語、この語順、この位置に読点を選んでいるのか」ということを考えるようになりました。結局、一番大事なことは、自分が書いている文章の表現について、「意識するかしないか」ということなのかも。
年のせいか、読んだことは(悲しいほど)すぐ忘れるので、時々読み返さないかんな~、と思っています。
(とか言っている割には、ひどい日本語を書いてるやん、という説もありますが、本「概ね息抜きブログ」については、暖かくスルーしてやって頂ければ・・・頂ければ・・・頂ければ・・・

目次
第1講 読点の打ち方
第2講 語順の文法(「は」「が」の使い分けもここ)
第3講 かなと漢字の書き分け
第4講 主語の省略と表出
第5講 表現選択の可能性
第6講 話しことばと書きことば
第7講 弱い判断の功罪
第8講 事実と意見の書き分け
第9講 「のだ」のさじ加減
第10講 接続詞の使い方
第11講 文の長さと読みやすさ
第12講 段落の考え方
NEXT Entry
人間ドック2014
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Re: タイトルなし
Mayoさん、まいどです~。

実は私もノーマークでございました! Amazonを彷徨っていてふと遭遇したような記憶が。
切り口がちょっと新鮮な感じがして、「フムフム」と思いながら読みましたヨ(そして、殆どの内容を忘れたという・・・<そこが問題やろ<自分)。お役に立ちますように~。
Sayoさん、まいどです~
すっかり前の記事になってしまいましたが、ご紹介の本興味深いです。そしてノーマークでした(和訳屋のくせに)。ありがとうございます。
ポチしてお勉強してみます(積ん読注意…)。
Re: タイトルなし
Tomokoさん、まいどです~。
個人的には、「何となく感覚的にやってきたことは、こう説明されるのか~」という部分多かったです(すぐに忘れますが)。もの足りなく思う人もいるかもしれません。Tomokoさんのお役に立つと嬉しいです~。
「文章がうまく書けるようになること」って永遠の課題です。ためになりそうな本のご紹介、ありがとうございました!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR