屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

私がよくお邪魔するブログ「医薬翻訳者の胸のうち」のKomakoさんが、先日のIJET-25に参加された感想を記事にされたのですが、その中で、リスニング、シャドーイングなどが「英語学習の筋トレ」として紹介されているのを読んで、かつて「聞き流しと音読はもはや筋トレ感覚」と書いたことのある私は、「大先輩の方も同じように考えておられるのだわ」と嬉しくなってしまったのでした(登壇された方は通訳者の方のようでしたし、それ以前に、私の超いい加減な「筋トレ」を、その方のものと同列に扱うことなどできないとは思うのですが・・・)。

アウトプットが「書くこと」である翻訳者にとって、そうした筋トレが役に立つのか、他にもっと時間を取るべき基本練習があるのではないか、ということは、私には何とも言えませんが、翻訳者だって、いつ何時、どんな形で、他分野の方と英語で医療について話をする機会が生じるとも限りませんし、それが何かのチャンスに繋がらないとも限りません。個人的には、聞き流しやシャドーイング(の方は気が向いた時しかやりませんが)が、多少なりとも自分の医療英語力の底上げに貢献してくれているのは事実なので、Sayo的ええ加減的聞き流しテキスト(?)について、ちょっと紹介しておきたいと思います。

参考までに、「聞き流しに」について書いた過去記事はコチラです。


私の場合、テキストはCD Bookで、医療ドラマではありません。CDウォークマンでCD Bookを聴いています。ドラマを見る方が、単語やフレーズを画面上の状況と対比できる分、全体的な理解も深まるのかなという気もするのですが、そうすると、注意が目の方に行きやすいという難点がありますし、画面を見るためには、どうしても、その場に留まるか片方の手を使うかする必要があります。その点、CDウォークマンは、エプロンのポケットに入れてどこにでも連れて行けるので、洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたり、拭き掃除をしたり、料理をしたりしながら聞くことができて、面倒臭がりの私にはピッタリなのです(CDウォークマンはAmazonさんでも手に入ります<ちなみに私の持っているのはコチラ)。

テキスト(?)は、好きな作家さんのものが中心です。「興味ある分野」「先が気になる話」の2点を優先しているのが、長続きしているコツかなと。もともと医療ミステリーやノンフィクションも好きなので、仕事のことも考えて、そのような作品を選ぶことも多いです。
テキストは、Amazonさんで購入しています。あまりお安くはないし、本業(?)の参考書籍もそれなりに購入しなければならないので、年に2~3本購入し、とりあえず1本5周くらいして、飽きたら別のCD Bookに移り、忘れた頃にまた昔のCD Bookを引っ張り出してくるという感じです(←どこまでもケチなヤツ)。

以下に、医療関係でよく聴くAuthorsを挙げておきます。
興味のある方は参考になさってください。

Robin Cook(「Critical」の読書感想文あり)
Michael Palmer
Michael Crichton(「Micro」の読書感想文あり)
Richard Preston(「ホットゾーン」の作者。「Panic in Level 4」「The Demon in the Freezer」など、何度聴いても面白いです)
「Angels on the Night Shift」(ERのDr.によるノンフィクション
「The Panic Virus」(自閉症とワクチンの関係論争(?)を扱ったノンフィクション)

AmazonでCD Bookを検索する時は、
”Audio Book” “Unabridged” “Medical”
”Audio Book” “Unabridged” “作者名”
などと入力してみるといいかなと思います。

「Unabridged」は「書籍の内容を端折らず全部を朗読している」ということを示します。「Abridged」だと、例えば、本来CD8本分の内容が半分くらいにまとめられていたりします(そして、Collectionのようなタイトルで、3作くらい抱き合わせにしてある場合が多い)。実に上手くまとめられていて、継ぎ目は分からないので、Abridgedでも、聞き流す分には何の問題もありません。私が個人的に「Unabridged」版が好きだというだけの話なので。


「インプット/アウトプット」は、やはり筋トレの基本かなと思いますので、「聞き流す」だけではなく、音読やシャドーイングも一緒に取り入れた方がいいのかなと思います。Sayo的継続のコツは、「毎日10分程度しか音読しない」「毎日の生活の一部にする」「でも1日2日飛んでも気にしない」ことです。いやホントいい加減でスイマセン。英会話における対応力を目標にするなら、小説など、会話が多く含まれるものを音読する方がいいと思うのですが、私は「そうしなければ積読が減らない」という必要に迫られて(切実)、テキストを音読しています。最近は「FDA Regulatory Affairs」と「The Internal Medicine Casebook」の2冊と戦っていますが、特に後者は頻繁にDayFilerのステッドマン様の美しい発音にお世話にならなければならないので、遅々として進まないのでした。

1年続ければ、世界は・・・たぶんあまり変わらないかな、という気もしますが、個人的には、帰国後10年、会話力が殆ど落ちないのは、聞き流しと音読のお蔭と思っています(それ以前に、そもそも元からなかったという説もあります<取りあえず見たくない現実には目を瞑るSayoなのだった)。
2014.06.30 19:45 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |

みかん2乗さま、またまたまいどです~。
あ、そうですね、「Bone Collector」とかもいいかも(CD出てるかな?) 最初はストーリーを知っているものの方が、単語や表現に集中できてよいかな、と思います。楽しく続けましょー。

2014.07.02 21:16 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

お見通しでしたか(^0^;)

読み応えのあるミステリーでは、JEffery Deaverのシリーズなどもよいかと思っています。こちらは検視や科学捜査で医薬関連用語もで出てきそうです(^^ )

代表作:Bone Collecotr

2014.07.02 18:41 URL | みかん2乗 #- [ 編集 ]

みかん2乗様、まいどです~。

やっぱり、そう来ましたね~。しかーし!! 麗しい声に聴き惚れてListeningが疎かにならないように。ナレーションて、「え!この方が!」ということもあって、それも楽しい驚きですよね。まずは自分の好きなところから初めて、試してみてくださいませ。お役にたったら嬉しいです。

2014.07.02 12:23 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさま

おはようございます♪ コメントありがとうございますm(_ _)m ナレーターの声で選んだオーディオブックが一枚手元にありますので、まずはこちらを5分ずつ、聞けなかったときにはSayoさんに倣い「ま、いいか」という感じでゆるく始めてみたいと思います!

なお、私が声で選んだブックはこちらになります (^^ )  医薬には全く関係ないのが玉に瑕ですが… でも、良い声です♪http://www.amazon.co.uk/gp/product/1408426250/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=1634&creative=19450&creativeASIN=1408426250&linkCode=as2&tag=benedictcumbe-21%22%3ESherlock%20Holmes:%20The%20Rediscovered%20Railway%20and%20Other%20Stories

2014.07.02 08:47 URL | みかん2乗 #- [ 編集 ]

みかん2乗さま、まいどです~。
Sayo的ええ加減的聞き流しへのコメントありがとうございます。筋トレ法にも、合う合わないあると思いますので「やってみ」といい加減なことは申し上げられないのですが、ご興味あるようでしたら、安いCDウォークマンと訳書を読んだことがあり、ストーリーが分かっている小説など安目のCD Bookを取りあえず購入されて試し聞きされては如何でしょう。それで、問題なくストーリーやだいたいの単語が聞き取れるようなら、次は面白そうなCD Bookを選んでいかれたらよいかと。「やっぱりこの方法、私には合わんわ~」ということでしたら、ウォークマンはSayoが喜んで引き取りまする。 

2014.07.01 18:56 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

今まさにKomakoさんのブログからこちらに飛んできたところです。かつての聞き流し記事を拝読するために…それが、まさか、このような形でまとめてくださるとは!!! ありがとうございましたm(_ _)m 

2014.07.01 18:05 URL | みかん2乗 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示